Sirlin Gamesの格闘ゲームFantasy Strike(ファンタジーストライク)のwikiです。PS4とSwitchは現在北米&ヨーロッパ版のみ(日本版予定あり)、steamでも好評稼働中。全て日本語対応済みです。

龍の導き手、マスター・ミドリ


強大なる緑竜へと変身しよう!


目標:弟子たちに格闘術と名誉を教える。
好き:名誉、子供、小さなスプーン
嫌い:規則破り、アヒルの鳴き声、海産物

主人公兄妹の育ての親であり、師匠。同じ龍人族の兄が居るが……

どんなキャラ?

投げ技主体の「投げキャラ」ちょっと変化形。ヒト形態とドラゴン形態が存在し、戦い方が変わる。
  • 長所
投げとYOMIカウンターが2ダメージなので投げの読み合いに強い。
歩きの遅さは突進技でカバーでき、当て身技により守りも強く、やられっぱなしになり辛い。
竜変化後は攻撃範囲の広い打撃と投げでさらにシビアな攻めが可能。
  • 短所
足が遅い。
接近手段があるとはいえ奇襲的なもので、徹底して待たれると辛い。
ドラゴン形態の突進技も軌道や速度が一定かつモーションが長く、融通が利きにくい。
そのため距離を置いて丁寧に様子を見られると意外に厳しい。

基本パラメータ

体力:7 やや多い
スーパーゲージの貯まりやすさ:かなり遅い(約19秒)

技一覧(ヒト形態)

A 手刀(連打で百裂)

振りおろしチョップ。1ダメージ。
動作中に再度Aを押すと連打パンチが出る。2〜3ヒットするが1ダメージ。チョップから連続ヒットする。またこの連打パンチには削りダメージがある。
早出しで対空に使えるが、頭上の判定は強くないのでめくり気味の飛びは落としにくい。

前+A 2連撃(連打で百裂)

2連撃。連続ヒットして合計2ダメージ。キャンセル不可。
1発目の動作中に再度Aを押すと、2発目が上述の連打パンチになる。2〜3ヒットするが1ダメージ。1発目から連続ヒットする。またこの連打パンチには削りダメージがある。ガードさせて有利。

後ろ+A 足払い

足払い。1ダメージ。相手をダウンさせる。キャンセル不可。
隙が少なく、ガードさせても1Fしか不利がない。

空中A ジャンプキック、かかと落とし

ミドリの空中Aは、前後ジャンプ時と垂直ジャンプ時でモーションが変わる。両方とも1ダメージ。
地上技で追撃可能。

前後ジャンプ時には少し斜め下に向かって蹴る。
発生が遅く、下方向に判定が偏っているため空対空としては信頼できない。
めくり判定も薄い。

垂直ジャンプ時には真横に向かって足を振りおろす。このモーション中にレバーを入れると、その方向へ少し移動できる。
斜めジャンプAと比べて横方向への判定が厚いので、相手の飛びに対しての置き技としてはこちらのほうが優秀。
前後に移動できる為、飛び道具を垂直で避ける際にも活躍する。

T 投げ技

さば折り。2ダメージ。他キャラの投げと違って相手がダウンしない。
ガード不能で、相手は掴まれてから着地するまでスーパーゲージの上昇が止まる。またレバーを後ろに入れながら出すと相手を後ろに投げられる。
相手キャラによって有利フレームに大きな差がある。対セツキは投げても不利なので注意しよう。

投げキャラだけあってリーチが長い…のは確かだが、実はラムの方が長い。体格の差だろうか?

B 飛龍脚

真横に向かって飛ぶドロップキック。1ダメージ。相手をダウンさせる。
喰らい判定が薄く、攻撃判定も強いため対空技としても使える。

浮いているので地面付近には食らい判定が無く、打点の低い技を飛び越して当てられる事もある。移動にも便利。ただしガードされるとリーチの長い技を色々食らう羽目になる。

空中B 空中飛龍脚

地上同様に真横に向かって飛ぶドロップキック。1ダメージ。相手をダウンさせる。

移動や奇襲に便利だが、技後の落下中は隙だらけ。

C 大防御

返し技。体が緑に光っている間に相手の攻撃(飛び道具以外)を受けると、完全無敵の反撃技が発生する。ヒットすればスーパーゲージが3割程度増加する。
最初の1フレーム目には返し判定がついていないので被起き攻め時でしっかり重ねられている状況では使えない。

また、反撃を当てた後は体が黄色に光り、構えが変わる。この間に相手が投げ間合いに入ると、自動的に相手を投げる。この時の投げは1ダメージ。YOMIカウンターされないが、ジャンプの出がかりを掴むことはできない。

