戦え!ドラゴンクエストスキャンバトラーズ、通称スキャバトの攻略Wikiです。


邪教の使徒ゲマ

登場するステージ:新2弾 ステージ3

基礎情報

HP7000
攻撃範囲追加効果使用ターン
スクルトバフ全みのまもり2段階アップ1
熱くやけつく息ブレス全マヒ1
メラゾーマ魔法単2・3
きりさく物理単2
死神の大鎌物理単即死3
ジャミ
攻撃範囲追加効果使用ターン
なぐりつける物理単1
こおりの息ブレス全2
ロデオクラッシュ物理単3
ゴンズ
攻撃範囲追加効果使用ターン
しんくう斬り物理単1・3
ばくれつの舞物理全2
超絶決戦対象チケット
  • [S3-001]グランホーリーブレード(伝説のまもの使い、SP3、物理単)
  • [S3-003]ベギラゴン(ビアンカ、SP2、魔法全)
  • [S3-004]聖天のはどう(フローラ、SP2、敵バフ解除&回復全)
  • [S3-005]まじんのかなづち(デボラ、SP2、物理単)
  • [N2-003]ホーリーブレード(流浪の王パパス、SP2、物理単&回復単)
撃破ボーナス
  • 経験値+50
  • 新2弾ステージ3クリアスタンプ

行動パターン

優先度技名使用モンスター備考
1ターン目
スクルト邪教の使徒ゲマ
普通なぐりつけるジャミ
しんくう斬りゴンズ
熱くやけつく息邪教の使徒ゲマ
2ターン目
メラゾーマ邪教の使徒ゲマ
普通こおりの息ジャミ
ばくれつの舞ゴンズ
きりさく邪教の使徒ゲマ
3ターン目
ロデオクラッシュジャミ
しんくう斬りゴンズ
普通死神の大鎌邪教の使徒ゲマ
メラゾーマ邪教の使徒ゲマ

解説

ドラクエ5の大ボス。レベルボススコアアタックのボスとしては登場しているものの、実はスキャバトの通常ボスとしての登場は初めて。(バトルスキャナー以来)
今回は新2弾マップのステージ3で、中ボスを務める。
例によってジャミとゴンズも付いてきているので、全体攻撃が有効。
開幕でスクルトを使ってくるが、HPはそんなに高くないのであまり気にしなくてもいいかも。レベルボスの時とは違ってフバーハやマジックバリアも張らないので、魔法やブレスで攻撃してもいい。
超絶決戦対応チケットで全体攻撃なのはベギラゴンだけだが、あるなら普通にグランホーリーブレードで攻撃した方がダメージは大きいはず。
なお、同じ名前だが、映画ユアストーリー公開記念のリュカのチケットは超絶決戦自体が設定されていない模様。

幻魔王デスタムーア(第2形態)

登場するステージ:新2弾 ステージ6

基礎情報

HP8000
攻撃範囲追加効果使用ターン
とっしん物理単1・3
ぶんなぐる物理全1
幻魔拳物理全幻惑ALL
しゃくねつブレス全2・3
超絶決戦対象チケット
  • [N2-001]ドラグライドセイバー(勇者レック、SP3、物理全)
  • [N2-002]蒼竜迅雷閃(さすらいの剣士テリー、SP3、物理単)
撃破ボーナス
  • 経験値+50
  • 新2弾ステージ6クリアスタンプ

行動パターン

優先度技名使用モンスター備考
1ターン目
普通とっしん
or ぶんなぐる
幻魔王デスタムーア条件不明
幻魔拳幻魔王デスタムーア
2ターン目
普通しゃくねつ幻魔王デスタムーア
幻魔拳幻魔王デスタムーア
3ターン目
とっしん幻魔王デスタムーア
普通しゃくねつ幻魔王デスタムーア
幻魔拳幻魔王デスタムーア

解説

ドラクエ6のラスボス。通常ボスとしては旧4弾以来の登場。
幻魔拳は、幻惑の追加効果のある全体攻撃。
ギガレアモンスターでも幻惑耐性の低いやつは意外と多いので注意すること。
(新1弾のギガレア以上モンスターで幻惑耐性が◎なのは大魔王ゾーマ、グレイトドラゴン、妖魔ジュリアンテのみ。神馬アルシオンに至っては耐性△である)
旧4弾当時は存在しなかった超絶決戦が、新2弾のチケットでついに可能になった。今回は単体なので、有効なのは蒼竜迅雷閃の方。

幻魔王デスタムーア(最終形態)

登場するステージ:決戦!幻魔王デスタムーア(新2弾 ステージ9)

基礎情報

HP17000
攻撃範囲追加効果使用ターン
スクルトバフ全みのまもり2段階アップALL
フバーハバフ全ブレス耐性2段階アップALL
いてつくはどうデバフ全バフ解除2・3
魔王の拳物理単自分のデバフ解除
自分のかしこさ2段階アップ
ALL
真・幻魔拳物理全幻惑1・3
悪夢の魔眼魔法単眠りALL
イオグランデ魔法全2・3
超絶決戦対象チケット
  • [N2-001]ドラグライドセイバー(勇者レック、SP3、物理全)
  • [N2-002]蒼竜迅雷閃(さすらいの剣士テリー、SP3、物理単)
撃破ボーナス
  • 経験値+50
  • 幻魔王デスタムーア討伐スタンプ

行動パターン

詳細は調査中。
優先度技名使用モンスター備考
1ターン目
(魔王の拳)幻魔王デスタムーアテンションチャージ時ルカニで使用を確認
スクルト幻魔王デスタムーア
フバーハ幻魔王デスタムーア
魔王の拳幻魔王デスタムーア魔王の拳使用済みなら基本使わないが、
スクルトやフバーハの間にルカニをかけたりすると使うかも
普通(魔王の拳)幻魔王デスタムーア魔王の拳終了時点でみのまもりが
5段階以上?下がっていると使用
真・幻魔拳幻魔王デスタムーア
悪夢の魔眼幻魔王デスタムーア
2ターン目
(いてつくはどう)幻魔王デスタムーア味方バフ一定(合計8段階?)以上で使用
魔王の拳幻魔王デスタムーア
(スクルト)幻魔王デスタムーアバフ解除したら増えるかも?(未確認)
2段階以上には上げない?
(フバーハ)幻魔王デスタムーア
普通(魔王の拳)幻魔王デスタムーア1ターン目同様の理由で発動する可能性あり(未確認)
悪夢の魔眼幻魔王デスタムーア
イオグランデ幻魔王デスタムーア
3ターン目
(いてつくはどう)幻魔王デスタムーア味方バフ一定(合計8段階?)以上で使用
魔王の拳幻魔王デスタムーア
(スクルト)幻魔王デスタムーアバフ解除したら増えるかも?(未確認)
HP低下時はバフに関係なく使用する可能性あり
(フバーハ)幻魔王デスタムーア
普通真・幻魔拳
or 悪夢の魔眼
幻魔王デスタムーア条件不明
基本的には悪夢の魔眼と考えていいかも
悪夢の魔眼幻魔王デスタムーア味方のHP次第で使わないかも?(未確認)
イオグランデ幻魔王デスタムーア
1ターン目、優先度普通で魔王の拳を使う条件についての補足
魔王の拳にはデバフ解除の効果があるので、(優先度高の)魔王の拳終了時にルカニをかけただけではみのまもり3段階ダウンにしかならず、普通は条件を満たすことがない。しかし、
  • 魔王の拳使用前にルカニ(またはルカナン)→魔王の拳終了時にルカニ
  • 魔王の拳使用前にルカニ×2→魔王の拳を刹那一閃で無効化
  • 魔王の拳がせんしまたはぶとうかのマスターに当たった直後にルカニ→守りを固める(その技はもう通用しない)の発動中にルカニ
とすると、優先度普通の魔王の拳の条件に引っかかってしまう。
これを防ぎたいなら、ルカニをかけるのは味方の行動が始まったときにするのが確実。

解説

ステージ6と同じく、ドラクエ6のラスボス。まほうつかいのレベルボスで苦戦したプレイヤーもいるだろう。
新2弾マップの最後に待ち受けるラスボスポジション。
魔王の拳でデバフを解除しつつかしこさを上げ、強力なイオグランデに持っていく。
マスターが低レベルかつ装備品が十分にそろっていないうちは、こちらを眠らせてくる悪夢の魔眼が非常に危険。すばやさが足りず、眠り耐性が低い味方共々、2ターン目以降行動させてもらえない可能性がある。安定しない場合はボミエの使用も検討しよう。オルゴーのよろいやスフィーダの盾だけでなく、ディバインメイルでも眠り耐性を少し上げることはできる。あまりに眠りすぎる場合は使用を検討しよう。
このボスの仕様は少々特殊で、敵自体は1体だが、右手と左手にも食らい判定があるので、全体攻撃がよく通るようになっている。単体デバフが3パーツにまとめてかかるため、全体デバフを使う必要は薄い。
そのため、なんでもスキャンをするならルカナンではなくルカニで。
スクルトとフバーハで守りを固めてくるが、いてつくはどうを使うのは2ターン目から。
1戦目の内にバフを積んでおき、1ターン目にHPを削りきることができれば、2ターン目以降は割とどうにでもなる。
前のターンにかけたデバフは優先度高の魔王の拳で解除されてしまうが、その間には職業技とスペシャルアタックが刺せることを覚えておこう。(さすがに刹那一閃に期待するのは酷)
なお、大魔王ゾーマの究極限技「剛魔雷冥刃」を使うと、3パーツすべてが絶望状態になる。この状態で全体攻撃を使うと…?

