戦え!ドラゴンクエストスキャンバトラーズ、通称スキャバトの攻略Wikiです。

バトルステージでたまに出てくるモンスター、メタルスライム(はぐれメタル)。
彼らを逃がさずに倒せば、大量の経験値ボーナスが得られる。
メタル狩りとは、それを利用した経験値稼ぎのことを指す、ドラクエシリーズの由緒正しき伝統(?)である。


本作のメタル系モンスター

概要

メタルスライムおよびはぐれメタルは、通常のバトルステージでたまに出現するボーナスモンスター。
  • テンションチャージが行われない。
  • 基本ダメージを0か1にする。
  • 1ターン目は必ず攻撃、2ターン目以降は中確率で「にげる」。
  • 普通には先制できないほどのすばやさを持つ。(優先度高ではない!)
  • 状態異常は効かない?が、能力ダウンは有効。
といった特徴を持つ。なお、複数のメタル系モンスターが同時に出現することはない。
本作ではチームのHPを0にすればいいので、メタル系モンスターを狙う必要はない。
メタルスライム
HP:150
デインで攻撃する。旧3弾のノーマルチケットを意識したものか。(枠の色はノーマルモンスターのもの)
かしこさが高ければ、ほどんとダメージを受けることはない。(まほうつかいで1ダメとかざら)
すばやさは360ほどあると考えられるが、350台以下でも先制できることはある。さすがに512はないようだ。
逃がさずに倒せば200の経験値ボーナスが得られる。
ライルがチケットを4枚使ってきたら、メタル系モンスターが出るサイン。
はぐれメタル
HP:250
イオラで攻撃する。メタルスライムと違ってモンスターバトルスキャナー時代のイメージか。(プロモのは物理メインだし。枠の色はレアモンスターのもの)
メタルスライムよりもかなり火力があるので、裏ボス討伐の邪魔になることも。
メタルキングの剣の刹那一閃で顕著に表れるが、こんななりでもメタルスライムよりみのまもりが高いらしい。
すばやさ420ほどで先制を確認。少なくとも400はあるのだろう。
一応、プロモのはぐれメタルのすばやさは512。オーバースキャンができない分、メタルスライムよりも遅くなる※が。
逃がさずに倒せば1000の経験値ボーナスが得られる。
レベル30ぐらいまでなら一匹で上がり切ってしまうほどで、終盤のレベルでも裏ボス討伐プレイ5回分以上になるので非常にありがたい存在。
※モンスターブーストの対象にはなり、すばやさが564にもなるとは言え、火力が…

メタルステージ

ぼうけんマップでは、クリアスタンプスキャン後にメタルステージが出現することがあり、ある程度(現行弾ステージ2クリアまで)進めることで入れるようになる。
このステージでは、メタルスライムかはぐれメタルが確定で出現するので、レベルアップを狙いたい場合は積極的に選ぼう。
※メタルステージ以外でもメタル系モンスターは出現することがある。
このステージのメタル系モンスターは2ターン目も逃げないので、2ターンかかる戦術も組み込みやすい。全体攻撃できるSP3のチケットがあるなら、保険にとっておくのもいいだろう。

メタルチャンス

大体1弾置きぐらいに、バトルステージにメタル系モンスターが確定で出現するキャンペーンが開催されている。(過去には超3弾、超5弾、新1弾、新3弾)
確定で出現するなら、専用対策も十分に立てられる。
今後もあるかもしれないので、公式の情報はこまめにチェックしておこう。
新シリーズのメタルチャンスでは、プロローグとレベルボス、得点王決定戦以外のステージにメタル系モンスターが確定出現するようだ。
(プロローグ未クリアでも、イベントステージにはメタル系モンスターが出現する。)
メタルチャンス中もメタルステージは登場する模様。はぐれメタル確定かどうかは不明メタルスライムが出現することもあるが、イベントモンスターがなかなか手に入らない時の気分転換にいかが?

