''認知症の症状は、「中核症状」と「BPSD(周辺症状)」の二種類に大きく分けられます。
「BPSD」は、認知症の症状の基盤となる「中核症状」の
記憶障害・見当識障害・理解の低下などから二次的に起こる症状で、
以前は「問題行動」「迷惑行動」とも呼ばれていました。
その症状は「行動症状」と「心理症状」に分けられ、
認知症の症状が軽度から中等度に進行すると多く出現するようになります。
しかし症状の現れ方は人それぞれで、必ずしも症状が現れるというわけではありません。
軽症から中等症に進行するに従い頻繁に出現するようになり、それに伴い
急速にQOLの低下を招き、介護者の負担が増大します。

【主な症状】
■行動症状
・攻撃的行動・徘徊・拒絶・不潔行為・異食

■心理症状
・抑うつ・人格変化・幻覚・妄想・睡眠障害

BPSDが現れると、日常生活に大きな支障をきたすことが多く、
本人はもちろん、介護者への、負担も大きくなりがちです。
そのため、認知症の介護では、できるだけBPSDが現れないよう介護することも大切になります。

【BPSDの悪化要因】
認知症による脳組織の変化
  1. 体調不調
  2. 人間関係・介護環境の変化
  3. 薬剤
  4. 寝たきりや閉じこもり

このページへのコメント

illegal online uk

57c8 online rosa spray nasale

0
Posted by KamaPoela 2018年10月11日(木) 18:08:28 返信

online o online foru

57c8 online price hike

0
Posted by KamaPoela 2018年10月11日(木) 07:59:20 返信

cheap online suppliers

57c8 order online by phone approved

0
Posted by KamaPoela 2018年10月10日(水) 17:05:42 返信

悲しい気分

0
Posted by おて 2017年10月12日(木) 09:21:00 返信

楽しい気分

0
Posted by おて 2017年10月12日(木) 09:19:56 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます