有用微生物群(EM)に関する情報をまとめています

このWikiでは、「有用微生物群」(Effective Microorganisms,以下EM)という一般の人にはまだまだ聞き慣れない物質についてまとめています。

EMとは「乳酸菌、酵母、光合成細菌を主体とし、安全で有用な微生物を共生させた多目的微生物資材」(EM研究機構より引用)というものです。EMはすでに実用化されており、農業分野向けの土壌改良材や化学物質汚染対策、そして飲料用の商品も開発されています。また、2007年現在で世界55ヶ国で製造され、15ヶ国では国家プロジェクトとして取り組まれているそうです。詳しくは有用微生物群とは何か?をご覧ください。

このように一見さまざまな効果がありそうなEMですがその効果を疑問視する声も多々聞かれます。例えば、1996年に開かれた日本土壌肥料学会の公開シンポジウムにおいてEMが他の資材に比べて効果が低いと報告されています。そのほかにも、EMの万能性について「疑似科学」ではないかと批判する意見がニセ科学関連文書などで述べられています。

こうした意見がある中、全国各地の学校、団体(NPO)などでEMを使った環境改善の活動が行われています。具体的な活動としては、リンク集としてまとめられているページ(役立つ有効微生物・有用微生物群EMの活用法)やEMの利用例をご覧ください。

このWikiでは、EMの効果を疑問視する声が多々あることを知っていただくこと、EMを推進する団体,人々が主張する効果をそのまま鵜呑みにした活動や学校教育を改善していただくことなどを目的としています。
当Wikiは、EMに肯定的、批判的な方、誰でも編集していただけますが、扱う内容の性質上、できるだけ科学的で正確な証拠、実験結果、データを書いていただくようお願いいたします。


[広告]
下の広告は当Wikiと一切関係ございません

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

どなたでも編集できます