基本戦術

メタル系モンスターは2ターン目から逃げるようになるので、確実に狩るなら2ターン目、敵が動き出す前に倒すのが基本。
とは言え、原則出現がランダムなモンスターの対策に特化しすぎると、通常攻略(特に裏ボス)に影響が出るので、裏ボス攻略を基本に、メタル系が出た時に対応できるパーティー編成が経験値効率的には理想と言える。
新1弾から初期テンションパワーが4個になったので、テンション20技を2体で使ったり、開幕でテンション100にするなんてことも可能になった。これを有効活用しない手はない。
全体攻撃で攻める
先述の通り、本作ではチームのHPを0にすればいいため、全体攻撃でメタル系以外を狙っていく戦法が有効。
しかし、メタル系モンスターに攻撃を阻まれる関係上、普通に3体(2体)に攻撃した時よりもダメージは少し目減りするということに注意しておこう。
メタル特効の技もあるが、メタル系を攻撃したところで、他の敵よりも被ダメが小さいので、保険程度に考えておくべし。
スペシャルアタックを使用する
スペシャルアタックは敵の行動に割り込んで使用できるので、敵の「にげる」を見てからでも使用可能。
タイミングが遅いと「にげる」が成立してしまうため、十分に注意しておこう。
逃げなければバフに専念するなどの柔軟性を持たせられるとなお良し。
ただし、裏ボス攻略を並行できないような状況ではボス撃破ボーナスを逃してしまうことに。
その場合は裏ボスの出現しないステージで戦う方がいい。一つ下のボスぐらいなら何とかなることも多い?
職業技で攻撃する
職業技はバトル開始時、真っ先に撃つことができる。それを利用してHPを削ることで、スペシャルアタックのボーナススコアをより多く稼ぐことができる。(そうりょは攻撃ではないのでまた別)
メタル系に当たることもあるため、職業技抜きでとどめを刺せるようにするのが理想ではある。
すばやさを操作する
火力が足りず、スペシャルアタックではとどめをさせない時に有効な方法。
基本的にはなんでもスキャンを使う。
メタルスライムにはボミオス2回、はぐれメタルにはボミオス3回が有効。
これで、すばやさ245以上のモンスターは先手を取れるようになるはず。
すばやさ256にピオリム2回でもメタルスライムに先制できることがある。安定させたいなら5段階アップが必要。
条件次第(特にぶとうかの場合)ではボミオスの使用回数を減らせることもあるので、自分の手持ちと相談しよう。
新シリーズでせんしとそうりょにすばやさ+50のスキルが加わった影響で、せんしやそうりょでもすばやさが300を超える機会が増えた。
(尤も、せんしは武器のすばやさが落ちたので逆に達成できなかったりするが)
301以上?あれば、ピオリム1回でメタルスライムに先制できるようになる。覚えておくと便利。
あえて序盤のステージに入る
強力なチームを組んで弱めのチームと戦えば、あわよくば1ターンキルすら可能。
ギガレアモンスターの妨害が厄介な場合にも有効。
SPボールを使う
※メタルチャンス時推奨
上の応用で、モンスターバトルスキャナー時代のSPボール持ちモンスターを連れていくことで、チームレベルを下げつつより短期決戦ができる。
マスターが十分に強ければ、他が弱くても1ターンで倒せるほど。(特にまほうつかい)

職業別分析

せんし
基本的にすばやさが低いため、ギガレア装備で身を固めないとボミオスでの先制圏内に入れないことがある。
ぶとうかよろいの使用も頭に入れておこう。
モンスターのちからが大きく上昇するので、全体攻撃が多いほど有利になる。
初手の呪文でいきなり 鉄壁ガードを消費させられるので、スコアは稼ぎやすい。
一応、新1弾の★1のスキルですばやさが50上がるようになり、今までは採用しづらかった装備も使えるようにはなった。
まほうつかい
レベル20以上なら、いきなりやまびこで全体呪文を撃つだけでかなりのダメージを与えることができる。
レア武器に全体呪文がかなり多いので、初心者でも狩りやすい部類か。
レベル90以上だと、装備次第でメタルスライムに先制できることも。
新1弾で初期テンションが4つになったことで、1ターン目テンション100で全体呪文→2ターン目テンションバーストからの全体呪文という流れも組めるようになった。
テンション100で限界突破が発動するとテンションは最大でなくなるため、テンションバーストは発動しない。勘違いしないように。
ぶとうか
レベル40以上でしっかり装備を固めれば、メタルスライムには先制できるようになるので、計画は立てやすい部類。
レア武器では全体攻撃手段にちょっと難があるが、テンション調整でうまく工夫しよう。
すばやさの高いギガレア武器(と盾)を装備すれば、はぐれメタルに先制するという芸当も可能。
モンスターのすばやさが大きく上昇するので、ボミオスの使用回数を1回抑えても先制できることが多い。
他職業では入れられないような鈍足モンスターにも利用価値が見出せるのも強み。
なお、すばやさ260のモンスターを2回オーバースキャンして、モンスターブーストもかけると、職業ボーナス込みですばやさがちょうど350になってメタルスライムに先制できるようになる。
元々はノーマルモンスターの特権だったが、新シリーズではレアやギガレアのモンスターにも出だしているので、有用なモンスターが今後も登場するものと思われる。しかし、モンスターブーストは原則稼働中の弾のモンスターにしか適用されないことに注意すること。
そうりょ
他職業と違い、職業技で攻撃ができないので、手数をしっかり考えないとメタル狩りは難しい。
武器の全体攻撃手段の少なさにも泣かされる。
レベル★50ですばやさが50上昇するので、竜撃の道着などですばやさ重視の構成にすればメタルスライムに先制可能に。本当にぎりぎりだが…

おすすめチケット

スペシャルチケット

スペシャルスキャンのページも参考に。
みのまもりで軽減されやすい物理よりも、かしこさに依存し、軽減手段の少ない魔法属性の攻撃の方がダメージを与えやすい。
超シリーズでは強力な魔法攻撃も多数追加されたので、上手に使っていこう。
…と思ったら、新1弾で魔法攻撃が下方修正された?要検証。
[N2-004]斬空蹴撃弾(SP2、物理全)
会心率の高い全体攻撃。
会心の一撃ならメタルボディーも貫通できるので、ダメージの期待値は高め。
ルカナンをかけておけば、会心が入らなかった分の与ダメも少し上がるのでお得。
[N2-005]勇者の雷光(SP2、魔法全)
ギガデインに替わる、新たな全体呪文SP。
バフ解除効果は(メタル狩りにおいては)空気。
[S3-003]ベギラゴン(SP2、魔法全)
炎属性の呪文は通りがよく、2000ぐらいのダメージが出せることもあるのが魅力。
魔法耐性ダウンが付けられるとなお良し。
[S4-003]ギガデイン(SP2、魔法全)
炎属性の通りが悪いときに役立つ。雷属性は軽減されにくいのが強み。
[N2-004]ジゴスパーク(SP2、物理全&バフ)
名前とは裏腹に物理攻撃。
ちからアップの効果は2戦目で活きる。(一応轟炎斬にも言えることだが)
[N1-004]タクティカルエンド(SP2、物理全&デバフ)
追加効果を活用する暇があるかどうかはともかく、全体攻撃としての威力は十分。
みのまもりダウンと併用することでギガデイン以上の威力を出せるようになる。
なんでもスキャンのルカナンだけでなく、モンスターやマスターの技も有効活用しよう。
[S5-004]瞬裂魔斬(SP2、物理全&デバフ)
追加効果だけならタクティカルエンドの上位互換。
とは言え、デバフなので2戦目以降に活かせるものではないが。
[S6-003]豪炎斬(SP2、物理全&バフ)
物理属性かつ単体ではやや威力が低いが、味方全員のちからを1段階上げられるので、2戦目への備えにするのもあり。
[S3-005]まじんのかなづち(SP2、物理単)
確定会心なので、メタル系に行こうとも1300〜1500ぐらいのダメージを安定して出せる。
敵の数が少ないときは、全体攻撃より機能するかも。
…と思っていたら、新1弾で威力が下方修正された模様。会心が弱体化した?
[S5-002]創魔粛世の閃光(SP3、魔法全)
絶大な威力を誇る全体魔法。3000台も普通に出したりする。
[S2-002]スターライトエクスプレス(SP3、物理全&バフ)
3ターン目にもつれた際、メタル狩りの為に不足したバフを補うにはちょうどいい。
[N2-001]ドラグライドセイバー(SP3、物理全)
超4弾以来久々に登場した全体物理SP。
どうせならみのまもりをうまく下げて特大ダメージを狙おう。
[P]イオナズン(SP1、魔法全)
魔法属性な分、威力はデュアルカッターより信頼できる。
ダメージは大体950〜1100ぐらいと見るのがいいか。
[N1-006]デュアルカッター(SP1、物理全&バフ)
SP1で発動できる全体攻撃で、すばやさアップも付いているということで、SPパワー節約に役立つかもしれない。
ダメージは650出ればいい方。みのまもりが上がると苦しくなる。

よろい

すばやさにおいては一番比重が重い装備であり、よろいスキルによっても採れる戦術が変わってくる。
手持ちの装備と相談して決めていこう。
[N1-009]デルカダールメイル@せんし
ステータスはやや控えめだが、テンションパワーが1個増えるので、開幕で職業技や極限技を放つなんてこともできるようになる。
テンション配分は装備やモンスターと相談しよう。
[N3-016]バトルドレス@ぶとうか
すばやさはぶとうかよろいとしては低いが、自分のテンションが開幕で5になるため、(マスター限定で)デルカダールメイルと似たようなことができる。
[N3-009]勇者のころも@せんし
赤技に全体攻撃があるものの、テンション100で単体攻撃になってしまう武器と相性がいいよろい。
無限爆連弾持ちの武器だけでなく、ラミアスのつるぎでも、雷光さみだれ斬り→職業技→ライトニングザッパーのような連携が可能。
まほうつかいで使う場合は、かしこさがレアよろいより低いことと職業アイコンが減ることに注意。(かしこさ60のデルカダールメイルよりはましだが)
[N5-017]ドラゴンローブ@まほつか
遂にまほうつかいにもテンション獲得の波が来た。
勇者のころもによる開幕無限爆連弾も強力なため、強さはどっこいどっこいといったところだが。
すばやさが低めなのが難点だが、レベルによっては魔力継承でかしこさを上げるチャンスでもある。
[N2-009]オルゴーのよろい@せんし
すばやさ70かつちから160、メタル系の攻撃をシャットアウトする魔法ダメージ無効と、メタル狩りに嬉しい要素が詰まったよろい。
特に、かしこさが低いせんしはデインでも結構効くので、0にできる恩恵は大きい。
[N4-054]天空のよろい@せんし
デルカダールメイルやバトルドレスと違い、モンスターを主戦力にするときに使える。
ブースト無しでもテンション20を3体用意できるという点は大きい。(テンション20から全体攻撃を使える武器やモンスターが多いため)
メタル系がいない時にも役に立つ。
[S5-019]竜撃の道着@ぶとうか
ギガレアよろいではすばやさが足りない時に使用。
ちからもそこそこあるので、火力も期待できる。
[N4-018]ゴシックコート@まほつか
かしこさ290、すばやさ45(ウィッチコートや超3弾のドラゴンローブと同等!)にかしこさアップが付いている。
みのまもりも過去のまほつかレアよろいよりはるかに高い(380)ため、普段使いにも便利。
[S3-009]王者のマント@まほつか
レアよろいではすばやさが足りないが、まほつかアイコンを付けたいときに使う。
まほつかアイコンが不要な場合は、勇者のころもの方がかしこさやみのまもりが高く有利。
もっとも、そんな状態なら素で先攻を取ろうとしなければいいのだが。
[03-011]ドラゴンローブ@アイコンなし
すばやさ124にかしこさ246を誇る。これならレベル90以上のまほうつかいではぐれメタルにも先制できる。(武器や盾のすばやさもある程度必要だが)
HP192、みのまもり246と超3弾のものより高い。こちらはレベル97、超3弾のものはレベル93だが…
[S1-014]げんぶの道着@ぶとうか
どうしてもすばやさが足りない時の最終手段。(すばやさ120)ただし、火力は期待できない。(ちから25)モンスターたちでしっかりフォローしよう。
[03-012]拳聖の道着@アイコンなし
旧シリーズも含めると、一番すばやさが高いよろい。(すばやさ192)
ちからは0だが…

開幕職業技+限界突破と相性がいい武器

先述のデルカダールメイルやバトルドレスを利用すると、ブーストやスペシャルスキャンなしで1ターン目から職業技を使うことができる。ここではテンション100で全体攻撃と限界突破ができる武器をまとめる。
メタルステージでは、敵のHP的に職業技1回+全員限界突破→SP2や3の全体攻撃スペシャルアタックぐらいが無難か。(これで大体5000〜8000点は出る。テンション200まで上げられるとなお良し)
なお、デルカダールメイル、バトルドレス共にかしこさが低いので、まほうつかいの武器は除外してある。
新5弾でテンション獲得付きのドラゴンローブが登場したので、これから追記していく予定。
ギガレア武器についてはぶきのページも参考に。
[N4-053]天空のつるぎ@せんし
青技は常に全体攻撃の天空波斬。(テンション100だと+4)
非メタル戦ではチャージアタックやライデインでダメージ調整などを行っていくのもいいだろう。
[N2-011]パパスのつるぎ@せんし
赤技100はさみだれ斬り+2。
すばやさ30は新シリーズのギガレア剣にも負けないぐらいなのがポイント。
青技のベホイムもなかなか強力。
[N1-011]カルサドラアックス@せんし
赤技100はオノむそう+2。
テンション150からは単体攻撃になるので、ボス戦でも安心。
カウンターの構えでも限界突破はできるが、ちょっとシュール。
[N4-012]牙王丸@ぶとうか
赤技100は紅蓮さみだれ斬り+2。
赤技150〜は単体攻撃になるが、不安なら青技のやみのブレスを使う手もあり。
職業技と超級覇斬がメタル系に当たらない(または会心が出る)なら火力は十分なはずだが。
[N1-012]冥獣のツメ@ぶとうか
赤技100はウォースラッシャー+。
ぶとうかのすばやさなら、ウォースラッシャー→職業技→ウォースラッシャー+でも割と安定する。
[N1-008]魔槍ケラウノス@そうりょ
赤技100は魔槍連撃+2。
そうりょ自体ちからを上げやすいので、下手なギガレアモンスターよりも火力を出しやすい。
すばやさ次第(マスター301以上、モンスター250以上の時が無難)では雷速大充填で味方の補助に徹するという選択肢もありうる。
[N4-013]ステンドレイピア@そうりょ
赤技100は閃光斬+。
赤技150〜は単体攻撃になるので、開幕職業技の意義は一応ある。
攻撃したくない時は青技の守護のひかりを使えばいい。
牙王丸同様、超級覇斬の気分次第で安定性が変わってしまうのが難点。
[N5-010]冥神極剣ソウルブリンガー@まほつか
青技が全体攻撃。(青技100はイオナズン+2)
チャージアタックが使えることもあり、超級覇斬の仕込みを行う上でもドラゴンローブの恩恵は大きい。
メタルスライムに先制できるすばやささえ確保できれば、職業技→イオナズン+6→超級覇斬もできるかも?
(レベル99以上かつ全部OS2なら、盾の素のすばやさが25あれば、ドラゴンローブでもぎりぎりすばやさ360になる)
[N5-014]イッドの杖@まほつか
赤技100はベギラゴン+。
メラガイアーや無限爆連弾が使えるため、2戦目以降の火力も十分。
青技で味方のかしこさ上げに専念することもできるため、非メタル戦でも火力過剰になりにくい。
[N1-014]福音の杖@まほつか
赤技100はベギラゴン+。ドラゴンローブのお陰で職業技との併用が容易になった。
すばやさの低さをどう補うかが問題。メタル系を確実に狩りたいならピオリムやボミオスを上手に使おう。
メタル系がいないなら天恵の福音を使う手もあり。
[N2-008]ウィキッドスタッフ@まほつか
赤技100はイオナズン+2。
ギガレア杖のかしこさなら、レア杖以上に相手を追い詰めることが可能。
マジカルチャージに専念すると限界突破ができなくなるため、非メタル戦では勇者のころもを使った方がいい場面もある。

勇者のころもと相性がいい武器

新4弾のギガレアよろいである勇者のころものよろいスキル「いきなり限界突破」を使うと、1ターン目から無限爆連弾ができるだけでなく、テンション100で全体攻撃ができない限界突破持ちの武器でも1ターン目全体攻撃で削る→2ターン目職業技の流れを作れるようになる(テンションは多く必要になるが)ため、2戦目を見越してマスターの限界突破もしておきたいときに役立つ。
その性質上、開幕職業技で使ってもいい武器が多いのはご愛嬌。
[N3-007]勇者のつるぎ@せんし
青技がテンションを問わず全体攻撃なので、無限爆連弾と合わせて1ターン目に多くのダメージとテンションパワーを稼げる。
[N2-007]ラミアスのつるぎ@せんし
赤技100〜150が単体攻撃なためメタル狩りでは歯がゆい武器ではあるのだが、最初から限界突破しているなら、雷光さみだれ斬り→職業技→ライトニングザッパーと繋ぐこともできる。(メタルステージ推奨)
ブーストがあれば、職業技→ライトニングザッパーが1ラウンド目から出来るが、他の仲間のテンションを犠牲にすることになるためあまりお勧めはしない。
刹那一閃がメタル系の攻撃に入ってしまうとちょっと損だが、ボーナスは得られるのでしっかり成功はさせたい。
[N1-007]デルカダールの剣@せんし
全体攻撃がテンション50までのため、限界突破との相性が悪かったこの武器も、勇者のころもと合わせれば、最初から閃光斬(赤技20〜50)を気兼ねなく使えるようになる。
ラミアスのつるぎや神護の刀よりもすばやさが低い点には注意。
[N3-011]神護の刀@せんし
赤技100は雷光乱閃+2なので開幕職業技で使ってもいいが、無限爆連弾を1ターン目で使うなら勇者のころもと。
不屈の精神でも無限爆連弾が発動する点に注意。
[N3-013]聖騎士のやり@そうりょ
これ自体に全体攻撃は無いが、無限爆連弾は全体対象なので使う価値は十分にある。
聖騎士の誇りでちからを上げて無限爆連弾を使うのもありといえばあり。
[N3-014]らいていの杖@まほつか
ウィキッドスタッフと違って赤技200が全体呪文なので、職業技→ギガデイン+2→無限爆連弾→やまびこギガデイン+2という連携が一応可能。(ブースト推奨)
そこまでテンションパワーが無くても、テンションはライデインが使える50以上にしておきたい。
単体攻撃が赤技0〜20の束縛の雷光までしかないのがボス戦ではマイナスに。ギガデイン自体は弱いわけではないのだが。
[N2-008]ウィキッドスタッフ@まほつか
赤技150〜が単体攻撃になるので、こちらはボス戦も考慮した通常ステージ向け。
マジカルチャージと無限爆連弾を組み合わせることで、限界突破と短期決戦を両立できる。
メタル狩りの時はテンションを20〜100にしておくのがいい。すばやさがあるならマジカルチャージ無限爆連弾でもいいが。

