フリーゲーム「Dwarf Fortress」の情報をまとめるWikiです

Version:v0.34.11

Dwarf Fortressとは

2002年の10月からTarn Adams氏、Zach Adams氏らによって作られている
無料の箱庭型シミュレーションゲーム。(もうそんなになるのかよ。)
Windows版、Linux版、Mac版がある。
ここからダウンロードできるぞ。

どんなゲーム?

世界

舞台となる世界は自動生成される。単に地形が変わるだけじゃなく、そこで暮らす人々や国家、辿ってきた歴史も作られる。
設定を変えれば、危険な動物のいない平和な世界から、そこらじゅうで溶岩が吹き出す灼熱の世界や、ゾンビ化した野生動物か途切れることなく襲撃してくる地獄のような世界まで作れてしまう。

ゲーム内容

冒険したり(Adventurer Mode)、要塞を作らせたり(Dwarf Fortress Mode)、世界の歴史を眺めたり(Legends)する。
それぞれ別のモードだけど、全てつながっている。冒険で大きな功績を残せば世界の歴史に記録されるし、要塞の壁画に登場するかもしれない。
逆に、作った要塞(廃墟だけど)に訪問することもできるし、交易で売ったアイテムが他の町で見つかるかもしれない。

スクリーンショット

Dwarf Fortress Modeのプレイ画面はこんな感じだ。
最初は何がなんだかわからないと思うが、慣れればわかるようになるから大丈夫だ。

親切な人がグラフィックMODやツールを作ってくれている。慣れるまで耐えられない人や、慣れたけど見た目にこだわる人は使うといいだろう。
上がPhoebus' Graphic Set、下がStonesenseを使ったスクリーンショットだ。3つの画像は、すべて同じ要塞の同じ場所を表示している。

合言葉

このゲームの合言葉はLosing is fun!。「失敗は楽しみ」という意味だ。
システムをよくわかってないうちは、川を渡ろうとして溺れ死んだり、食料が無くなったのに気づかず要塞を崩壊させたりするだろう。
システムを理解しても、野生動物に襲われて死んだり、水路の工事に失敗して要塞を水没させたりすることもあるだろう。
慣れたプレイヤーでも、ネクロマンサーが操る死体に撲殺されることはあるし、地底から現れた怪物とゴブリン軍の襲来に挟み撃ちにされたところで、ストレスでおかしくなったドワーフが暴れて要塞が壊滅するかもしれない。
こうした失敗を乗り越えることがこのゲームの楽しみだ。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます