ハンゲーム内、ファンタジーウォーカーの攻略wikiです。




剣スキル

剣の心得剣での戦いの技術
レベルに応じて剣による攻撃のダメージが上昇する
習得条件なし必要SP4×15
(合計SP0)
消費MP-攻撃倍率-
-
溜め斬り力を溜めて威力の乗った攻撃を繰り出す
敵1体に中ダメージを与える
習得条件剣の心得Lv1必要SP5+3×14
(合計SP4)
消費MP30〜15攻撃倍率1.30
基本消費30の単体中ダメージという、FW界のスタンダード。
一閃までのつなぎですが、特に癖もなく扱いやすいスキルです。
剣侍の場合、一閃より操気を先に取るケースが多いためかなりの長期間メイン技となります。
一閃目にもとまらぬ速さで敵に切りつける
敵1体に大ダメージを与える
習得条件剣の心得Lv10必要SP5+3×14
溜め斬りLv10
(合計SP72)
消費MP35〜18攻撃倍率1.50
基本消費35の単体大ダメージという、FW界のスタンダード。
上位の居合よりMP消費量が少なく威力はさほど変わらない為、精神の薬の使用を前提としないのならば最終スキルとなります。
居合い抜き打ちざまに敵の急所を打つ、侍独特の剣技
敵1体に大ダメージを与え、時々相手を即死させる
習得条件剣の心得Lv12必要SP5+3×14
溜め斬りLv10
一閃Lv5
(合計SP97)
消費MP51〜26攻撃倍率1.60
即死は対象のHPと同値のダメージを与える状態異常です。
そのおかげで道中で威力を発揮し、状態異常スキルとしてはMP消費が低め。
当然ですがボスに対して即死効果は通用しません。
 
威力は通常の大ダメージスキルより大きく、1.6倍
しかし総ダメージで言うと、最低でもMP234無いと一閃に劣ります。
具体的には、レベル80の時点ですら76もの補強が必要になります。
 
ただでさえ命中に不安を抱える侍にとって、この高MP負担との両立は極めて困難です。
精神の薬を使い続ける覚悟が無いのなら一閃で止めたほうが無難でしょう。
また、薬の使用を前提にしてしまうと雇用に悪影響が出る危険もあります。
衝撃波衝撃波でより多くの敵を一度に攻撃する
敵前列に小ダメージを与える
習得条件剣の心得Lv4必要SP5+3×14
(合計SP16)
消費MP53〜27攻撃倍率1.15?
基本消費53の狭範囲小ダメージという、FW界のスタンダード。
基本的には対象範囲に2体以上の敵がいるときにしか使われません*1
つまり、ボス戦では燃費のいい溜め斬り一閃を優先してくれます
これを習得しているからといって不利になるケースは稀ですので、
スキルポイントが許すのであれば併用するのも良いでしょう。
ただし道中用スキルとしては居合いと被りますので、習得するならどちらか片方にすべきです。

自前で習得しなかった場合であっても、手軽に範囲攻撃を付けられるというのは
傭兵としての魅力の一つになりえますので、スキルポイントを5点残しておくと雇用面で有利になるかも。

対象が「前衛」と固定されている関係上、
同じ効果範囲の攻撃役を複数用意すれば必然的に同じ敵を狙いますので、
第1ターンで敵の数を減らすのには最適です。
烈風剣巨大な衝撃波で多数の敵を一度になぎ払う
敵前列と中列に小ダメージを与える
習得条件剣の心得Lv8必要SP5+3×14
衝撃波Lv5
(合計SP53)
消費MP79〜40攻撃倍率1.15?
衝撃波の範囲拡張版で、基本的な性質はほぼ同様です。

