" />

ここはでもにっしょんch ぼくの考えたサーヴァントスレに投稿されたサーヴァントを纏めるwikiです。

基本情報

【出典】ギリシャ神話、悲劇『アルケースティス』
【CLASS】ライダー
【真名】アドメトス
【性別】男性
【身長・体重】177cm・66kg 
【容姿】善良さがにじみ出ている身なりの良い好青年と、その青年に付き従う牧歌的な身なりをした従者
【属性】秩序・善
【ステータス】筋力D 耐久D 敏捷B+ 魔力C 幸運A+ 宝具A

【クラス別能力】

対魔力:C 

 魔術詠唱が二節以下のものを無効化する。大魔術・儀礼呪法など、大掛かりな魔術は防げない。

騎乗:EX

 本人の騎乗スキルはAランクにあたるが、従者の方は乗りこなせないものは無いためこのランク。

【固有スキル】

歓待の主:B

 訪ねてきた人々を手厚くもてなすホスト力。神であれ英雄であれ、彼の誠実な接待を受けて気を悪くさせる者などいない。
 属性や性別問わず、対象となる者の傷や疲労を的確に癒やし気分を向上させ、また自身に対する友好度を上昇させる。

太陽神の支援:A

 友にして召使いたるアポロンの力を一時的に借り受けるスキル。
 芸術や予言、治療に疫病を司る光明神。それがオリュンポス十二神が一柱、アポロンである。
 「医術」「啓示」「神性」「太陽神の眼(偽)」「治癒の竪琴」「動物会話」が使用可能となる。

 ハデスの苦言を受けたゼウスに息子を殺されたアポロンは荒れ狂い、ゼウスの武器である雷霆を生み出したキュクロプスたちを鏖にした。
 それらの罰として1年の間人間に仕えるように命じられたのだが、その主人となったのがアドメトスであった。
 正体を知らないとはいえ、奴隷である自分にも優しく接する彼に心打たれたアポロンは、友情の証としてあらゆる祝福を施すようになる。

大英雄の助力:A

 絶望的状況に陥った時、大英雄たるヘラクレスの力を一時的に借り受けるスキル。
 「心眼(偽)」「戦闘続行」「勇猛」が使用可能となる。

 アポロンの1年の奉公が終わる頃、アドメトスは病にかかり死に瀕していた。
 そこでアポロンは世話になった恩を返そうと運命の女神たちと交渉し、『彼の代わりに命を差し出すものがいるならば、死期を伸ばそう』という条件を得る。
 ……しかし、いくら自分たちに優しい王でも、進んで死のうとする臣下は誰一人として出てこなかった。老い先短い彼の両親ですら躊躇を覚えた。
 そんな中、結婚したばかりのアドメトスの妻・アルケスティスが名乗りを上げすぐさま彼女は息を引きとり、床に伏していた若き王は一命を取り留めることが出来た。
 最愛の妻がアドメトスの代わりに命を落とし、彼が悲しみに暮れていた中、偶然客人として招かれていたヘラクレスが事情を聞き、冥界へ殴り込み彼女を連れ戻してくれたという。

【宝具】

降り注ぐは陽の憤怒ポイボス・アポローン

ランク:A 種別:対軍宝具 レンジ:2〜50 最大補足:100人
 アポロンがキュクロプスたちを射殺した場面の再現。
 発動と同時に一瞬にして、天から豪雨のような無数の光の矢が広範囲の敵に降り注ぐ。
 更に、神代の鍛冶職人であるキュクロプスを屠った逸話から、「道具作成」スキルと「巨人」属性を所有するものに強力な特攻攻撃を与える。
 ライダークラスでは単なる無差別な全体攻撃だが、アーチャークラスで現界すれば正確な射撃などが可能となるらしい。

親愛示す黄金の戦車アルケスティス

ランク:B++ 種別:対軍宝具 レンジ:2〜60 最大補足:50人
 妻の名を冠した、獅子と猪の神獣二頭が牽く黄金の戦車。
 御者でもあるアポロン神の加護によって戦車自体があらゆる災禍やデバフを弾き、飛行能力と機動性にも優れているためどのような環境下でも遺憾なく走ることが可能。
 全力で突撃すれば頑丈な城塞も容易く砕けるほどの威力を発揮する。
 また、貞淑なアルケスティスの逸話通り、「一度だけアドメトスの死(消滅)を代わりに宝具が引き受ける」という効果も持っている。

 アドメトスがアポロンを引き取った頃、独り身だった彼はペレアスという王の娘・アルケスティスに惚れていた。
 だが王は『獅子と猪を繋いだ戦車を乗りこなす者に娘を与える』という条件を突き出し、娘に寄りつく多くの求婚者たちを悩ませていた。
 そこで彼の恋を実らせようとアポロンはこの戦車を用意し、見事アドメトスはアルケスティスと結ばれたという。

【解説】

 テッサリア地方はペライの王。イアソンの従兄弟であり、カリュドンの猪狩りにも参加したアルゴナウタイの一員でもある。
 誠実にして穏やかな性格で、覇道を往くようなカリスマ性は無いが、誰からも慕われる魅力を持った青年。
 また、妻一筋な愛妻家だがその人柄や対応の良さから「色々な意味で色々な者にモテる」。が、傍らに控える従者が笑顔で威圧しているため妙な虫はつかないようになっているらしい。
 目立つような戦歴は無いが、アルゴナウタイに選ばれたことはある程度に戦い慣れはしており、またアポロンが的確な支援をするため、意外にも戦士系ライダーだったりする。

 アポロンはその名の通り従僕に身をやつした太陽神その人(神)、アドメトスとは互いに篤い友情で結ばれており、そんな友の行く末を時に見守り時に手助けする。
 僕としての立場を弁えているが、妹(アルテミス)同様基本的には冷酷非情でありさらに友たるアドメトスの安全を第一に考えるため、
 彼を危険な目に遭わすような存在は容赦なく排除にかかるであろう。
 逆に気に入った人間であれば助言など、アドメトスほどでは無いが肩入れすることもある。
 余談であるが彼の見た目は口調や表情、服装以外アスクレピオスに瓜二つだったりする。

【コメント】

 アポロン様、月の女神みたいに人間形態で実装されないかなあと思いながらつくりました。
 あと一方的な庇護とかじゃなくて、神と人間の友情系サーヴァント良いなあって。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます