ZBrushを使用していて疑問に思ったことや、Twitterで教えてもらったテクニック等をまとめています

YouTubeに上がっているフランケンシュタインを自分も作ってみることにします

動画を見ながらつくってみた完成データ

ライトボックスから球を読み込んできます

読み込んできた状態

最初は使わないのでDynaMeshをOffにします

動画が使っていたので、とりあえずDynamic SubdivをOnにします

作業しやすいようにカメラの画角を切ります

複製をします

Moveツールに切り替えて移動します

ハンドルの四角い箇所をドラックしてスケーリングします

Drawモードに切り替えて、Moveブラシを選択して形を変形させます

Moveブラシを選択して変形させます。ブラシはキーボードのbキーを押して、さらに そのブラシの名前の頭文字を押すと、絞り込みができます。今回だとb,mと押すと Mが頭文字のブラシを絞り込めます

上面からも形を確認

複製して顎の部分を作ります

顎制作中

Moveブラシで顎の形を調整

複製して鼻を作成

鼻の大きさ

片側にモデルを移動させたいときに起きる注意点

上まぶたの作成

スケールで形を調整

回転も使って、上手にめり込ませていきます

調整したのがこんな感じ

Moveブラシで形を調整します

反対側にミラーコピーをするにはSubtool Masterを使います

設定

反転コピーできました

同様の手順で目や首も作ります

複製して耳も作ります

側面からスケーリングして耳っぽく

ハンドルの回転の軸の変更について

パーツはかなりめり込ませてください

パーツが揃って、形を調整した状態

pinch_3dcwブラシをAltキーを押しながら適用でエッジを立てれます



  • このブラシを入れてなくて使いたい人は動画作者のサイトからもらえます
  • 3dcharacterworkshop

選択以外を半透明にする機能も使って口を作ります

側面からも確認しながら凹ませます

こんな感じです

モデルをDynaMeshでひとつに結合する前に隙間ができないよう調整しておきます

目の眼球のモデル以外をマージしたいので、ミスらないように階層を変更

目のモデルを一番上に

目の下の上から2番目のモデルを選択して、それ以下をマージします

ボタンを押してマージしていきます

モデルを2つだけにします

Dynamic SubdivをDivideに変換

形状をフリーズするためDivideの下のレベルを削除

こんな感じ

顔のモデルをDynaMeshに変換して一個のメッシュに変換します

つなぎ目をスムースブラシでならします

ここからはスカルプトをしていきます

スカルプトして形を整えます

複製してZRemesherで自動リトポする準備をします

ZRemesherでリトポします

Divideをかけて、Divideでハイポリとローポリを行き来しながら作りこんでいきます

マスク機能を活用することで作業をしやすくします

自分がよく使うブラシの説明

自分がスカルプトしたのはこんな感じになりました

体のパーツを作るためのプリミティブの追加のしかた

切り口を平面にする方法



体も作って完成


Photoshopでそれっぽく加工してます。首のねじはそれっぽいInsertMeshブラシを見つけてきて 配置しただけです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

カテゴリ

管理人


スズキマサトモ
twitter:@masatomo03
Artstation:個人作品

ZBrush

Sculptris

基本操作の解説

3Dプリンター

Substance Designer

管理人/副管理人のみ編集できます

メンバー募集!