iRobotを始めとして各メーカーから様々なロボット掃除機が発売されていますが、どれを買っていいのか迷うところ、そんなロボット掃除機をメーカーごとにまとめてみました。

*掲載の「平均評価」はAmazonで調べた時点のもので、変わっているかもしれません。

BMXrobot Japan Xrobot MAO(マオ)

Xrobot MAO(マオ)の特徴

●赤外線センサとソフトタッチセンサにより障害物を検知し衝突を防ぎ、最大2cmの段差を乗り越えられ、掃除後には自動で充電ドッグに戻ります。また、付属しているモップ(丸洗いが可能)でブラシで取れない汚れもきれいに拭き取ります。
●付属のリモコンで、動き方やスピードを調整するなど、ラジコンのように自分で操作することもでき、曜日/時間での掃除時間の予約も可能です。
●800回の充放電後でも約80%の容量を維持するリチウムイオン電池を搭載にりょり、毎日動かしても約2年2カ月は電池交換が不要。
*親会社である中国の電池開発メーカーBMTPowのリチウムイオン電池を使用。最大稼働時間は約4時間(充電時間は最大7〜8時間)です。
*充電池は自分で交換可能です。

Xrobot MAO(マオ) RV-1001/R | RV-1001/K

楽天で探す
Amazon平均評価:★★
実売価格:¥ 19,800

楽天で探す
Amazon平均評価:★★
実売価格:¥ 13,800
重量:約3.2kg
メインブラシ:ツインブラシ
サイドブラシ:シングルサイドブラシ
充電時間:約7時間
電池容量:4400mAh
稼働時間 お掃除ロボットNO.1の動作時間(約4時間)※2014年9月 当社調べ
バッテリー 長寿命リチウムバッテリー(800回の充放電後でも約80%の容量を維持しています)
毎日動かしても約2年2カ月の長寿命。平日だけなら約3年間。バッテリーはご自分で簡単に交換できます。メーカーに送る必要はありません。
UV機能 UV殺菌灯を搭載。
モップ 付属のモップを取り付ければ、ブラシで取れない汚れをモップが拭き取ります。簡単に取り外して丸洗いも可能。
自動充電 掃除後は自動で充電ドッグに戻ります。
衝突防止 赤外線センサーとソフトタッチセンターのダブルで障害物を検知します。
リモコン(予約機能)付 便利なリモコンが付属。ライフスタイルに合わせたお掃除スケジュール(曜日・時間)を簡単に予約できます。
段差乗り越え機能 パワフルモーターで段差を楽々乗り越えます。(最大2cm)
低騒音 マンションで夜中に使用する方、ペットや赤ちゃんがいるご家族にもオススメです。
USBポート付 停電時に便利な充電用バッテリーになる「USBポート」付き。
【カスタマーレビューより】
フル充電で4時間動くようですが、衝突しないぐらいが取り柄でプランや記憶などの機能がないためあちこち動き回るだけで、たぶん電気代を考えたらダメな機械だと思います。音もかなりうるさく隣の部屋から聞こえて寝るに寝れずという感じ!掃除はそれなりかな。










































-

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

リンク

フリーエリア





管理人/副管理人のみ編集できます