iRobotを始めとして各メーカーから様々なロボット掃除機が発売されていますが、どれを買っていいのか迷うところ、そんなロボット掃除機をメーカーごとにまとめてみました。

*掲載の「平均評価」はAmazonで調べた時点のもので、変わっているかもしれません。

Ilshim Global ウィンドロ(WINDORO)

ウィンドロ(WINDORO)の特徴

韓国のメーカーが開発した窓専用の掃除ロボットです。昨年9月にドイツで販売をスタートし、いよいよ日本にも上陸。ボタンを押すだけで掃除OK自動で窓のサイズを測り効率よく掃除し、掃除が終わったら取り付け位置にもどります。強力な永久磁石を使用しているため、電源のNO/OFFに関係なく窓ガラスへの設置が可能。落下の危険性がなく安全です。窓ガラスの厚みは5mm〜15mmまで対応するので多様な厚さのガラスに対応できます。実際の掃除は窓ガラスに自動で一定量の洗剤が噴出され、回転式のマイクロファイバーできれいにします。掃除に使用するマイクロファイバーパッドは着脱でき洗濯後再使用が可能です。

ウィンドロ(WINDORO)WCR-I001

「窓拭きロボットWINDORO」はボタンを押すだけで自動でガラス窓を掃除してくれるお掃除ロボットです。自動で窓の大きさを測り、上からジグザグに動いて窓を掃除します。掃除が終われば設置した場所に戻るのも嬉しいポイントです。窓の内側を拭き掃除、窓の外側を専用洗剤を使って清掃します。

メーカーサイトのページ ユーザーマニュアル(PDF)
楽天で探す
Amazon平均評価:まだありません
実売価格:¥ 59,400
●商品名 窓拭きロボットWINDORO 輸入発売元:日本グリーンパックス株式会社 韓国製
●サイズ 内面装置/218×211×51mm 外面装置/210×208×47mm
●重量 2.9kg(内面装置/1.6kg、外面装置/1.3kg)
●機能範囲 ガラスの厚さ5~15mm
●移動速度 8cm/秒
●消費電力 25W以下
●アダプタ 定格電圧AC110V/220V       電圧DC15V、1.5A
●バッテリー リチウムイオン本体(7.4V、2000mAh)        外部(7.4V、2000mAh)
●充電時間 約150分 ●使用時間 約90分
●リモコン 赤外線受信方式
●掃除モード ジグザグ
●消音 60dB以下
●内容 WINDORO本体(内/外面)、リモコン×1、WINDORO専用アダプタ×1、WINDORO専用洗剤300ml×1、外面クリーニング装置用マイクロファイバーパッド×3セット(総12個)、端掃除キット補助パッド×6(プレート2個)、内面ナビゲーション装置用マイクロファイバーパッド×3セット(総6個)、安全紐×1
●お買上げ後1年間保証
【カスタマーレビューより】
まだありません




































































-

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu

リンク

フリーエリア





管理人/副管理人のみ編集できます