B-OSP社の運営する、MMORPG EVEONLINEのwikiです。





Abyssal Deadspace(アビサル・デッドスペース)

2018年5月29日のInto The Abyss アップデートで追加された新しいPvEコンテンツです。当初は巡洋艦ソロ限定コンテンツでしたが、2018年11月13日のOnslaught アップデートでフリゲート3隻の艦隊で挑戦するモードであるAbyssal Deadspace Co-op(アビサル・デッドスペース・クープ)が追加されました。

そこはごく狭い範囲に限定された非常に危険な空間です。攻略してレアなアイテムを得るか、あるいは艦船と命を失うかというハイリスクハイリターンなサイトになります。ここには、通常の戦闘サイトには無いいくつかの独特な制約があります。

入場制限

Abyssal Deadspaceに侵入可能な船は、ソロの場合巡洋艦(Cruiser)クラスに限定されます。Tech 1、Tech 2、海軍艦や海賊艦などのFaction Cruiserのみが入場可能です。
Tech 3 巡洋艦(戦略的巡洋艦(Strategic Cruiser))は入場できません。

3隻の艦隊で攻略する場合は、3隻ともフリゲート(Frigate)である必要があります。こちらはフリゲートであれば何でも入場可能です。

攻略時間の制限

後述するAbyssal Filament(アビサル・フィラメント)を起動してデッドスペースに侵入してから、脱出するまでの時間制限は20分です。この時間はデッドスペースに侵入後、左上にある赤色のタイマーで示されます。



攻略中にこのタイマーが尽きた場合、不安定な深淵に押しつぶされて艦船とカプセルが一気に破壊されます。ゲームオーバーです。

進入直後は、同時に違うタイマーも表示されています。この青色のタイマーは侵入後の無敵時間のタイマーです。この時間は60秒間です。



この間は攻撃などを受けることはありませんが、同時に20分の攻略時間制限タイマーも進んでいます。周囲の状況・環境を把握したら死なないために即座に行動に移るべきです。

被撃墜

ソロ攻略の場合、Abyssal Deadspace内で艦船が撃墜されると数秒後にカプセルも自動的に破壊されます。カプセルは立派な宇宙船ではありますが、The Abyssを攻略できなくなった以上、死あるのみです。

艦隊での攻略の場合は、撃墜されてもまだ希望はあります。僚艦が生きているのであればその後を追って行けば脱出が可能です。ただしAbyssal Deadspace内部の敵艦はカプセルを攻撃してきます。各層の攻略が終わるまでは、前の層などで待機していたほうが無難です。
ハイレベルなサイトになるほど僚艦の脱落はDPS的に厳しく、攻略時間に大きく影響してしまいます。例え希望はあれど基本的に内部での被撃墜は艦隊全体の生存率を著しく下げることを意識しておくべきです。

デッドスペースの識別

Abyssal Deadspaceに入ると、星系名がよくわからない言語で記述されています。




これはトリグラヴィアン集合体が使用する独自のアルファベットです。通常のアルファベットとの対照表をArataka Research Consortium(-ARC-)が作成しています。


(クリックして拡大)

サイトに出現する敵や環境・構造物などのギミック、これらは全てサイト名で決まっており識別できるという話なのですが・・・このように読解するのも大変な上、狙って入れるわけでもなく(どんな構成でも基本的にやることは変わらない)、何よりもサイトの種類は非常に多いとのことです。そのためか、サイト名で入った瞬間に内部の構造を把握しようという試みはあまり人気がありません。

内部の構造

このAbyssal Deadspaceは、下のGIF画像のような3層からなる立体的な構造を持っています。



ワームホールとよく似た空間の歪曲から球状の空間(1層目)へと侵入し、そのまま2層目、3層目と同様の形状の空間を攻略し、最終的に入口へと戻る構造です。

この球状の空間は、不安定なThe Abyssという不思議空間の中で時間制限つきで安定している部分です。直径150kmほどしかなく、端の方まで行くと視認できます。



この空間から外に出ると、Unstable Abyssal Depths(不安定な深淵)に突入することになります。安定した空間から離れれば離れるほど、Unstable Abyssal Depths(不安定な深淵)によって大きなダメージを受けます。