おすすめチケット

先述の通り、デスタムーア最終形態は右手と左手にも食らい判定があるので、全体攻撃ができるモンスターや武器が有効。
新2弾には全体攻撃のできる限界突破付きチケットが多数登場したので有効活用しよう。
ラミアスのつるぎ(せんし)
赤技20〜50と200が全体攻撃、刹那一閃あり。
新登場のギガレア剣はまさにこのためにあるという感じの技構成。
ただし、赤技100が単体攻撃なので、1戦目の内に限界突破しておくことをおすすめする。
あらかじめ雷光連斬(赤100〜150)ですばやさを上げ、真・幻魔拳の前に動けるようにしておくと有利に進められる。
豪神剣アルバトロス(超5弾、せんし)
青技が全体攻撃、刹那一閃あり。
バフやデバフを積んだ状態の閃光さみだれ斬り(青50〜)は十分強力。
攻撃技しかない分、1戦目のダメージ調整に苦労するが。
パパスのつるぎ(新2弾、せんし)
赤技20〜100が全体攻撃。
全体攻撃だけでなく、ベホイム(青)で回復もできるので、バランスは良い。
ラミアスのつるぎと違い、職業技との兼ね合いが悪いので、1戦目はあえて限界突破しない方がいいだろう。
オリハルコンのツメ(超4弾、ぶとうか)
青技が全体攻撃、赤技は20〜単体連続攻撃。
分身拳(赤20〜50)や爆裂・分身拳(赤100)で1戦目のテンションパワーを稼ぎ、2戦目はオリハルスラッシャー(青)で大ダメージを狙える。
すばやさを十分に確保していれば、不意に現れたメタル系にも対応できる。
ただ、他の仲間を補助で固めないと、1戦目の3ターン目に余裕が無くなってしまうのが難点。
冥獣のツメ(新1弾、ぶとうか)
赤技50〜100が全体攻撃。
1戦目にひたすらチャージアタック(赤0〜20)をしていれば、他の仲間にテンションを割り振る余裕ができる。
パパスのつるぎ同様、1戦目は限界突破しない方が動かしやすい。
魔槍ケラウノス(新1弾、そうりょ)
赤技20〜100が全体攻撃。
1戦目に雷速大充填(青50〜)でがっつりバフを積んでおけば、かなりの火力で1ターン目にHPを削れる。
すばやさアップのお陰で、真・幻魔拳の前に動きやすいことも大きい。
2戦目に魔槍連撃(赤20〜100)を使うには、1戦目の職業技を我慢した方がいいが、大雷霆魔槍(赤150〜)になっても他の仲間でフォローが効くので、思いっきり職業技を使ってしまっても問題ないはず。
ゾンビキラー(超5弾、そうりょ)
赤技100が全体攻撃、刹那一閃あり。
おそらくこれが一番職業技と相性がいい。珍しくホーリーストーム(赤100)が活躍する場面ともいう。
すばやさの関係上、ディバインメイルを着る余裕はないかも。
カウンターのせいで1戦目の手数が安定しないのが難点。
ディバインランス(そうりょ)
赤技20〜50が全体攻撃。
一点突破の構え(青)でちからとすばやさを上げておき、2戦目1ターン目でさみだれ突き(赤20〜50)をするのが効果的。
職業技は2戦目2ターン目に使っておくと、HPのフォローがしやすい。
ディバインストライク(赤100〜)も属性特効できる分、ダメージはそこそこ期待できるはず。
1戦目にきゅうしょ突き(赤0〜5)を使って敵の数を減らすのは有効なのだろうか。
セラフィムのヤリ(超2弾、そうりょ)
青技が全体攻撃。
シャイニーラッシュ(青20〜)による大ダメージとセラフィムストライク(赤100)によるバフはがし、どちらも有効だが他の仲間次第か。
一番の問題は1戦目のダメージ調整の難しさ。火力が高すぎるのである。
ひかりの杖(6弾、まほつか)
赤技が全体攻撃(魔法)。
ひかりの啓示(青)を使えば、1戦目で攻撃技を振りづらいまほうつかいでもテンションパワーには困らなくなる。
ただ、魔法以外の攻撃手段を持っているモンスターと組まないと、モンスターの火力が上がりすぎてしまう恐れも。
2戦目では強化した魔法攻撃と職業技を使って全力で攻めれば、HPの大半を削れるはず。
福音の杖(新1弾、まほつか)
赤技が全体攻撃(魔法)。
いやしの福音(青0〜100)と魔力継承でかしこさを積み、2戦目に職業技とやまびこベギラゴン(赤50〜)で攻撃すれば、マスター1人で8000以上は削れる。
