戦え!ドラゴンクエストスキャンバトラーズ、通称スキャバトの攻略Wiki跡地です。


現在編集中
※技データが(?)になっているものは管理人未所持のため確認できていません。編集求。

超ギガレア(極限モンスター)

[S5-033]闘神レオソード<レベル205>@アイコンなし

基礎データ
元ステ上昇値OS1OS2
HP2500+7525752650
ちから2300+6923692438
すばやさ230+7237244
かしこさ600+18618636
みのまもり1400+4214421484
たいせい
どく   ◎ もうどく ◎
マヒ   ◎ 混乱   〇
眠り   〇 呪い   △
魅了   ◎ 幻惑   △
おびえ  ◎ 魔法封じ 〇
即死   ◎
技データ
【赤技】範囲ボタンアクション
[0]きりつける物理単
→[20]闘神乱舞物理単
【青技】範囲ボタンアクション
[0]たたかいのうたバフ全
追加効果:ちから1段階アップ
→[50]闘気爆発バフ単
追加効果:ちから&みのまもり2段階アップ
テンション1.6〜1.8獲得
【極限技】範囲ボタンアクション
[極限]極神烈煌斬物理単
追加効果:次のプレイヤーの攻撃が必ず会心の一撃になる
考察
モンスターズシリーズDQMJ2より新たな極限モンスターの登場。
過去弾の2体と比べて、すばやさやかしこさに劣る分、ぶっ飛んだちからを手にした。
闘神の名は伊達ではなく、1度だけ絶対会心の強力な極限技を持っている。
絶対会心はスペシャルチケットには効果がなく、あくまでもプレイヤーの攻撃のみに限る。
さみだれ斬りや武闘連撃などの連続ヒット攻撃でも、全て会心の一撃になる。
過去の極限モンスターと同じく職業アイコンは無い。
赤技は単体攻撃主体で、20は「乱舞」という技名だが2回しか斬らない。
モン●ンの双剣乱舞をイメージした人は少しがっかりしたかもしれない。
たたかいのうたはちからアップだが、上昇量は1段階。
また、闘気爆発は自分にしか効果がない。
技自体は素直な性能なものばかりだが、そのちからの高さで敵を圧倒する。
特に極限技のダメージは必見。

ギガレア

[S5-034]妖剣士オーレン<レベル160>@せんし

基礎データ
元ステ上昇値OS1OS2
HP1850+5619061962
ちから1570+4816181666
すばやさ240+8248256
かしこさ620+19639658
みのまもり1150+3511851220
たいせい
どく   ◎ もうどく ◎
マヒ   〇 混乱   〇
眠り   ◎ 呪い   △
魅了   ◎ 幻惑   ◎
おびえ  〇 魔法封じ △
即死   ◎
技データ
【赤技】範囲ボタンアクション
[0]ドラゴン斬り物理単
→[20]紅蓮十文字斬り物理単
→[100]紅蓮残影刃物理単
【青技】範囲ボタンアクション
[0]秘剣の型バフ単
追加効果:ちから&すばやさ2段階アップ
考察
旧6弾のイベントモンスターの再録。せんしギガレアモンスターに恥じない優秀なステータス配分。
750超えの賢さに2000以上のHPはさすがに落とされたが、代わりに火力面を強化し、耐性は即死を◎にして帰ってきた。

テンション0からドラゴン特攻のドラゴン斬りが放てるので、刺さる相手にはテンションを回さずとも十分な火力が出せる。
紅蓮十文字斬りもテンションを一つ落とし使いやすくなり、自身のバフかけも可能と高水準でまとまったモンスター。

青技はウルベアと同じく自身強化で、ちからとすばやさ2段階上昇と使いやすい。1回戦のトドメ直前に使用し、大魔王戦にバフを持ち越したり、低威力のバフ打ち消し攻撃を誘発したりする戦法も有効。

全体への攻撃がないので1戦目の早期決戦にはやや不向きだが、スキャバト最大の事故要因でもある状態異常への高い耐性や、ゾンビ系故の暗黒系への強耐性から大魔王戦では大活躍するだろう。