槍スキル

槍の心得槍での戦いの技術
レベルに応じて槍による攻撃のダメージが上昇する
習得条件なし必要SP4×15
(合計SP0)
消費MP-攻撃倍率-
-
武器落とし相手の武器や爪などにダメージを与える一撃
敵1体に小ダメージを与え、攻撃を低下させる
習得条件槍の心得Lv1必要SP5+3×14
(合計SP4)
消費MP40〜20攻撃倍率1.15?
攻撃対象の攻撃値を約20%減少させます。実際のダメージ軽減量で言うと30〜40%程度です。
発動率は100%ですが、重ね掛けはできません。
レベル差の大きい強敵に特に有効で、一撃必殺級の破壊力を持ったボスが相手なら大いに活躍します。
 
ただ、技自体は小ダメージのわりに消費が重いですので、素で攻撃に耐えられる相手ならばダメージ効率にはマイナスとなります。
十字崩し連続突きで相手の武器と肉体を同時に傷つける
敵1体に中ダメージを与え、攻撃を低下させる
習得条件槍の心得Lv8必要SP5+3×14
武器落としLv5
(合計SP49)
消費MP45〜23攻撃倍率1.30?
武器落としの威力を改善したスキルです。習得条件は緩く、MP消費もあまり増えていません。
操気の法があれば特大ダメージ相当の威力が出ますし、
ボス相手に攻撃低下系の槍スキルを使いたいなら十字崩しを持つ侍が最有力の選択肢になれます。
守り崩し相手の鎧やウロコにダメージを与える一撃
敵1体に小ダメージを与え、防御を低下させる
習得条件槍の心得Lv1必要SP5+3×14
(合計SP4)
消費MP46〜23攻撃倍率1.15?
攻撃対象の防御値を約30%減少させます。実際のダメージ増加量で言うと3〜8%程度です。
発動率は100%ですが、重ね掛けはできません。
高レベルの敵に対してはあまり効果的ではありませんので注意が必要です。
 
武器落としもそうですが、上位スキルに必要なレベルが5と低いため、
高い消費のまま長期間運用せざるを得なくなるのが欠点といえば欠点ではあります。
かぶと割り鋭い一撃で相手の鎧と肉体を同時に破壊する
敵1体に中ダメージを与え、防御を低下させる
習得条件槍の心得Lv8必要SP5+3×14
守り崩しLv5
(合計SP49)
消費MP52〜26攻撃倍率1.30?
疾風突き目にもとまらぬ速さで敵陣に切り込む
敵一列に小ダメージを与える
習得条件槍の心得Lv4必要SP5+3×14
(合計SP16)
消費MP53〜27攻撃倍率1.15?

弓スキル

弓の心得弓での戦いの技術
レベルに応じて弓による攻撃のダメージが上昇する
習得条件なし必要SP4×15
(合計SP0)
消費MP-攻撃倍率-
-
狙い撃ち相手の弱いところを狙って矢を放つ
敵1体に中ダメージを与える
習得条件弓の心得Lv1必要SP5+3×14
(合計SP4)
消費MP30〜15攻撃倍率1.30
単体中ダメージスキル。他ジョブの同効果スキルとまったく同じ性能です。
上位スキルが重いので、キャラによってはここで止めたほうがボス戦では優位かもしれません。
中ダメージでは少々頼りないようにも見えますが、
十分な命中値があったとしても狙い撃ち×10=落鳳の矢×6+通常攻撃×4となります
(命中性能が低い場合は、狙い撃ち×10>落鳳の矢×8)。
落鳳の矢相手の急所を正確に射抜き、息の根を止める
敵1体に大ダメージを与え、時々相手を即死させる
習得条件弓の心得Lv12必要SP5+3×14
狙い撃ちLv12
(合計SP86)
消費MP51〜26攻撃倍率1.60
剣の居合いとほぼ同様のスキルで、通常の大ダメージスキルより威力が高いのも同じです。
ですがこちらには一閃に相当するスキルがありませんので、
ボス戦ではダメージの低い狙い撃ちか燃費の悪い落鳳の矢かという二択を迫られることとなります。
貫きの矢高速で放たれた矢が敵を貫通する
敵一列に小ダメージを与える
習得条件弓の心得Lv4必要SP5+3×14
(合計SP16)
消費MP53〜27攻撃倍率1.15
ごく標準的な範囲攻撃スキルです。
ボス戦では狙い撃ちや精密狙撃が優先されますので、剣技の衝撃波とほぼ同様に運用することができます。
ただし、一列攻撃は攻撃対象にランダム要素が入りますので、
複数人に持たせても特定の敵を集中攻撃してくれるとは限りません。
後列撃ち山なりの一撃で直接後衛を狙撃する
敵後列に小ダメージを与える
習得条件弓の心得Lv8必要SP5+3×14
(合計SP32)
消費MP53〜27攻撃倍率1.15
全スキル中唯一、後衛をピンポイントで狙うスキルです。
ただ他の味方との連携がしづらいうえ、後衛に脆い敵がいるとも限りませんのでやや扱いづらいかもしれません。
さみだれ撃ち無数の矢を敵の隊列に浴びせる、かく乱攻撃
敵全体に小ダメージを与え、時々相手を混乱させる
習得条件弓の心得Lv8必要SP5+3×14
貫きの矢Lv12
後列撃ちLv12
(合計SP108)
消費MP106〜53攻撃倍率1.00
小ダメージと表記されてはいますが実際には微ダメージ程度の威力しかありません
味方の使用できる唯一の全体物理攻撃です。
 