その他武器

メタル特効を持っていたり、単体全体を使い分けられる他、便利な効果を持つ武器の数々。
[S2-005]ほしくずのつるぎ@せんし※限界突破なし
赤技で単体、青技で全体が使い分けられ、すばやさも高いため、安定した活躍が見込める。
豪神剣アルバトロスでは、すばやさが低すぎて通常攻略に苦労することも。
[S6-007]メタルキングの剣@せんし※限界突破なし
全体攻撃こそ使えないが、赤技と刹那一閃にメタル特効があり、事故率が低いことが売り。
メタルステージで職業技2回を撃ちに行くときも便利。
通常攻略でもフルメタルブーストで活躍する。
[P]はやぶさの剣@せんし※限界突破なし
すばやさが高く、テンション0からさみだれ斬りが使える点が優秀。
ギガレア武器に比べると火力は無いため、あくまでつなぎといったところだが。
[N4-011]はやぶさの剣@せんし
レベル★1以上ですばやさが十分なら、神速の構え1回でメタルスライムに先制できるようになるので、1ターン目に神速の構えで限界突破して、2ターン目に(職業技→)通常攻撃→超級覇斬と、怒涛の追撃をかけることができる。
それらがすべて単体攻撃という点を除けば優秀。
[N2-014]ベロニカの杖@まほつか
赤技が単体呪文、青技が全体呪文のレア杖。すばやさもそこそこ。
しかし青技はイオラ止まり。下手するとメラゾーマの方が強いことがあるのが困りもの。
非メタル戦で全体呪文を使うという逆転現象が起きることも。
[S5-010]冥神剣ソウルブリンガー@まほつか※限界突破なし
赤技で単体、青技で全体が使い分けられ、チャージアタックまで付いているのでテンション管理がしやすい。
初手でわざわざイオナズンを撃つ必要はないだろう。
[S3-008]竜王の杖@まほつか※限界突破なし
青技でドラゴン系モンスターを強化できるため、ドラゴンパーティーを組むならこちらも選択肢に入る。
赤技20のベギラゴンを使うかどうかはお好みで。
[S5-014]オニキスの魔剣@まほつか※限界突破なし
低テンションなら単体呪文が使え、ディバインスペルでお茶を濁せる。
ヴェノムスラッシュの毒や刹那一閃での追加ダメージも期待できる。
[S4-007]オリハルコンのツメ@ぶとうか※限界突破なし
メタル系がいなければ分身拳でテンション稼ぎ、メタル系がいればオリハルスラッシャーで攻撃と、非常に柔軟な戦い方ができる。
すばやさ80も、はぐれメタルに先制する上で重要となる。
[S1-006]サタンネイル@ぶとうか※限界突破なし
青技の全体攻撃にはすばやさダウンもついているので、2ターン目のボミオスを節約できるかも。
メタル系にちゃんと効いてくれないと困るのだが。
赤技の毒や猛毒の追加効果が、バフ積みでは邪魔になるかも。
[S5-012]ドラグーンソード@ぶとうか※限界突破なし
さみだれ斬りと刹那一閃がかなり機能する。
メタルスライムに先制してさみだれ斬りを打ち込むことも可能なので、単体攻撃オンリーの武神剣ゴウガよりも安定感が高い。
赤技100はみのまもりダウン付きの単体攻撃なので、USHでも安心。
[S2-006]セラフィムのヤリ@そうりょ※限界突破なし
全体攻撃ができるヤリ自体が貴重で、赤技にHP吸収やバフ解除まであるのが大きな強み。
でも最近は火力がありすぎて困ることも。
[N1-013]メタスラのヤリ@そうりょ
テンション0からメタル特効ができる。
非メタル戦でもメタルブーストで遅延プレイが可能。メタルダイビングはボス戦でも強力。

たて

武器やよろいに比べるとすばやさの上昇量は小さいが、細かい差が(主にボス戦で)大事になることもあるので一応記載。
基本的に、ギガレア盾を使えばそうそう不足はしないのだが。ただ、せんしは…
なお、ギガレアでもデルカダールの盾はすばやさ10なので、他のギガレア盾とは使い勝手が違ってくる。
[S6-010]メタルキングの盾
[S2-007]ウロボロスの盾
共にすばやさ30の盾。全体的なステータスはメタルキングの盾の方が高いが、ウロボロスの盾はガード発生率が高い。
[N3-010]勇者の盾
すばやさは20だが、ガードに成功すれば余分にテンションパワーを稼げる。
[N4-019]星辰の盾
すばやさ25のレア盾。一応メタルキングの盾やウロボロスの盾よりもかしこさが高い(50)。
ガード発生率が中なのが難点。
[S5-023]拳闘士の盾
レア盾では結構高い、すばやさ20の盾。会心率アップはおまけ程度で。
[N4-020]せいれいの盾
すばやさ18という微妙なところを突いてきたレア盾。
ちから、かしこさともに40でみのまもりは250と、その他のステータスも(レア盾としては)高水準。
[N2-019]聖女の盾
[N3-018]雷竜の大盾
共にすばやさ15のレア盾。
聖女の盾はかしこさが高く(60)、雷竜の大盾はみのまもりが高い(250)。

極限・究極限モンスター

開幕極限技には、なんでもスキャンのおうえん2を使うのがおすすめ。デルカダールメイルや天空のよろいのよろいスキルを使うのもいいだろう。
ブーストパックがあるならその限りではない。
究極限技は2ターン目以降でないと使えないので、メタル狩りに使うようなものでもない。
[S5-033]闘神レオソード
1ターン目で極限技を使うことで、マスターの攻撃を会心の一撃にすることができる。
マスターがレオソードよりも遅ければ、全体攻撃でメタル系共々大ダメージを与えられるし、
レオソードよりも速ければ、職業技を会心の一撃にすることで、メタル系に当たってダメージが無くなる事故を防ぐことができる。
[N2-027]魔神ダークドレアム
赤技20〜50と究極限技が全体攻撃。ちからが高いので威力も段違い。
メタルスライム程度なら、ボミオス2回→ディストラクティブエンド→SP2のスペシャルアタックといった連携も可能。
限界突破スキルもテンションパワー節約に役立つ。
なお、ブーストがあればマスターの職業技とグランドクロス(赤技20)を両立できるので、1ターンキルが簡単にできる。メタルステージで点数を稼ぐのが面倒くさいときにでも。
[S6-027]メタルゴッデス
すばやさが高いため、ぶとうかならボミオス等無しでメタルスライムに先制できる。(安定させるには要オーバースキャン)
全体攻撃を持っており、ちからもギガレアモンスター程度にはあるので、安定感は非常に高い。
極限技でSPを増やし、SP3のスペシャルアタックでとどめを刺しに行くなんて芸当も可能。
[S4-025]サージタウス
極限技でマシン系モンスターの手数を増やせるが、これがスーパーキラーマシンと相性抜群。
2連デッドリーキャノンですばやさを下げることで、ボミオスを節約することができる。
ただし、スーパーキラーマシンが普段使いに適さないすばやさなので、メタルチャンス時推奨。
[N1-027]大魔王ゾーマ
青技100のジゴスパークが非常に強烈なので、限界突破ついでに使っておくと、以降の展開が楽になる。
通常攻略の場合、小回りが利かないことが問題になるかも。
[N3-027]スライダークロボ
赤技20〜50が全体攻撃で、みのまもりダウンも付いている点は強力だが、すばやさに難がある。