1戦目で限界突破してしまうと、テンションパワーがいろいろ足りなくなる可能性あり。(特に究極限技を使いたい場合)
オニキスの魔剣(超5弾、まほつか)
赤技50〜が全体攻撃(魔法)、刹那一閃あり。
ダメージ調整を確実にしたいなら、1戦目はヴェノムソード(赤5〜20)やヴェノムスラッシュ(赤50〜)を使わないようにしておくのが無難。
やまびこいなずま斬り(赤0)ぐらいならしてもいいかも?
冥神剣ソウルブリンガー(超5弾、まほつか)
青技が全体攻撃(魔法)、刹那一閃あり。
イオナズン(青50〜)の火力は十分。福音の杖などに比べてかしこさを積みづらいが、刹那一閃が役に立つことも。
攻撃技しかない分、1戦目が少し問題。ラストレクイエム(赤50〜)は使わないようにしよう。
魔神ダークドレアム(究極限)
赤技20〜50と究極限技が全体攻撃。
ハイチャージアタック(赤0〜5)で他の仲間にテンションを割り振る余裕を作ったり、底知れぬ闘気(青)で余計なダメージを出さないようにしたりと、1戦目から大活躍。
ルカニ2回(SP消費無しも含む)からの究極限技をかければ、1ターンキルすら可能。
原作さながらの公開処刑が楽しめる。
大魔王ゾーマ(新1弾、究極限)
青技が全体攻撃(魔法)。
究極限技の絶望とみのまもりダウンが合わさったところに今弾のドラグライドセイバー(SP3)を使えば、絶大なダメージが出せる。
他の仲間の攻撃次第で、1ターンキルも一応可能。
1戦目でどうやってテンションを割り振るかが課題。豪魔雷冥刃(究極限技)が単体攻撃なので、ミスした時の損失も非常に大きい。(ミスすると追加効果も発動しない)
幻惑になることはまずないのだが、素で外すこともあるのだ。
稀に悪夢の魔眼で眠る姿が見られることも。とても眠っているようには見えないが…2ターン目以降に眠られると困るのだが
ギュメイ将軍(新2弾、そうりょ)
赤技20〜150が全体攻撃。
1戦目にひたすら瞬撃の陣(青)を使い続けることで、2戦目1ターン目で大ダメージを狙える。そうりょ以外でも十分使う価値はある。
なお、絶対会心の効果は2戦目に持ち越せないので注意。
幻惑に弱いので、オーバースキャンを1回以上した方が安定する。
グレイトドラゴン(新1弾、そうりょ)
青技が全体攻撃。
前弾と違って炎の通りは良いため、フレイムテール(青150〜)が活躍できる。
眠りにも幻惑にも強い点が魅力。バフは他の味方頼りになるが。
剣王ガルドリオン(せんし)
赤技20〜50が全体攻撃(ブレス)。メインはそっちではないが。
剣王崩滅斬(赤200)はみのまもりを1度に3段階も下げられるので、剣王の構え(青)ですばやさを上げて真っ先に動けるようにすると、後続の仲間の与ダメージが増える。
いなずまの息(赤20〜50)はテンションが不足した時のおまけ程度に。
デーモンキング(まほつか)
赤技が全体攻撃(魔法)。
まほうつかいなら赤技で攻撃するのもいいのだが、1ターンキル戦法にて、アイコン確保のためにガルドリオンの代役にする(2段階ダウンだが)というのも選択肢として考えられる。
ゾーマとは同速で、ダークドレアムよりも遅いため、思ったように動いてくれるかは怪しいのだが。
邪竜軍王ガリンガ(超3弾イベント、せんし)
赤技20〜50が全体攻撃。
1戦目に我竜天征(青)でがっつりバフを積み、魔神の絶技(赤20〜50)で攻撃すれば、かなりのダメージを出すことができる。
…が、今弾のモンスターではキングヒドラとバトルレックス(あとシュプリンガー・テラノライナー)が我竜天征の対象外という問題があった。(修正済み)
新登場のアルゴングレートは問題なかったのに。もっと言うと超3弾のシュプリンガーは普通に強化できたのに…
悪魔道化師ゲイザー(せんし)
赤技20〜全体攻撃。
スパークゲイザーラッシュ(赤100〜)は属性特効できるだけでなく、会心率アップの追加効果まで付いている。
デスタムーア最終形態にはぴったりのモンスターと言えるだろう。
眠りに弱いのが気がかりだが、すばやさが高いので、動けないということはまずない。
バトルレックス(新2弾、そうりょ)
赤技20〜が全体攻撃。
バイキルト(青)で味方を強化できるので、全体攻撃役をさらに引き立てることができる。自身を強化できればなお良し。