これでスキャバトで3体のオーレンが揃った(アプリ,旧6弾イベント,超5弾)ので、技違いオーレン艦隊も可能。
ただし、赤技はほぼ変わりなしである。


[S5-035]死神スライダーク<レベル156>@まほつか

基礎データ
元ステ上昇値OS1OS2
HP1770+5418241878
ちから1520+4615661612
すばやさ250+8258266
かしこさ700+21721742
みのまもり1200+3612361272
たいせい
どく   △ もうどく △
マヒ   ◎ 混乱   △
眠り   〇 呪い   〇
魅了   〇 幻惑   ◎
おびえ  〇 魔法封じ △
即死   ◎
技データ
【赤技】範囲ボタンアクション
[0]いなずま拳物理単
→[50]デッドエンド物理単
メタル特効
追加効果:即死
【青技】範囲ボタンアクション
[0]ドルクマ魔法単
→[20]ドルモーア魔法単
→[100]ドルマドン魔法単
考察
超4弾裏ボスの中に乗って操縦してたモンスター。
超4弾でみんなに解体されまくった結果、降りてきて直接戦いに来た。
ぬしさまと同じく、連打の魔法攻撃を持つのが特徴的。
まほつかギガレアモンスターズの中では、ちからとみのまもりがトップクラスで高い。
赤技50は即死付きの物理攻撃。青技は暗黒呪文。
どちらも単体攻撃のため、はぐメタ殲滅にはやや向かないか。
高いちからから放たれるデッドエンドは、即死しないボスにもそれなりのダメージを与えられる。
マヒには強いものの、その他の行動不能状態異常の耐性が普通のため、敵の攻撃で動けなくなる可能性が高い。
素早さが高いのでうまく調整して、プレイヤーの前に魔法を発動させたいところ。


[S5-036]魔剣神レパルド<レベル158>@ぶとうか

基礎データ
元ステ上昇値OS1OS2
HP1750+5318031856
ちから1580+4816281676
すばやさ235+8243251
かしこさ620+19639658
みのまもり1170+3612061242
たいせい
どく   △ もうどく △
マヒ   〇 混乱   △
眠り   X 呪い   〇
魅了   〇 幻惑   〇
おびえ  ◎ 魔法封じ △
即死   〇
技データ
【赤技】範囲ボタンアクション
[0]チャージアタック物理単
→[20]まじん斬り物理単
追加効果:まじん攻撃
→[100]魔神双破剣物理単
【青技】範囲ボタンアクション
[0]さみだれ斬り物理全
考察
人気モンスターぬこ将軍の色違い。
上位互換かと思いきや、まさかの状態異常耐性が崩壊していた。
そして原作再現のまじん斬りといった具合にとても扱いにくい。
赤技100はギガクロスブレイクと同モーション。
チャージアタックがあるので、序盤は良いがまじんぎりが20と50に跨っているため、テンション管理に注意。
耐性と技構成に目を瞑れば、1580という高いちからから高火力の技を撃てるモンスターで、全体攻撃も持っているため悪くない。
自分のパーティと相談しよう。


[S5-037]ガネーシャエビル<レベル157>@そうりょ

基礎データ
元ステ上昇値OS1OS2
HP1970+6020302090
ちから1540+4715871634
すばやさ225+7232239
かしこさ600+18618636
みのまもり1150+3511851220
たいせい
どく   ◎ もうどく ◎
マヒ   〇 混乱   〇
眠り   〇 呪い   〇
魅了   △ 幻惑   △
おびえ  〇 魔法封じ △
即死   〇
技データ
【赤技】範囲ボタンアクション
[0]きりつける物理単
→[5]パワースラッシュ物理単
追加効果:ちから1段階アップ
→[50]聖天暴風撃物理全
【青技】範囲ボタンアクション
[0]ルカナンデバフ全
追加効果:みのまもり2段階ダウン
考察
ちからが特に高いゾウさん。
赤技50が全体攻撃なのでUSHTでは少し使いづらいか。
パワースラッシュは自身バフ効果付きだが、上昇量は1段階。
青技もルカニは途中に挟まずルカナンのみ。
かゆい所に手が届かないおしいモンスター。
とはいえ、レベルの割にはちからが高いので、早めに決着をつけたいところ。

