" />

ここはでもにっしょんch ぼくの考えたサーヴァントスレに投稿されたサーヴァントを纏めるwikiです。

「██████████────!」


基本情報

【元ネタ】『ガウトレクのサガ』『ある古き王のサガ断片』『ノルナゲストの話』『ゲスタ・ダノールム』
【CLASS】バーサーカー
【真名】スタルカド/Starkad
【性別】男性
【身長・体重】347cm・495kg
【属性】混沌・狂
【ステータス】筋力A++ 耐久A+ 敏捷A 魔力B+ 幸運B+ 宝具B

【保有スキル】

狂化:A

パラメーターをランクアップさせるが、理性の大半を奪われる。マスターと同調し、普段は魔力消費を控える為にランクが抑えられている。戦闘時にはランクが元に戻り、受命する時もより機械的にマスターの指示を実行する。

戦闘続行:A

名称通り戦闘を続行する為の能力。決定的な致命傷を受けない限り生き延び、瀕死の傷を負ってなお戦闘可能。また、『仕切り直し』と同様の戦闘から離脱する能力がある。

魔力放出(氷):B

霜の巨人たる血脈が隔世遺伝してスキルとなったもの。霊核から漏れ出る魔力は外気を凍てつかせ、肉体から溢れでる血液さえも冷気となる。

巨人脈路:A

超常自然霊の一つであるヨートゥンの血脈。混血、怪力、天性の肉体、魔力防御、等との複合スキルとされている。魔力防御はに肉体表面を覆うシールドとしての役割に加え、触れた物質を凍結させる「冷気」の形態を持っている。

異形の武練:A

生前の異形の姿になった事で発揮される武芸の手練。おおよそ人間の姿では繰り出せない心技体の数々を習得しており、いかなる地形・戦況下にあっても十分の戦闘能力を発揮出来る。バーサーカーの場合は8本の腕を駆使した技術を披露する。

【宝具】

死と叡智からの祝福ガングレリ・ヴェイグ

・ランク:B
・種別:対人宝具
・レンジ:-
・最大補足:1人
大神オーディンより施された祝福が由来。
いかなる戦場においても三度の生還を可能にするもので、宝具として昇華されたこの能力は霊核を砕かれるような一撃を受けた際、それを復活させて完全再生する。
ストックは全部で三つ。消費した分はマスターの魔力で回復可能だが、喩え一流の魔術師であっても一つ回復するのに生涯を費やす程の膨大な魔力を必要とする為、大抵は無理な場合が多い。
どんなに規格外な神秘度、威力を持つであろう一撃を受けてもストックの消費量は一つであり、その絶対数は変わらない。よってこの宝具を破るのでれば、最低でも三回以上はバーサーカーの霊核を砕く攻撃を与えなければならない。
狂化されていないクラスで召喚されると、蘇生以外にも黄金律、武の祝福、原初のルーンといったスキル効果を持つ宝具としても機能する。

怒れる雷からの呪いヨトゥン・スクリムスリ

・ランク:B−
・種別:対人宝具
・レンジ:-
・最大補足:1人
雷神トールより植え付けられた呪いが由来。
源流が霜の巨人であるスタルカドを嫌ったトールは、栄光と共に悪業へと手を染める呪いをかけた。これは悪業を成す程に無辜の民たちから疎まれる呪いであり、生前スタルカドが故意ではない暴走をするキッカケともなったもの。バーサーカーのクラスで召喚されるのもこの宝具が原因であり、それを表すかのようにバーサーカーの姿は8本腕の異形と化している。
この宝具の効果は、対峙した相手が“中立”である程に敵愾心を抱きやすくなる呪いの影響を受けやすくなってしまうものであり、絶えず垂れ流している状態なので一般人には毒となる。
余談だが、8本腕の姿はかつての父親の姿であり、トールによって2本にまで切り落とされた逸話がある……つまり、異形の姿はスタルカドの父親を醜く思ったトールによる悪意と言えるだろう。

【Weapon】

無銘・剣

スタルカドが振るう8本の剣。常人であれば両手で振るわなければ扱えない得物なのだが、スタルカドはこれを片手で操る。元々、大神オーディンから贈られた武装の一つで、腕が2本の場合は剣を一つに合体させて身の丈以上の大剣として振るう。

【解説】

北欧神話の『ガウトレクのサガ』『ある古き王のサガ断片』『ノルナゲストの話』『ゲスタ・ダノールム』といった数々のサガに登場する英雄で、名前だけなら『ベオウルフ』『ヘルヴォルとヘイズレク王のサガ』『スカルド詩』『ユングリングのサガ』にも記される遍歴者。
その名は「強き者」を意味し、伝承においてもスタルカドに勝る肉体を持つ戦士はいなかったと言われている。
ヨートゥンの子孫であり、雷神トールに討ち取られたスタルカドという同名の父親の息子。戦場では無敗を誇った百戦錬磨の武人。
南ノルウェーの王室で育ち、王家の一人であるヴィカール率いる部隊に配属されていた兵士。ある時、グラニという養父に連れられて神々の会談に招かれたスタルカドは、養父が実はオーディンの変装していた姿だと知る。
神々の王たる大神からは祝福を受け、三回ほど瀕死から生還する恩恵を賜った。加えて最高峰の武器、莫大な財産、戦場の勝利、魔術の智識、ありとあらゆる能力を授けた。
しかし、源流がヨートゥン故に雷神トールはスタルカドを嫌い、施された祝福と共に呪いもかける。子供を為せず、潤う事のない富への渇き、そして死から生還する度に悪行を成す。それにより詩を紡がれることなく、無辜の民たちに怨まれる……これこそトールの呪いであった。
この呪いを解く為のオーディンは密かに自信の槍をスタルカドに授け、供物としてヴィカールを捧げる事を提案する。助言に従いヴィカールを殺したスタルカドは、問題なく出航を成功させ、遠征先で海賊、魔獣や竜種を討ち倒したと言われる。だが、ヴィカールの殺害こそがスタルカドの最初の悪業として歴史に刻まれる事となった。
その後、ロシアを攻撃していたデンマーク王国の部隊に加わり、様々な英雄的行動を取り、多大な富と名声を手にした。それからスウェーデンに七年の滞在、デンマーク軍に再び加わりアイルランドへ侵攻、スラヴの王子と協力して反乱軍の鎮圧に当たり、クロニア人、サンビア人、セミガリア人と戦ったとされる。
次に、スタルカドはハルガと呼ばれる人物に、当時強力な戦士と謳われていた九人の兄弟と戦う事を依頼され、これを達成する。しかし、後に二つ目と三つ目の悪業とされたインギルドの殺害と、オロの殺害を成してしまう。
時代は進みブラーヴェルの戦い。スウェーデン王シグルド・リングと、デンマーク王ハロルド戦歯王の戦争に登場し、自ら詩を紡ぐ為に参加したとされる。
戦場にはフリースラントのウッビと呼ばれる無敵の武将が戦果をあげていて、スタルカドが果敢に挑むも傷を一つしか与えられず、逆にスタルカドは六つの重傷を負ってしまう。そして、ウッビは最終的にテレマルクの弓兵に射られて命を落としている。
次に盾の乙女のヴェビオルグに戦いを挑むが、負傷の影響か顎を斬られる失態を犯してしまう。そして、ヴェビオルグも最終的には別の戦士によって落命した。
口を斬られたスタルカドは、顎が落ちないように固定して再度戦場を駆け巡る。デンマーク軍を襲撃し、どちらの軍に対しても利益を齎さない蹂躙。
その果てに、スタルカドは首の骨が露出する程の怪我と、胸部から腹部にかけた傷で肺がぶら下がる程の重傷を負い、右手の指も欠損していた。やがて、戦争は終結し、スウェーデン軍の勝利で終わった。
ブラーヴェルの戦いから暫くして、ノルナゲストと共にいた悪竜現象ファヴニールを降したシグルドと相対する。
スウェーデンとの間にあったいざこざにより、スタルカドはシグルドと決闘する事になってしまったのだが、相手は竜殺しを成し遂げた大英雄であったので、スタルカドは戦わずして逃亡を試みる。しかし、戦闘を余儀なくされたスタルカドはシグルドと対峙するも、歯を二本斬られるなどの傷を負い、敗北を期する。
これにより、シグルドはスウェーデンに勝利した偉大な英雄として新たに名をあげるのだった。
数々の戦場を駆け巡り、その全てに生還したスタルカドは生きる事に疲れてしまい、自らを金で着飾って襲うように仕向けた。多くの賞金稼ぎ、戦士、騎士が挑んだが、その全てを返り討ちにしてしまい、死に損なっていた。
やがて、挑戦者を待つ事にさえ疲れたスタルカドは、今までの人生、偉業を歌う。
スタルカドの歌った人生に関心を持ち、身に付けている金品に興味を持たなかったヘザーという男と話し、彼に価値を見出して自身の剣を手渡した。
既に視力さえも弱まり、生への執着がなかったスタルカドは、ヘザーに自身の頭を切り落とし、身に付けている金品を全て持っていくように指示する。
無論、戸惑ったヘザーだったが、懇願するような彼に負けてしまい、指示通りに頭部を切り落とした。
スタルカドの体が地面に横たわる事を良しとしなかったヘザーは手押し車を作り、彼が倒れた場所に石碑を建てて敬意を表したのだった。