ギガレアモンスター

[N4-030]サタンジェネラル@ぶとうか
青技で全体攻撃ができ、ちからとすばやさも十分。テンション50で上位技になるが、ボタン単発押しになる点には注意。
赤技でみのまもりダウンやちからアップができるので、ボス戦でも役に立つ。
[N2-033]メギドロイド@せんし
青技が全体攻撃で、ちからやすばやさも高い。
ただし、テンション50でブレス攻撃になる点には注意すること。
[N2-032]ファイナルウエポン@ぶとうか
青技でいつでも全体攻撃ができる。テンション20で上位技になる点もポイント。赤技0〜20もメタル斬りだったりする。
青技100までにはすばやさダウンが付いているので、ボミオスの節約になるかも。基本的にはスーパーキラーマシンの上位互換。
[S5-036]魔剣神レパルド@ぶとうか※限界突破なし
青技でいつでも全体攻撃ができ、通常攻略でもチャージアタックでテンションを圧縮できる。
まじん斬りがちょっと気がかりだが。
[S2-025]黒騎士レオコーン@せんし※限界突破なし
青技が常時全体攻撃。テンション50でマヒの追加効果が付いた上位技に。
全体的なステータスは上述のレパルドより少し低いが、こちらはせんしアイコンが付いている。
チャージアタックは付いていないが、テンション20から赤技がボタン2回押しになり、超グレートを狙いやすくなる。
[S2-026]スーパーキラーマシン@そうりょ※限界突破なし
青技が全体攻撃。テンション50で上位技に変化。
デッドリーキャノンにはすばやさダウンが付いているので、2ターン目のボミオスの節約に使える。
先述のサージタウスと組み合わせることで、2連デッドリーキャノンなんてことも可能。
通常攻略では真・一刀両断のみのまもりダウンが役に立つこともあるが、すばやさが低いので結構活かしにくい。
[S6-032]氷の魔女リーズレット@まほつか※限界突破なし
赤技で単体、青技で全体呪文を使える。赤は50、青は20で上位技に変化。
魔力継承要員として最適。
赤技はテンション50で威力が激増することに注意。
[N1-033]妖魔ジュリアンテ@まほつか
リーズレット同様、赤技で単体、青技で全体呪文が使える。
リーズレットと違い、青技が上位技になるのがテンション50からなのが難点。
赤技0にすばやさアップが付いているので、マスターに先制しての魔力継承がやりやすいのが強み。
赤技150はボス戦で活躍する。
[N2-033]デーモンキング@まほつか
赤技の全体呪文は炎属性のため、通りの良さに期待できる。
青技がテンション20からずっとみのまもりダウンができるのも状況によっては役に立つ。
魔力継承要員というよりは、物理アタッカーの補助要員といったところか。
[N2-031]ギュメイ将軍@そうりょ
赤技20〜150が全体攻撃(50〜は雷属性)。
青技で絶対会心にしてから放つ全体攻撃は非常に強烈。先制できないと安定しないが…
[N3-030]ダークネビュラス@ぶとうか
赤技50〜100が全体攻撃。
青技で絶対会心にできる点はギュメイ将軍と同様だが、こちらはブレス強化であり、赤技150〜のグラビティフレアを使っても強力。
他のバフ技と合わせるとなると、物理属性のダークフレア(赤技50〜100)の方が積みやすくはあるか。
[N1-032]神馬アルシオン@そうりょ
赤技20〜50が全体攻撃
…なのだが、テンションを100振って青技を使う方がダメージが大きい可能性も。
すばやさが高く、オーバースキャンなしでも運用しやすい。
[S6-028]爆炎王ガイフレア@ぶとうか※限界突破なし
赤技20が全体攻撃。
通常攻略でも青技でバフを積みつつ、全体攻撃で仕上げるなんてことも。
[S3-054]邪竜軍王ガリンガ@せんし※限界突破なし
全体攻撃は赤技20〜50だが、青技でドラゴン系モンスターを強化できることが重要。
[S4-029]ダークネビュラス@せんし※限界突破なし
赤技50〜全体攻撃。
上述のガリンガと組み合わせて、強化したダークフレアをぶっ放すのが有効。
同様の技構成を持つグランシーザーでもできるが、ダークネビュラスの方がすばやさが高く、ボス攻略に使いやすい。
[N1-029]黒騎士レオコーン@ぶとうか
赤技50が全体攻撃。すばやさの上昇で動かしやすくなった。
ただしテンション100で単体攻撃になってしまうため、限界突破との相性は悪い。
1ターン目に青技を使うかどうかは2戦目次第か。
[S3-030]青天竜バルケロス@ぶとうか※限界突破なし
赤技0〜20が全体ブレス、50〜は単体ブレス。テンション5で上位技に。
ガリンガと組み合わせる場合、ガリンガに20、バルケロスに5振れば、無駄なくダメージを増やせる。
全体回復のベホマラーも、バフを積み終わった後に使ってHPを万全な状態にするのに便利。
[N3-031]ジュラシックロイド@そうりょ
赤技20〜全体攻撃。テンション100で上位技(雷属性付き)に変化。一応赤技0〜5はメタル特効。地味にドラゴン系に入る。
ステータスは十分だが、単体攻撃は青技のブレス頼みとなるため、ボス戦で使いこなせるかどうかは未知数。
[N1-030]グレイトドラゴン@そうりょ
青技が最後まで全体攻撃なので、レオコーンに比べて限界突破との相性はいい。
ボス戦で使うには単体攻撃手段がブレスオンリーなことがやや気がかり。
[S3-033]きょだいまじん@そうりょ※限界突破なし
青技100の超たおれかかるは、バフを積まずとも絶大な威力を誇る。
その威力は、単体相手でも赤技より強いぐらい。
すばやさが低いのが難点。

レアモンスター

レアモンスターは高テンションで全体攻撃止まりになるやつも多いのが難点だが、メタル特効付きの全体攻撃持ちはある程度役に立つはず。
[N2-035]悪魔道化師ゲイザー@せんし
赤技20〜全体攻撃、テンション100で上位技に。
すばやさが260と高く、赤技100には会心率アップの追加効果もあるので、ダメージの期待値も大きくなる。
[N3-038]スライムボーグ@ぶとうか
270というすばやさから、青技50〜のダウナービームで敵のみのまもりを下げられる。
サンダーメカ・ストライク(赤技20〜)にみのまもりアップが付いており、耐久面もある程度は確保できる。
[S5-040]キャット・リベリオ@せんし※限界突破なし
赤技50がメタル特効付き全体攻撃。テンション100で属性が変わるので注意。
ハッスルダンスの回復量は結構頼りになる。
[S3-034]アックスドラゴン@ぶとうか※限界突破なし
赤技20から全体攻撃、テンション50でメタル特効に。
ドラゴンなので、ガリンガのサポートも受けられる。そのガリンガより速いのが気がかりだが。
[S6-035]クリムゾングレイブ@ぶとうか※限界突破なし
赤技20から全体攻撃、テンション50で炎属性に。
メタル特効は持っていないが、パワースラッシュやベホイムを持っており、ちからを十分に積めば全体攻撃でもボス戦でそこそこのダメージを出せる。
[S3-040]パンドラボックス@そうりょ※限界突破なし
赤技50は会心率が高い単体攻撃。
ボス戦で火力を落としたくない時は役に立つかも。
即死耐性が◎だったりするなど、地味に状態異常耐性も優秀。すばやさ255も光る。

このページへのコメント

確証が持てないからページには書かないが,メタルステージではメタル系が2ターン目には逃げないっぽい。
3ターン目には逃げる可能性があるので,2ターンキルを念頭に置いた方がいいのは変わらないが,3ターン目まで待てばSP3のスペシャルアタックも使えるという点は重要。

2
Posted by 名無し(ID:k8YeqZCmdA) 2019年11月01日(金) 19:47:02 返信

ちょっと調べてみると,旧シリーズの低レアよろいには超シリーズ以降よりもはるかにすばやさの高いものが多いみたい。
ぶとうか初登場である旧2弾ノーマル☆2のカンフージャケットですらすばやさが80もある。げんぶの道着にはその名残があるのね…
さすがにちからやみのまもりは現行シリーズのものには及ばないし,職業アイコンが付いていない問題もある。職業アイコン不一致のよろいをいつも着ているようならそこまで問題はないが…

1
Posted by 名無し(ID:3JasYhGQUQ) 2019年07月14日(日) 10:35:00 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

管理人専用

情報提供

配布チケット

  • 配布チケット?

お問い合わせ

ページの編集依頼や修正、要望、指摘など気軽にご連絡下さい。




著作権について

本サイトの画像およびゲーム内データの著作権は特に記載がない限り、株式会社スクウェア・エニックスおよびを含む共同著作者に帰属します。
(以下ガイドラインにおける著作者表示)
© 2017-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/Marvelous/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO


素材提供:http://fayforest.sakura.ne.jp/ 

どなたでも編集できます

メンバー募集!