不安定な深淵に突入すると画像のように画面全体が不気味な赤色っぽいエフェクトで覆われ、段階的にダメージを受けます。そうなったら速やかに(何か適当な、できればアクセラレーションゲートとかを目標に)戻りましょう。

環境

Abyssal Deadspaceには独特の環境効果が存在します。それらは全部で5種類あります。効果はHUD上にアイコンが表示され、カーソルをあてることで確認できます。
アイコン名称環境効果
Dark Matter Field
(ダークマター領域)
最高速度へのボーナス:+50%
タレットの最適射程距離、精度低下範囲に対するペナルティ:-50%
Electrical Storm
(電気嵐)
キャパシタ充電時間へのボーナス(短縮):-50%
EMレジスタンスに対するペナルティ:-30% 〜 -70%
Exotic Particle Storm
(奇妙な乱れ飛ぶ粒子の嵐)
スキャン分解能のボーナス:+50%
キネティックレジスタンスに対するペナルティ:-30% 〜 -70%
Plasma Firestorm
(プラズマ火災)
アーマーHPボーナス:+50%
サーマルレジスタンスに対するペナルティ:-30% 〜 -70%
Gamma-Ray Afterglow
(ガンマ線の残照)
シールドHPボーナス:+50%
エクスプローシブレジスタンスに対するペナルティ:-30% 〜 -70%


各属性のレジスタンスペナルティについては、サイトの難易度で数値が変化します。
Lv名称ペナルティ
Lv 1 Calm(静穏)-30%
Lv 2 Agitated(揺れ動く)-30%
Lv 3 Fierce(激しく動く)-30%
Lv 4 Raging(荒れ狂う)-50%
Lv 5 Chaotic(混沌)-70%

部分的な環境

Deadspaceの内部には特殊な効果を得られるガス雲が存在する場合があります。1つまたは複数、2種類ともある場合や、建造物と一緒に存在する場合もあります。
Bioluminescence Cloud(生物発光雲)


この白いガス雲の中に入ると、シグネチャ半径300%増加のペナルティを受けます。ターゲットのしやすさなどよりも、タレットやミサイルの威力が通りやすくなるのがお得感。もちろん敵の弾もよく当たるようになりますが、敵を誘い込みたいところ。
HUD上のアイコン

Filament Cloud(フィラメント雲)


この赤いガス雲の中に入ると、シールドブースターのキャパシタ使用量増加:70%、補助シールドブースターのチャージ使用量増加:100% のペナルティを受けます。敵NPCにキャパシタの概念があるのかはわかりませんが、とりあえずシールド艦は近づいてはいけない場所のようです。
HUD上のアイコン

トリグラヴィアンの建造物

Deadspaceの内部には、ゲートや貯蔵庫以外に、周囲に影響を与えるトリグラヴィアン由来の建造物が存在することがあります。この建物は見た目はステーションですが中に入ることはできません。どうしても邪魔であれば、破壊は可能です。
Multibody Tracking Pylon(マルチボディ・トラッキング・パイロン)


建物のうち、何もしなくても周囲に赤色のソナーのようなエフェクトをまき散らしている方がこちらです。

この建造物は、周囲にいる艦船にトラッキング速度増加:80% のボーナスを与えます。タレット艦にはありがたいのですが、余り近寄りすぎると敵艦にまで効果を及ぼすので注意が必要です。ミサイル艦の場合は敵を近寄らせないことだけを考えましょう。
名称によって効果範囲が異なります。
接頭辞効果範囲
 Short-Range  15 km 
 Medium-Range  40 km 
HUD上のアイコン

Deviant Automata Suppressor (デビアント・オートマータ・サプレッサー)


この建造物は、発動の条件を満たすまでは何も動きがありません。条件を満たすと、周囲に特定の対象にのみダメージを与える対空砲火を振りまき続けます。

その条件とは、対象となるドローン、ミサイルが効果範囲に入った場合です。その場合、対象に対して秒間100弱程度のダメージを与え続けます。ドローンはプレイヤーが展開中のドローンだけではなく、敵艦が展開中のドローンに加えて、ローグドローン艦、スリーパードローン艦も含まれています。つまり相手がドローンであればこの建物の近くに引き寄せるだけで倒してくれます。
(敵の”ドローン”種については、フリゲートまでしか倒してくれないという情報もあり)

もっとも、自分のドローンもあっという間に撃墜されてしまう可能性が高く、またミサイルは途中で撃墜されてしまうためにほとんど距離を飛ばなくなります。

名称によって効果範囲が異なります。
接頭辞効果範囲
 Short-Range  15 km 
 Medium-Range  40 km 

デッドスペースへの進入と帰還

Abyssal Filament(アビサル・フィラメント)

Abyssal Deadspaceへの進入には、Abyssal Filament(アビサル・フィラメント)という種類の特殊なアイテムを使用します。
このアイテムは、データサイトの攻略で入手できます。
Lvアイコン接頭辞
Lv 1 Calm(静穏)
Lv 2 Agitated(揺れ動く)
Lv 3 Fierce(激しく動く)
Lv 4 Raging(荒れ狂う)
Lv 5 Chaotic(混沌)

アイテムのレベルはアイコン内の角の数で判別できます。

また、Abyssal Filamentのアイテム名には、侵入先の空間の環境も含まれています。
接中辞環境の名称
Dark Dark Matter Field(ダークマター領域)
Electrical Electrical Storm(電気嵐)
Exotic Exotic Particle Storm(奇妙な乱れ飛ぶ粒子の嵐)
Firestorm Plasma Firestorm(プラズマ火災)
Gamma Gamma-Ray Afterglow(ガンマ線の残照)

これらを組み合わせ、Abyssal Filamentの名称はCalm Exotic FilamentのようにLvと環境の情報を含んで構成されています。

デッドスペースに侵入

宇宙空間でAbyssal Filamentを使用することでAbyssal Deadspaceに侵入できます。ただし、使用時はステーション・スターゲート・シタデル等のアップウェル系ストラクチャ・移動式貯蔵庫(Mobile Depot)が1,000km以内に存在しないことという条件を満たしている必要があります。もちろんこれは帰還直後に簡単に逃げたりアイテムを退避させたりできないようにするためです。

準備ができたらカーゴホールド内にあるフィラメントを右クリックして使用しましょう。
ソロ攻略(巡洋艦)の場合





使用されるフィラメントの種類や、巡洋艦しか入れないこと、20分の制限などなど、デッドスペース内の情報が表示されます。巡洋艦の場合は、以下の条件を満たせば画像のように右側のボタンが押せるようになります。

巡洋艦に搭乗している
フィラメントを使用できる位置(他のオブジェクトからの距離)にいる
ワープ中でない

特にTier 4、Tier 5のハイレベルなAbyssal Deadspaceは、攻略後に一定時間容疑者フラグ(Suspect Flag)がつき、誰からでも攻撃が受けられるようになります。そのため、セーフティを部分有効(黄色)または無効(赤色)にしておかないと入場できません。



何かの問題がある場合はACTIVATEボタンにカーソルを当てたとき、あるいは押したときにエラーメッセージが出ます。

何も問題ない場合はボタンを押して攻略を開始しましょう。かっちょいいエフェクトと共に艦船がAbyssal Deadspaceに侵入します。このエフェクトは自分だけでなく、近くにいる人も見ることができます。



侵入後はその場にAbyssal Traceというビーコンが残されます。帰還時に戦利品目当ての賊に襲われないように、特性を理解して注意して臨みましょう。

関連ページ:他人のAbyssを探知する

艦隊での攻略(フリゲート)の場合

フリゲートでの攻略(Abyssal Deadspace Co-op)の場合、同種のフィラメントを3つ同時に消費します。これはスタック、つまり重ねてある状態にしておく必要があります。





使用されるフィラメントの種類や、巡洋艦しか入れないこと、20分の制限などなど、デッドスペース内の情報が表示されます。フリゲートについては特に書いてありませんがほとんどの条件は同じなので気にしないようにしましょう。フリゲートの場合は、以下の条件を満たせば画像のように左側のボタンが押せるようになります。

