現在閉校中のココネ学園ですが、生徒たちは現在もいろいろな形で自習活動を続けています。お久しぶりの人もぜひ遊びに来てください♪

ココネ授業の仕方でいろいろな提案をいただいています。
曜日別にレベルを変える案、初級用、中級用、上級用、認知言語学のような専門的な授業をするという案、
それにコアについての授業もちろん、discussion 形式の授業もそうです。
presentation 形式の授業もあったらいいですね。

今日は、前置詞の at を取り上げてみます。
in, on, at が3大前置詞ですが、中でも at は感覚的に捉えるのがむずかしい前置詞です。
よく at は「点」だと説明されますね。これは厳密にいえば正しくありません。
at の本質(コア)は、空間内だとか接触を問題にせず、ただ単に「ところ」を強調したければ at を使う。
つまり、内部だと in だし、接触関係だと on を使いますが、at は「ところに」ということで場所を示すだけです。
They are at the lake.
They are in the lake.
They are on the lake.
この3つを比較してみてください。
最初の at the lake は湖のところ、ということで、湖上でもなければ、湖の水の中でもありません。
「海を楽しもう!」だと Have fun at the ocean! と言います。
その車は君が乗り捨てたところにあるよ。この状況だと
The car is at the place where you left it. と at を使います。
海辺でバケーションを楽しむ、ももちろん、We spent our vacation at the seaside. となります。
Mary is at the desk. これはどんな意味でしょうか?
メアリは机で勉強している。つまり、机についている、ということですね。
He is always at his computer. といえば、彼はいつもコンピュータで何かをしている。という意味合いです。

つまり、at は「ところに」という日本語で理解しておくとベストということです。
焦点の当て方によって、焦点を絞れば「点」になるし、
焦点をしぼらなければ漠然と「ところ」という意味合いになります。
的を狙うの場合には、hit at the target で焦点を絞った例です。
ところが、「インフォーメーションカウンターのところで待っている」だと
I'll be waiting for you at the information counter. となりますね。
飛行機が1万5000フィートのところにある、も
The airplane is at 15,000 feet. と言います。

さて、at が「ところ」という感覚だということがわかったと思います。
これを応用してみましょう。
She is good at math. といえば、be good at で「〜が得意である」このように理解しています。
でも、英語では、He is good at math. なので、
英語や化学ではなく、数学という教科のところで、He is good. という評価をしているのです。
He is better at golf. も同じですね。
おもしろい表現があります。
At it again! これは「精が出ますね」「がんばっていますね」といった感じです。
At it again. は、庭いじりかなにかしている人い人に対して、「精が出ますね」ということですが、
文字通りには、「また、その活動のところにいますね」これが At it again. という成句です。
He is at dinner. は「食事中」ということですが、
play / office / lunch / dinner など活動の場があり、at dinner だと夕食の場にいるということです。
at a glance という成句があります。「一目で」という意味ですね。
これも、「一見したところで」ということです。
Flowers are at their best. これは、花は満開だ、 という意味ですが、
ベストのところ、と解釈すると at の感じが捉えられると思います。
at last (最後に)も同じで、last のところで、ということです。

このように at は、単に「ところ」という意味合いで、
それがいろいろな状況に応用され、さまざまな意味になるのです。
at a loss は「当惑して」ということですが、「失ったところに」→「失った状態で」といった転用ができます。
日本にいます、はもちろん、I'm in Japan. ですね。
だれかが、I'm at Japan. といえばどんな状況が想像できるでしょうか?
いろいろな状況があります。例えば、宇宙戦争かなんかで、日本に照準を合わせている
これは I'm at Japan. でしょう。
また、世界地図を使ったすごろくかなにかの遊びでも、 I'm at Japan. は考えられますね。

in は「空間内」、on は「接触」、そして at は「ところ」このように理解しておいてください。

明日は、ココネのメインテナンスの日で、サービスが止まるようですね。
サービスの安定化のためのメインテナンスだそうです。
さきほどは、授業だと知らずに、はしゃいでいた人がいましたが、
ココネ学園での授業もどんどん進化させていきたいと考えております。
みなさんのご協力あっての授業展開です。これからも宜しくお願いいたします。
ぼくもこのスタイルの授業に慣れてきて、
大学でやっている内容はほとんどココネ学園でもできる、という確信を持っています。
ぼくだけでなく、ほかの大学の先生にも協力してもらって、授業の充実化を図りたいなと考えております。
今度、一度、presentation の授業もしてみましょう。
そうですね。いまは、ぼく一人で講師をしているので、
ぼくの時間が確定しにくいため、どうしても不確定要素がありますが、
協力してもらえる先生が増えれば、時間割のようなものもできると思います。
それと、今は、ココネでもいろいろな開発が入っているのですぐにとはいきませんが、
余裕ができれば、本当に授業をやりやすい教室に改良してもらえると思います。
そうなると、いろいろなことができるんじゃないかと楽しみにしています。
では、今日は、これぐらいで終わりにします。今日もありがとう。
そうですね。オンラインで生の授業というのは新しいと思います。
では、さようなら。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Amusement

英語で歌おう♪
Japanese poem
アメーバリンク集

ホームページ (PCも可)
ピグ (PCも可)
ピグパズル (PCも可)

mogg (PCも可)

ガールフレンド(仮)
PCはChoromeとSafari
ボーイフレンド(仮)
PCはChromeのみ
ファーミー
PCはChromeとSafari
【メニュー編集】

Wiki内検索

国立国会図書館

オンライン資料収集制度

メンバーのみ編集できます