混乱は対象の行動を通常攻撃に限定させ、さらに攻撃対象がランダムになる(ときどき同士討ちする)効果です。スキル封じの上位互換といえるでしょう。全体対象であるためか、混乱の付加確率は低めのようです。JRPGでは攻撃を受けると解除されるよう設定されていることが多いですが、FWではターン経過や浄化などでしか回復しません。

武士スキル


武士の心得忠義と自己犠牲で仲間を攻撃から守る
レベルに応じて自分が攻撃目標にされやすくなる
習得条件なし必要SP4×10
(合計SP0)
消費MP-攻撃倍率-
一見すると、耐久力が中途半端な侍の死亡率が上がるデメリットスキルのように見えます。
ですが実際攻撃を肩代わりするのは自分の真後ろにいるキャラだけです。
よって、例えば2-0-3のような陣形を取っている場合には何の効果も発揮しません。
メリットこそありませんがデメリットにもなりませんので、安心して操気の法まで突き進みましょう。
見切り敵の動きを読み、攻撃をかわす
レベルに応じて物理攻撃を回避しやすくなる
習得条件武士の心得Lv1必要SP4×10
(合計SP4)
消費MP-攻撃倍率-
スキルを含む物理攻撃を回避します。回避率はレベル10で20%程度です。
矢返し相手の矢を受け止め、弾き返す技
射撃攻撃を受けた時、まれに反撃。レベルに応じて発生
習得条件武士の心得Lv3必要SP4×10
見切りLv5
(合計SP32)
消費MP-攻撃倍率-
敵の弓使いの出現頻度を考えると、これに振るのはSPの無駄と言ってよいでしょう。
魔よけ侍独特の精神統一法で魔法を退ける
レベルに応じて魔法攻撃を回避しやすくなる
習得条件武士の心得Lv3必要SP4×10
見切りLv5
(合計SP32)
消費MP-攻撃倍率-
気合い意志の力で肉体や精神への悪影響を克服する
ターン開始時に自分のステータス異常を自動的に治す
習得条件武士の心得Lv6必要SP15
(合計SP24)
消費MP-攻撃倍率-
同効果のスキルを持つ武闘家・僧侶と3ジョブだけで編成すれば、
それだけで状態異常対策は完璧です。
非常に強力なスキルで、操気の法取得のついでに取れるため無駄もありません。
操気の法武器に気を込める事で一撃の威力を高める
自分の攻撃が大きく上昇
習得条件武士の心得Lv9必要SP20
気合いLv1
(合計SP51)
消費MP-攻撃倍率-
すべてのダメージが1.3倍になります。
大雑把に言うと小ダメージが大ダメージに、中ダメージが特大ダメージになるくらいの効果です。
これと一閃が両方習得できるレベルを超えると、ボス戦は侍の独壇場になります。
それくらい強力なスキルです。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます