カメラ、写真に関連した漫画を紹介するWikiです。

あ行】 【か行】 【さ行】←イマココ 【た行】 【な行】 【は行】 【ま行】 【や行】 【ら行】 【わ行


【西園寺えりか】
・「究極超人あ〜る」に登場。西園寺まりいの妹で、Rの影響で光画部に入る。天然ボケ。
・光画部に虚仮にされているだけに姉のまりいはえりかが光画部に入ったことを良く思っていない。

【西園寺まりい】
・「究極超人あ〜る」に登場。生徒会長で、最初から最後まで光画部と対立していた。

【斉藤このみ】
・「ピントぴったし!」に登場する四つ子の四女。額の黒子が特徴。カメラが大好きで写真部に入部する。

【斉藤のぞみ】
・「ピントぴったし!」に登場する四つ子の次女。右頬の黒子が特徴。光一郎を嫌って写真部の入部を躊躇う。

【斉藤ひろみ】
・「ピントぴったし!」に登場する四つ子の三女。顎の黒子が特徴。面白そうという理由で写真部に入部する。

【斉藤めぐみ】
・「ピントぴったし!」に登場する四つ子の長女。左頬の黒子が特徴。カメラが大好きで写真部に入部し、四人揃って写真部に入ろうとする。

【桜田麻音】
・テレビ一期以降、しゃべる機会が増えているのはやっぱり嬉しい
・お話作りが好きなのもツボですわ

【沢渡楓】
・それなりに集中しないとなかなか使えないローライ35Sを使いこなせるのは天性の才か?

【三千院ナギ】
・「ハヤテのごとく!」のヒロイン。お嬢様でツインテで釘宮理恵ボイスと対筆者への攻撃力は結構高いくぎゅうううううううう。
・18巻ではバイトで稼いだ金で記念にロモLC-Aを購入し、17巻では写真に凝ってライカM7とCMを使っている。

【四ノ原ユズカ】
・「瞳のフォトグラフ」に登場。東桜高校一年生。日々の記録と称してソニーエリクソンS001で身辺を記録している。

【島崎】
・「究極超人あ〜る」に登場。鳥坂の中学以来の後輩。土木研究会員で、光画部部室の改修以来光画部と縁浅からぬ存在になり、卒業したまりいの後任の生徒会長になる。

【蘇芳縁】
・「まなびや」に登場。おかっぱ頭と眼鏡が特徴で、緩いしゃべり方をしている。

【鈴木六文】
・「るくるく」の主人公。中学校の三者面談を機にライカIIIbで写真部に入部。ロクデナシの父親を反面教師として、平凡に生きることを信条としている。

【スチルビデオカメラ】
・'80年代に開発された、デジカメと同じようなコンセプトのカメラ。画に描いた餅だった。
・記録媒体は2インチフロッピーディスク。富士フィルムもこの媒体にフィルムの写真を記録して、再生装置があればご家庭のテレビで写真が見られます、というサアヰ゛スを始めていてTVCMもよくしていたのでよく覚えている。でもプレーヤー自体も高かったんじゃなかったかな。
・玩具程度のスペックだったエントリーモデルも10万円そこそこと高かったし、500万円くらいのそれなりのカメラでも画質は今の写メにも遠く及ばないレベルだった。ビデオクオリティをそのまま静止画に持ち込んだものだったから。

【スピードグラフィック】
・'50年代の終わり頃までプレスカメラの代名詞とされてきた4×5判カメラ。「ライカの帰還」「ブレット・ザ・ウィザード」に登場する他、「ローマの休日」「海外特派員」「ゴジラ(一作目)」等の映画にも報道写真家のカメラとして登場している。

【瀬名ユカリ】
・「瞳のフォトグラフ」に登場。写真家KADUKIの影響でニコンD60を購入し、写真部に入部。ツインテールがチャームポイント。
・筆者は「らき☆すた」では柊かがみの婿であるだけに、怒った顔を気に入っているらしい。

【ソニーα】
・コニカミノルタの民生向け写真事業撤退後、αシステムを引き継いでソニーが生産する事になって現在に至る。「まなびや」で譲がα300、「鉄娘な3姉妹」で美章がα900、α700と思しきカメラを使用している。

【ソニーサイバーショット】
・ソニー製コンパクトデジタルカメラ。笑顔認識、パノラマ合成、3D合成と目新しい機能を進んで取り入れていることでは定評あり。「まなびや」で譲がG3、「鉄娘な3姉妹」で美章がT900を使用している。

【ソニーエリクソンS001】
・ユズカ(@瞳のフォトグラフ)の携帯電話。通称「サイバーショット携帯」808万画素のカメラが付いているのが売り。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

児ポ法改正反対


↑署名にご協力お願いします。

Menu

メニュー

【メニュー編集】

作品リンク

Twitter

メールフォーム

管理人/副管理人のみ編集できます