自己強化持ちと組ませるときは2、3ターン目に使った方が無駄が少ないかも。
黒騎士レオコーン(新1弾、ぶとうか)
赤技50が全体攻撃。
稲妻雷光突き(赤50)を確実に発動したいなら限界突破できないというジレンマを抱えるが、攻撃力は十分。
ギュメイ将軍共々幻惑耐性には難があるので、2ターン目以降ちゃんと動けるかは運が絡む。
どちらかと言えばぶとうかアイコンを付けたいがために採用するようなモンスター。
魔軍司令ホメロス(イベント、ぶとうか)
全体攻撃こそ持たないが、高いすばやさからの絶対破壊指令(青50〜)で1戦目に味方を強化することでチームに貢献できる。
ジャッジメントノヴァ(赤200)で敵のバフを打ち消すことにより、悪夢の魔眼やイオグランデの被ダメージを大分抑えられるのも強み。
味方の中で真っ先に動ければ、魔法やブレスの通りも少しは良くなる。
バッファロン(せんし)
赤技50〜と青技が全体攻撃(青技はブレス)。
チャージアタック(赤0〜20)を持つため、1戦目のテンションパワーを他の味方に回しやすい。
デスタムーア最終形態への有効打になるのはどちらかと言えばボルケーノハザード(赤150〜)なので、1戦目に限界突破をしておきたいが、赤も青も全体攻撃なのが問題かも。(威力自体は青技の方が低いはず)
幻惑には強いが眠りに弱いのが難点。オーバースキャンを2回すれば、先制できる分ましにはなるが、そのころには有用なギガレアモンスターも揃っているだろうし…
デュランダル(プロローグ、ぶとうか)
赤技150〜全体攻撃(ブレス)。
ボス戦でのハイパーブラスト(赤150〜200)の使いどころに困っていたこのモンスターも、3体構成の形をとるこの戦いなら活躍してくれる。
フバーハで少し軽減されてしまうのが気がかりだが…
1戦目で適宜自己修復プログラムを使って、HPを確保した状態で臨みたい。限界突破もしておくこと。
プリーストナイト(プロローグ、まほつか)
青技が全体攻撃(魔法)。
先述のひかりの杖とはしっかりかみ合っているモンスター。問題はイオラ(青)でどこまでのダメージが出せるかだが。
ホロゴースト(新2弾、まほつか)
青技が全体攻撃(魔法)。
プリーストナイト同様、ひかりの杖とはかみ合う。
ゴーストスパイク(赤20〜)で敵がショックを受ければ、ちょっとだけ攻撃が減って得かも。(扉から出てきた場合も同様)
ヘルガイオン(新1弾、ぶとうか)
赤技50〜が全体攻撃。
ガイオンラッシュ(赤150〜)が属性特効可能で、マッスルタイム(青)で味方の強化もできるのは良いのだが、デスタムーアはともかく1戦目のモンスターたちよりも遅いので、余計なダメージを食らいやすく、バフに専念しきれないことも。
眠りに弱いのも2ターン目以降が厳しくなる要因。もっぱらぶとうか向けと言える。

このページへのコメント

ボスのページも仮置きで作成。
今回から,裏ボスは別ページにしようかと。

0
Posted by 名無し(ID:HXMAMALiVQ) 2019年09月14日(土) 12:41:59 返信数(1) 返信

真幻魔王デスタムーア出ましたよ。
コマンドは真シドーと同じです。

2
Posted by ゆうき 2019年09月19日(木) 22:31:27

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

Menu

管理人専用

情報提供

配布チケット

  • 配布チケット?

お問い合わせ

ページの編集依頼や修正、要望、指摘など気軽にご連絡下さい。




著作権について

本サイトの画像およびゲーム内データの著作権は特に記載がない限り、株式会社スクウェア・エニックスおよびを含む共同著作者に帰属します。
(以下ガイドラインにおける著作者表示)
© 2017-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/Marvelous/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO


素材提供:http://fayforest.sakura.ne.jp/ 

どなたでも編集できます

メンバー募集!