【人物】

屈強な肉体と、巨人の末裔である事実を叩きつけるような巨躯を持つ、蒼灰色の肌の男性。
バーサーカークラスで召喚された影響で、人間の姿ではなく異形の姿で現界を果たしており、鬼のような凶相と8本の腕はその証。
狂化している為、理性は確認はできず巨人由来の凶暴性と雷神トールの呪いにより生前の人格が表に出ることはない。本来であれば高潔な武人で、戦いにおいては相手と全力の剣戟を楽しみながらに殺し合いを望む人物。だが、バーサーカークラスで召喚された彼は只々破壊を撒き散らす災害でしなくなっている。
戦闘能力は圧巻の一言。巨躯からは想像もつかない程に縦横無尽に素早く動き、8本腕という圧倒的な手数で暴力の権化とも言えるほどの白兵戦を誇る。狂化の影響で技術が失われていると思われがちだが、上述のスキルで保有しているので実は武芸百般。
他にも魔力放出(氷)の効果で動き回るだけで周囲を凍結させる、魔力防御で常時バリアフィールド(冷気)を展開している鉄壁状態。正に攻防兼ね備えた城砦に等しい戦闘力を有するバーサーカーだが、その分魔力の消費量は尋常ではなく、一流の魔術師であっても召喚した瞬間の干からびて生死を彷徨うハメになるかもしれない。
聖杯への願いは「自身の詩を紡ぐ事」。これは生前トールにかけられた呪いが起因しており、自らの詩を忘れ、周囲からも忘れられてしまっている。本来なら英雄譚の主人公になり得る筈の戦士に、一つも詩(エッダ・サガ)がないのはこの為。
別クラスとして、セイバー、ランサー、ライダー、キャスター、アサシン等の適性を有している。
最も適したクラスはランサーで、オーディンから授かった槍と、原初ルーンを合わせたマジックランサーがスタルカドの本領であり、8本腕は失われてしまうがより洗練された技量を発揮することができる。

【関連人物】

オーディン

北欧神話の大神。スタルカドに祝福を与えた張本人。

トール

北欧神話の雷神。戦闘能力でいえば北欧の神々でも最強で、ヨートゥンたちの敵対者。スタルカドにとって呪いをかけられた相手であり、父親も祖父も因縁がある神。

シグルド・リング

スウェーデンの王。スタルカドが兵士として仕えた相手であり、ラグナル・ロズブローグの父親。

シグルド

ヴォルスング・サガに語られる大英雄。悪竜現象ファヴニールを討伐した偉大なる竜殺しであり、スタルカドが最初で最後慄いた相手。娘のアスラウグは後にラグナル・ロズブローグの3人目の後妻。


ランサークラス

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

どなたでも編集できます