[S5-038]レオン・ビュブロ<レベル157>@そうりょ

基礎データ
元ステ上昇値OS1OS2
HP1920+5819782036
ちから1530+4615761622
すばやさ250+8258266
かしこさ610+19629648
みのまもり1130+3411641198
たいせい
どく   〇 もうどく 〇
マヒ   〇 混乱   ◎
眠り   〇 呪い   △
魅了   △ 幻惑   〇
おびえ  〇 魔法封じ △
即死   〇
技データ
【赤技】範囲ボタンアクション
[0]いなずまのツメ物理単
→[50]雷獣冥導牙物理単
【青技】範囲ボタンアクション
[0]サンダーブレスブレス全
→[20]轟雷の息ブレス全
考察
ガネーシャエビルと同じくHPとちからが比較的高い。
赤技50は少しズレた単発4連で連打が苦手な人には超グレートが取りやすくてオススメ。
デバフや状態異常の攻撃を持たず単純な攻撃が多いが、それゆえにバランスが良く使いやすい。
ただし耐性◎が1つしかなく、即死耐性も〇なため油断は禁物。


[S5-039]いかりのまじん<レベル154>@ぶとうか

元ステ上昇値OS1OS2
HP2000+6020602120
ちから1520+4615661612
すばやさ220+7227234
かしこさ590+18608626
みのまもり1230+3712671304
たいせい
どく   △ もうどく △
マヒ   ◎ 混乱   〇
眠り   X 呪い   〇
魅了   ◎ 幻惑   〇
おびえ  〇 魔法封じ △
即死   △
技データ
【赤技】範囲ボタンアクション
[0]いなずまのツメ物理単
→[50]雷獣冥導牙物理単
【青技】範囲ボタンアクション
[0]サンダーブレスブレス全
→[20]轟雷の息ブレス全
考察
初出は剣神ドラゴンクエストのオーラを纏うゴーレム。
バトルロード宜しくゴーレム3体合体のモンスターがギガレアで実装。

その名の通りテンション0からまじんこうげきを連発できる。つまりランキング上位を狙うまじん編成なら必須。
レベル差も相性も決戦超ギガレアSPの未所持も、すべてかいしんのいちげきで粉砕する。…ひたすらリトライする気力があればだが。

武闘家モンスターでは圧倒的なHPとみのまもりを誇り撃たれ強い。
不要な賢さを削った分ちからも高く、火力も申し分ないとステータスの暴力で闘う脳筋タイプ。
素早さも戦士(主人公)の様に絶望的に低い訳では無いので、入手しやすいSPはやぶさ斬り等の素早さバフで行動順の操作が許される程度。
ただしゴーレム系の宿命か、眠りに非常に弱い。使い手が少ないのが不幸中の幸い。
赤技がテンション5でまじんこうげきから解放され、テンションの溜めやすい3連押し→連の複合技に変化するので扱い易い。
めいそうで回復できるのも貴重で、ボタン押しやら痛恨やらで事故ってしまった時に1ターン耐えられるか耐えられないかの差は非常に大きい。
ただし本職のベホマラーには劣るので、基本は1回戦の隙間にHPを回復して大魔王戦に備える…位の運用になると思われる。

このページへのコメント

いかりのまじんについての記事をお願いします

0
Posted by 名無し(ID:oKC8phn+7g) 2019年04月03日(水) 02:34:39 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Wiki内検索

お問い合わせ

ページの編集依頼や修正、要望、指摘など気軽にご連絡下さい。




著作権について

本サイトの画像およびゲーム内データの著作権は特に記載がない限り、株式会社スクウェア・エニックスおよびを含む共同著作者に帰属します。
(以下ガイドラインにおける著作者表示)
© 2017-2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/Marvelous/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO


素材提供:http://fayforest.sakura.ne.jp/ 

どなたでも編集できます

メンバー募集!