空中C 罰百貫

斜め上に少し浮き上がってからヒップアタック。1ダメージ。相手をダウンさせる。

若干遅いが、奇襲に使えたり、相手の背中めがけて落ちてガード方向を狂わせたりできる。

S 龍变化

ドラゴン形態に変身する。変身中はスーパーゲージが徐々に減っていき、およそ13秒程度でゲージが空になって変身が解ける。このゲージはラウンドを跨いでもなくならない。
ドラゴン状態の通常投げとC投げ中はドラゴンゲージが減らない。

ドラゴン形態への変身中は背景が暗転して時間が止まり、変身が終わってミドリが行動可能になってから暗転が解除される。逆に変身が解けてヒト形態へ戻る時には、ミドリが行動可能になる前に暗転が解除されてしまう。動ける相手の目の前で変身を解く羽目にならないように注意。
暗転中の時間停止を利用して相手の動きを確認するカンニングも強力。

空中S 龍变化

ドラゴン形態に変身する。地上版と同様。
変身後に空中行動可能。

YOMIカウンター

怒涛の21連撃。
2ダメージ。成立した時点でスーパーゲージが満タンになる。
ミドリはスーパーゲージの溜まりが遅いため、2ダメージであることもあわせてかなりリターンが大きい。

技一覧(ドラゴン形態)

A ハネ上げ、飛翔撃

前かがみになって羽を打ち合わせる。1ダメージ。横方向のリーチは短いが、縦方向にはめっぽう長い。地面に振り降ろした腕から羽の先まで攻撃判定がある。
BまたはCでキャンセルできる。Bなら連続ヒットし、Cならガードしている相手を捕まえられる。

動作中に再度Aを押すと斜め上に飛び上がる。1ダメージで1段目から繋がり、相手をダウンさせる。落下し始めた直後から行動可能で、空中技を1発出せる。

前+A かみつき、酸のツバ吐き

噛みつき。横へのリーチに優れる。1ダメージ。

動作中に再度Aを押すと酸のブレスを吐く。1ダメージで1段目から繋がる。また削りダメージがある。

後ろ+A 龍尾旋

尻尾で足元をなぎ払う。前+A以上にリーチが長い。1ダメージで相手をダウンさせる。

空中A 爪撃(2回ヒット)

腕を2回振り回す。それぞれ1ダメージずつ。連続ヒットするが、垂直ジャンプから先端を当てると2発目が届かないこともある。
空対空で当てた場合も追撃可能。

T 投げ技

相手を掴んで地面に叩きつける。2ダメージ。こちらもヒト形態同様、相手がダウンしない。
ガード不能で、相手は掴まれてから着地するまでスーパーゲージの上昇が止まる。またレバーを後ろに入れながら出すと相手を後ろに投げられる。
こちらは投げてもほぼ全キャラに対してフレーム不利をとられてしまうので攻め継続しにくいのが難点。

体が大きくなったおかげで投げ間合いもルークと互角の長さになる。

B 地龍猛進

真横に向かって飛ぶ頭突き。1ダメージ。相手をダウンさせる。
ヒト形態と比べて判定・発生が大幅に強化され、かなり使いやすい技になっている。

相手に当たって後ろに飛んでいる時に行動可能で、空中技を1発出せる。Cで投げに行ったり、それを嫌って跳んだ相手にBを当てたりもできる。

空中B 天龍猛進

地上同様に真横に向かって飛ぶ頭突き。1ダメージ。相手をダウンさせる。

こちらは地上版と異なり、技後の落下中は隙だらけ。

C 龍王撃砕

前方に移動してから掴みかかる投げ技。2ダメージで相手をダウンさせる。YOMIカウンターされないが、ジャンプの出がかりを掴むことはできない。
1F目からアーマーがつく。
相手の打撃を何発受けてもモーションが中断されない。
投げ後はドラゴン状態の強力な起き攻めへ移行できるのでリターンが抜群。ダウンをとって起き攻めで倒し切るのはドラゴンの勝ちパターンの一つ。

空中C 龍爪天襲

斜め下へ飛びながら掴みかかる投げ技。2ダメージで相手をダウンさせる。YOMIカウンターされないが、ジャンプの出がかりを掴むことはできない。

地上版のようなアーマーは無いが、こちらは投げ判定の持続時間がやたらと長い。途中から水平飛行するので、ある程度の高さから出せば1画面くらいの距離を飛んで相手を捕まえられる。逆にあまり低い所で出すと途中で着地してしまい、そのモーション中に隙を晒すので注意。

YOMIカウンター

逆に相手に掴みかかり、至近距離で酸のブレスを浴びせる。
2ダメージ。成立した時点でスーパーゲージが満タンになる。つまり変身の残り時間がリセットされる。

コンボ

人間形態

A→追加A

手軽に地上で2ダメージ取れるコンボ。
ガードされても確反無し、削りダメージ有りなので入れ込んでしまっても大丈夫。
慣れてきたらヒット確認も練習しよう。

A→B

近距離限定。離れていると連続ヒットしない。
Bでダウンが取れる。特に端では距離が離れないので起き攻めへ移行できるのでリターン大。
ヒット確認可能。

A持続当て→A→追加A

端限定。グレイヴ、アルガガーグ、ヴァレリーは非対応。
地上の打撃重ねから3ダメージ取れるコンボ。
ダウンは取れないが火力は高いので、殺しきり択に。
ジェイナのリバーサル無敵技に対して詐欺重ねになる。

空中A→前A

基本の飛び込み3ダメージコンボ。
空中Aは対地だけではなく、空対空で当たった場合も状況によっては追撃できる。
特に画面端付近で空中Aが空中ヒットした場合は前Aで必ず追撃しよう。

空中A→後ろA

空中A→前Aが当たらない遠い間合いの時や、ダウンが取りたい場合に。

(空対空)空中A→S→ドラゴン後ろA

普通は追撃できない状況でもドラゴンに変身することでリーチの長いドラゴン後ろAが連続ヒットする。
相手が残りHP2の状況ならしっかりこのコンボで殺しきろう。

空中C→各種追撃

空中Cを空中の相手に高めに当てると追撃できる。
ドラゴン形態

A→追加A

地上での基本コンボ。ダウンが取れる。
ヒット確認可能なのでしっかり画面を見よう。

対空A→追加A→空中A→後ろA

5ダメージコンボ。非常に火力が高いが狙える状況は限られる。
高さが低かったり、距離が遠い場合は空中Aがつながらない。
ラムの空中Bやミドリの空中Cなど、見てから安定して5ダメージ取れる状況もあるので見逃さないようにしたい。

(空対空)空中B→B

端付近限定。空対空で突進を当てると追撃可能。
端にかなり近い状況なら、地上A→追加Aでも追撃可能。

(空対空)空中A→B

中央で空対空から3ダメージ。
端ならA→追加Aがつながるので4ダメージで非常に高火力。

(最低空で)空中B→前A→追加A

一応つながったりする。低空Bはガードされても有利。

連携・起き攻め

ヒト形態A→投げ

ガードされても有利がとれる為、当て投げを狙える。
AがヒットしていればBまたは追加Aまで入れて2ダメージを取る。
ガードされてた場合は投げか、打撃、ディレイキャンセルBなど。
セツキは投げられ判定が小さく、Aからの当て投げは届かない。

(構え状態で)構え投げ or 通常投げ or 打撃

3択。相手は構え投げにはジャンプ、通常投げにはYOMIカウンター、打撃にはガードをしなければいけない。
よって純粋な3択となる。

ドラゴン形態A→通常投げ、C、打撃など

ドラゴン形態のAもガードさせて有利が取れるので当て投げなどいろいろできる。
Aがヒットしていたときは追加Aをヒット確認して出して起き攻めへ。
有利フレームを使って通常投げやC、ディレイ追加Aで打撃択など。
打撃かCがあたると起き攻めがループするので一番おいしい。通常投げは投げが成立してもダウンせず不利フレームを背負うので起き攻めは不可能。

(ダウンしている相手に対して)B

相手の起き上がりにすれ違うようにBを出すとめくりになる。
ヒト形態、ドラゴン形態どちらでも可能。

キャラ対策

グレイヴ

ジェイナ

ミドリ

セツキ

ルーク

ディグレイ

ガイガー

ヴァレリー

アルガガーグ

ラム


投げ後のフレーム状況
人間形態ドラゴン形態
前投げ後ろ投げ前投げ後ろ投げ
グレイヴ+5+3-5-3
ジェイナ+6+4-4-3
ガイガー+5+3-5-3
アルガガーグ+9+7-1+1
セツキ-2-4-12-11
ヴァレリー+6+4-4-3
ルーク+7+7-9-7
ミドリ+1-1-9-7
ドラゴン  -5-7-15-14
ラム+5+3-5-3
ディグレイ+1-1-9-7

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

編集にはIDが必要です