ラブライブ!派生キャラ チュン(・8・)チュンのまとめwikiです。

俺は森を探索してると、チュンチュンの巣を発見した。

チュンチュン「イイテンキュダチュン、オフルネニョノジカンチュン♪」
オトモチュン「チュンチュンノタカヤモノー」タマチュンアズカリ
ヒナチュン「ニェムーイチュン」メヲゴシゴシ
ウブチュン「ピュアピュピュアー♪」
ピヨチュン「ピュャァ・・・」ヨチヨチ

「おやおや・・・何かと思えば・・・チュンチュンじゃないですか、しかもチュンチュン一家だ」

チュンチュン「コンニチュア」
オトモチュン「チーユケーキホシイチュン」
ピヨチュン「チュピィチュピィ」ヨチヨチ

「昼寝をしようとしてたのか・・・君たちのような糞鳥が昼寝と来たか・・・優雅なものだ」
「可愛いピヨチュンだ」
そう言って、ピヨチュンを摘まんだ。

ヒョイ

ピヨチュン「ピアピア・・・」プルプル

「ほう、小刻みに震えていて、本当に何とも言えないな、本当に・・・本当に殺したくなる」

そう言って私は、高圧ガス銃でピヨチュンの胴体を打ち抜き投げ捨てた。

ダァン!!!

ピヨチュン「ビッ」

ビチャ・・・

「おっと、ついうっかり撃ち殺してしまった、君たちはとても脆弱な生き物だね、特別美しくも可愛くも無いクズは、
か弱いから大切に扱え、とか言う考え方から考え直した方が良い」

チュンチュン「ピヨチュュユユンンンンンン!!!!」ポロポロ・・・
オトモチュン「チュンチュンノタカヤモノー」タマチュンカカエ
ヒナチュン「コ・コワイチュン」プルプル
ウブチュン「ハノケチェン!?」?

「様々な反応をしてくれるな、はっはっは実に滑稽だ、だから糞鳥の虐待は止められない・・・そうだ、良いことを思いついた。」

ヒョイ ヒョイヒョイ

オトモチュン「チュンチュンノタカヤモガー」タマチュンコロガッテク
ヒナチュン「チュン?」プルプル
ウブチュン「チユ!?」

チュンチュン「カゾクタチュュュユユユンンンン」

「チュンチュン」

チュンチュン「チュン」ビクッ

「そのワンダフユヤッチュンに糞をしなさい」

チュンチュン「チュン・・・・・・・??」
チュンチュン「チュン?・・・?」

「君たちにとって、ワンダフユヤッチュンは大切な物と聞くが、家族を天秤にかけた時、どちらが大事かを、私は知りたいのだよ」

チュンチュン「・・・・・・・・タカヤモノニ・デキュナイチュン!!」

「それは残念だ」

ジャキ!!!

ダァン!!!

オトモチュン「ヂ・・・・・ヂュビビビィィィイィィイィイイイイイ!!!」
ウブチュン「オトピョョォオォオォォオオオオ!!!」
ヒナチュン「ピィィィイイイイィィイイ!!!」

チュンチュン「ミュンナァァァアアァアアァアァ!!」

「さぁ、早く糞でワンダフユヤッチュンを汚したまえ、それとも家族などどうでも良いか?」

チュンチュン「チュン・・・・・」ポロポロ・・・・・
チュンチュン「・・・・・・・・・」フンバリ
チュンチュン「ヂュゥゥゥウウウウウウゥウウゥウウウウウ・・・・・!!!!」ミリミリミリミリ・・・・・
チュンチュン「ヂュゥゥゥウウウウウウゥウウゥウウウウウ・・・・・!!!!」ミリミリミリミリ・・・・・

ブババババッッ!!!ブバッ!!!

同じタイミングで

ダァン!!!ダァン!!!

「後少し早ければ違ったのにな、非常に残念だよ」

首無しヒナチュン「」
首無しウブチュン「」

チュンチュン「ナンデチュン・ナンデコンナチュン」ポロポロ・・・
チュンチュン「ヂジュゥゥゥウウウウウゥゥゥンンンンンン!!!」ナキサケビ

−−−−−
−−−

チュンチュンは思った、何故こんな目に遭わされなければならなかったのか。
何も悪いことしてないのに、ただ昼寝をしようとしてただけなのに。
チュンチュンは、流れる涙は止まること無く、チュンチュンの視界を歪ませた。
歪んだ視界の中で、家族の死体と、そして使い物にならなくなった、
クソダフユウンチュンが、これが現実であることを途切れることなく伝えていた。


「って、また忘れるところだった」

ダァン!!!

タマチュン「チュン・ギャク・ベイビー」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人/副管理人のみ編集できます