ココネ なう。 - 現在進行形
目次に戻る



今日のテーマは、誰もが知っている現在進行形です。
まず、例文です。

「本日は晴天なり、本日は晴天なり、ただいまマイク試験中」

これを英語でどう表現するか知っていますか?
これは、

Testing, testing, one, two, three, testing.

こんなふうに言うのがふつうです。
この testing は I'm testing ということですよね。
つまり、現在進行形の省略形です。
みなさん、ご存知のように、
進行形は「何かが進行中である」ということを表します。
ここでまではOKですね。

よく、 think, have, love のような動詞は
状態を表すので進行形にはしないといわれます。
でも、マクドナルドの宣伝で

McDonald's.
I'm loving it.

というのがあります。
love なのに I'm loving と進行形になっています。
これはちゃんと意図があるのです。つまり、

「マクドナルドがだんだん気にいっている」

こんな感じですね。
つまり、変化が loving で表現されているのです。

これと似た表現に resemble があります。
resemble は「似ている」という意味です。

《生徒 : have や think も意図によっては進行形になりうるということですか?》

はい。そこで、

Mary resembles her mother.

これで「メアリは母親に似ている」

I leave for NY the day after tomorrow.

この表現は手帳などに予定を書き込むのにはぴったりです。

さて、さっきの3つが基本ですが
現在進行形の「一時性」と言う特徴を利用して
あっ、一時性と言うのは現在進行中
ということは、始まりがあって終わりがくる、この意味です。
この一時性という特徴を利用して

I'm living in Osaka now.
I'm still working for the company.

などの表現ができます。
大阪に住んでいます、
これだと I live in Osaka. でいいわけですが、
I'm living in Osaka. といえば
「今は、大阪に」という感じがでますね。
同じように、

I'm working for the company.

だと「今は、いまのところ、その会社で働いている」
こんな感じになります。

もうひとつ。
現在進行形は動画的にものごとを表現する方法です。
そこで、リアルな情景を表現するのに向いています。
例えば、

You're always buying her something expensive.

こういえば
「あなたはいつも彼女に高価なものをあげているのね」
という意味ですが、強いイラダチの感情を含んだ表現になるのです。

「本当だよ(だからちゃんと聞いてね)」と表現したければ
I tell you. より
I'm telling you. のほうが感じがでます。

どうですか?
現在進行形といってもけっこう使い勝手があるというか
便利な表現ですよね。

最後にひとつだけ。

スポーツの実況中継では、現在形がよく使われます。
特に、動きの激しい、野球やサッカーなどはそうです。
たとえば、

The 2-2 pitch to Johnson.... he taps it right back to the mound.
Brown has it on the big bound and throws him out.

2ストライク、2ボールからのジョンソンへの投球ですピッチャーへ打ち返しました
ブラウン、大きなバウンドをとって、一塁送球、アウト。

日本語ではこんな感じです。
でも、英語では現在形で流れをスナップショット的に表現することがよくあります。
では、現在進行形は?
ボートレースなど動きに連続性がある場合これは想像できますね。
また、

Max-Joe and Great-Giant are being in the center of the ring.
The pressure is really building up here, the tension is really mounting.

これはある格闘技の実況中継で
今起ころうとしていること「プレシャーがかかって、緊張感も増しています」
こんな状況では動画的な現在進行形がいいのです。

今日の授業はこれでおわりです。

英文を読んだり聞いたりするとき
現在進行形の動画的な描写を意識してみてくださいね。

授業のやり方は検討します。
今日も、ありがとう。
ライブでやっています。
原稿なしです。

用例だけは考えていますが
大学の授業よりこのスタイルのほうが魅力的なところがたくさんあります。
仕事の関係で毎日かどうかわかりませんが
授業を続けていきたいと思います。
よろしくおねがいします。

では、さようなら


目次に戻る