フリゲートに搭乗している
艦隊に所属している
フィラメントを使用できる位置(他のオブジェクトからの距離)にいる
ワープ中でない

何かの問題がある場合はACTIVATEボタンにカーソルを当てたとき、あるいは押したときにエラーメッセージが出ます。

ボタンを押すと、巡洋艦の場合とは異なり、アクセラレーションゲートのアイコンがついたAbyssal Traceが生成されます。



このゲートっぽい奴に対して2,500 mまで接近してゲートと同様に起動すると、次のようなウィンドウが表示されます。この操作は内部に侵入する艦隊のメンバーが各自(起動者も含めて)行います。




艦種など同様の条件に問題がなければ、Activateボタンを押すと艦船が内部に侵入します。
艦隊で行うAbyssal Deadspace Co-opは3隻までフリゲートが入場可能です。入場が可能であるというだけで、別に1隻や2隻でクリアしても問題はありません。デッドスペースの攻略制限時間タイマー(20分)は、最初の艦が内部に侵入した時に動き始めるので、艦隊はなるべく同時に侵入するのが好ましいです。なお、このゲート状になったAbyssal Traceは、侵入する人が誰もいない場合は30分ほど持続します。侵入した人がいる場合は、当然ですがクリアのタイミングで消滅することになります。急に忘れ物を思い出しても、近場であれば大丈夫ということです。

Abyssal Deadspace Co-opの場合、途中で獲得できる報酬のアイテムの量が単純に3倍になります。

階層の突破

基本的に各階層の攻略はどれも同じです。必ず1個、画像のようなゲート、Triglavian Transfer Conduit(トリグラヴィアンの転送コンジット)が存在します。



全ての敵(敵が展開しているドローンは除く)を破壊すると、このゲートが展開し、アクセラレーションゲートのように通行できるようになります。



戦利品を回収し、次の階層に向かいましょう。

この時、モジュールは稼働したまま次の層に進むことができます。アフターバーナーやハードナーなどはつけっぱなしで大丈夫です。

階層ごとの報酬

Abyssal Deadspace内部の敵は破壊しても残骸になりません。アイテムも落としません。戦利品として期待できるのはTriglavian Bioadaptive Cache(トリグラヴィアンの環境適応貯蔵設備)です。



この建造物は300 HPしかないので、簡単に破壊できます。破壊するとおなじみの残骸となって中身が取り出せます(サルベージもできます)。これ以外には獲得できるものは何もないので、片手間にでも吹っ飛ばしてゲートを抜ける前に必ず回収しましょう。
階層ごとに1つずつ、合計3つ存在します。


加えて、Onslaught アップデートで追加されたTriglavian Extraction Node(トリグラヴィアンの抽出ノード)という構造が存在します。複数存在することも、また付随してTriglavian Extraction SubNode(トリグラヴィアンの抽出サブノード)が存在することもあります。これらは全ての層でほぼ確実に存在しています。



これは画像のように、アビサル・デッドスペース内部に存在する巨大なアステロイドや結晶構造にくっつく形で存在しています。つまるところ、かなり領域の外縁ギリギリにあるということです。この構造から獲得できるアイテムは製造などに使うアビスの資源限定なので、ぶっちゃけた話移動距離が長いわりにあまりおいしくなく、急いでるときは取り逃しても痛痒を感じないことでしょう。
貯蔵庫と同様に攻撃して破壊するとアイテムを採取できます。



帰還

最終層(3層目)には、Triglavian Origin Conduit(トリグラヴィアンの原初コンジット)が存在します。



形も役割もそこまでTriglavian Transfer Conduitと変わりません。敵を全て倒してこのゲートを潜れば、通常の宇宙空間に帰還できます。この時点でAbyssal Deadspaceクリアとなります。

帰還後は30秒間テザード禁止がつくので、安全確保に留意しましょう。




 トップページに戻る
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

Menu



EVEを始める
EVE ONLINEを始めるために
トライアルと課金

EVEガイド

▼基本操作








▼ミッション関連





▼PvPガイド




▼生産






▼各種ツール・ウェブサイト


▼下書き



リンク

公式サイト(Official site)
フォーラム
ポータル
法人WebSite 個人WebSite お役立ち WIKIPEDIA
(Japanese) (English) NEWS WebSite
(English) Killboard
(English)
【メニュー編集】

Wiki内検索

メンバーのみ編集できます