2020年の新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックについての英語圏の報道記事やTwitterの投稿などから、翻訳に役立つ表現を蓄積していくことが、当Wikiの目的です。

「社会的距離拡大戦略: social distancing」のコメント一覧へ

コメント詳細

▼感染症という文脈でのsocial distancingという用語の初出は、おそらくこちらだと思います(2006年11月)。 Ht★tps://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3372334/

アブストから採録した用例: Targeted social distancing to mitigate pandemic influenza can be designed through simulation of influenza's spread within local community social contact networks.

ただ、こちらでのsocial distancingは、伝統的な感染経路追跡における「接触」概念をもととしたもので、対策としては自己隔離 self-shielding等に対応するものと思われます。

このsocial distancingはその後意味範囲を拡大して、休校、集会禁止、交通遮断などの接触隔離手段も含む用語となっていきます。ただし、ここまではシミュレーション段階ということ。

▼その後、実際にパンデミックが生起した段階でこの用語を使い始めると下記2点で支障がでてきました。

(1) 意味不明。実際には人間同士の距離のことを言っているのに、なぜsocial?

(2) socialにdistancingって、仲良し同士が疎遠になっちゃうの? 

そこからの英語圏の対応の速さは特筆すべきもので、あっというまに、physical distancingのほうがよいという意見がそこここから出てきます。

physicalには、「実際の、物理的な」という意味もありますが、もともと「生理的な、身体の」という含意が基底にあるわけですから、ちょうどよかったということもあるでしょうし、もともと social distancingという概念が使い始められた時点で、distancingは、physical contactのはなしだったわけで、social (physical) distancingのことだったということもできるのだろうと思います。

公式にということでは、WHOの3/20の記者会見のこちらあたりが変わり目かもしれません。Ht★tps://www.who.int/docs/default-source/coronaviruse/transcripts/who-audio-emergencies-coronavirus-press-conference-full-20mar2020.pdf?sfvrsn=1eafbff_0

If I can just add, you may have heard us use the phrase physical distancing instead of social distancing and one of the things to highlight in what Mike was saying about keeping the physical distance from people so that we can prevent the virus from transferring to one another; that's absolutely essential. But it doesn't mean that socially we have to disconnect from our loved ones, from our family. (話者は、MK Dr Maria Van Kerkhove)

0
Posted by  sakinotk sakinotk 2020年04月03日(金) 11:15:42

編集にはIDが必要です