表現の自由にまつわる言説の事実関係を検証しています。

 このページは2023年に起こった表現の自由に関する物事を時系列順に記録するものです。
 2023年以外の年表は年表の一覧を参照してください。

1月

4日:東京都若年被害女性等支援事業に関する住民監査請求監査の結果が公開される*1
13日:名古屋市がこれまで支払いを拒否してきたあいちトリエンナーレの負担金を支払う。ただし、河村たかし名古屋市長は仮払金であると主張*2
18日:令和4年第10回草津町議会定例会の動画が公開され、議会が自身を批判した弁護士への懲戒請求を可決したことが明らかに。議会自体は昨年12月に開催*3
27日:馳浩石川県知事、自身の出場したプロレスイベントの映像を石川テレビに提供せず。同社が2022年10月に公開した映画『裸のムラ』で自身の映像が無断で使用されていたためと主張*4
31日:神奈川新聞記事について、佐久間吾一(地域政党かながわ)が損害賠償を訴えていた訴訟の判決。記事に関する請求はすべて退けられたものの、街頭演説の際の発言について一部請求を認める*5

2月

2日:法制審議会の部会が戸籍法の改正要綱案をまとめる。名前の読み方に一定の制約を設ける方針*6
12日:河野太郎デジタル大臣がマイナンバーカードによるSNSでの年齢認証を行う案に言及*7
14日:日本学術会議の歴代5会長が政府による改革方針の再考を促す声明を公表*8
16日:広島市で平和教育に使用される教材が改訂。『はだしのゲン』が使用されなくなることが明らかに*9
21日:金沢市が2017年に市役所敷地内の広場で護憲集会の開催を許可しなかった件について、最高裁が市民団体側の上告を棄却。市の対応を合憲と判断。宇賀克也裁判官は反対意見を述べる*10
28日:石嶺香織元宮古島市議が産経新聞に損害賠償を求めた裁判判決。東京地裁は産経新聞に11万円の支払いを命じる。記事が「基本的な取材を欠いた」ものだと指摘される*11

3月

2日:小西洋之参議院議員が放送法における「政治的公平性の解釈について」文書を公開する。放送法の解釈を変更し、政治的公平性を放送局全体で判断する解釈から、番組1つで解釈できるようにするものだった。高市早苗総務大臣(当時)は文書は捏造であると主張*12
3日:Colaboが都から委託している事業について、監査が求めた再検査の結果が公表される*13
7日:総務省が小西の公開した文書について、省庁内で存在を確認したと公表*14
17日:世耕弘成参議院議員が提訴した中野昌宏青山学院大教授に対するスラップ訴訟で和解が成立。裁判所はいきなり提訴したことを批判*15
28日:兵庫県姫路市の公立高校で、卒業生の髪型を理由に式に出席させない対応が行われる*16
31日:映画『主戦場』の上映禁止や損害賠償を求めた裁判の上告審の判決が明らかになる。原告の請求が退けられる*17
31日:立憲民主党の泉健太代表が小西洋之参院議員を参院憲法審査会の野党筆頭幹事を更迭すると発表。憲法審査会について、「毎週開催はサルがやることだ」と発言*18

4月

6日:2021年3月に名古屋出入国在留管理局で死亡したウィシュマ・サンダマリさんが亡くなる直前の映像が遺族側弁護団によって公開される*19
7日:斎藤健法務大臣が会見で、ウィシュマさんの動画が公開されたことについて『原告側が勝手に編集をしてマスコミに提供して、公開したものである』と発言*20
9日:統一地方選前半の投開票日。選挙期間中にも女性支援団体への攻撃を続けた浅野文直川崎市議が再選
9日:鈴木直道北海道知事、一部報道局の取材を拒否。当選直後のインタビューで。12日報道*21
11日:斎藤健法務大臣が会見で、ウィシュマさんの動画が公開されたことについて『名誉、尊厳の観点から問題がある』と発言*22
11日:立憲民主党が小西洋之参議院議員を注意の処分。小西は党の参院政審会長を辞任*23
12日:津田大介が百田尚樹に対し損害賠償を求めた訴訟の判決。東京地裁はTwitterにおける6件の投稿を違法と認定し30万円の支払いを命じる*24
12日:小西洋之、杉尾秀哉両参議院議員が産経新聞と門田隆将に対し損害賠償を求めた裁判の判決。東京高裁は計220万円の支払いを命じた第一審判決を支持*25
12日:大阪府で開業を目指す統合型リゾート施設(IR)のイメージが公開される。イメージ内で奈良美智・村上隆らの作品が無断で使用される*26
13日:山田太郎参議院議員、こども家庭庁の若年層の性暴力被害予防月間に関するポスターの取り下げを主張*27*28
15日:岸田文雄総理大臣が遊説先の和歌山市で爆発物のようなものを投げ込まれる*29
18日:日本学術会議、政府が検討中の学術会議改正法案について国会への提出をとどまり協議の場を設けることを求める勧告を出すことを決める*30。これに対し世耕弘成参議院議員は「仲間内で人事を決めていたことこそ不公正だ」と主張*31
20日:政府が学術会議改正法案の今国会への提出を見送る*32
21日:荒井勝喜前首相補佐官のセクシャルマイノリティへの差別発言を報じた記者が左遷させられたことが報じられる*33
24日:Colaboが浅野文直川崎市議を提訴。浅野が投稿した動画が名誉毀損にあたると主張*34

5月

10日:松井一郎前大阪市長、退職金を廃止しその分を給与に上乗せすることで年収を増やしたと主張した市民のツイートに法的措置を仄めかす*35
16日:松井一郎前大阪市長が水道橋博士前参議院議員に対し損害賠償を求めた裁判の判決。大阪地裁はYouTubeに投稿された動画のサムネイルを引用したツイートが名誉毀損にあたると認定*36
21日:G7広島サミット2023が行われる。警備にあたる警察官がデモへの攻撃を行う、記者へ撮影データを消すよう迫るなど様々な問題を起こす*37
24日:東京都多文化共生推進課が、高麗博物館が主催する「関東大震災から100年の今を問う〜過去に学び、未来の共生社会を作るレッスン〜」の後援を区の施策と異なるとして拒否。*38
26日:新藤かな港区議が入管法問題に関する高校生主催のイベントに対し『特定の思想に寄りすぎている』と発言。*39
30日:杉田水脈衆議院議員が科研費の助成を受けた研究を「捏造」などと発言したことに対する損害賠償請求訴訟の控訴審。大阪高裁は賠償の一部を認める。*40
30日:朝日新聞が「ルポ インディーズ候補の戦い」の連載としてColaboへの妨害を行った河合悠祐草加市議を取り上げる。妨害への言及はなし。*41

6月

3日:河村たかし名古屋市長、名古屋城天守の木造復元をめぐる市民討論会でなされた障害者差別発言を制止せず、5日の会見でも言論の自由として擁護。*42
7日:沖縄防衛局職員が辺野古新基地移設への抗議活動に参加する市民へ「気違い」と複数回発言。*43
8日:世耕弘成参議院議員、入管法改正案が参院法務委員会で採決された際に声をあげた記者がいたとして「記者記章を取り上げる必要がある」と発言。*44
8日:埼玉県の県営公園で開催予定だった水着撮影会が中止要請を受ける*45
14日:愛知県議会の議会運営委員会で、無所属及び一人会派の議員の一般質問を任期中1回に限る決定。*46
19日:NHKが軍艦島の映像の一部を使用しない方針を示す。外交部会と「日本の名誉と信頼を確立するための特命委員会」の合同会議で。*47
21日:徳島県職員が東京地裁における石川優実に対する名誉毀損訴訟で敗訴。*48
22日:週刊新潮による岐阜市の陸上自衛隊射撃場での銃乱射事件の容疑者の実名報道に日弁連が声明。*49
26日:いわゆる「Dappi」裁判で被告企業の社長が出廷。投稿者の名前の開示を拒否。*50
26日:五十嵐えり東京都議へ銃撃を仄めかすメールを送ったとして男が逮捕。*51
27日:矢口やすゆき杉並区議がNHKドラマ『やさしい猫』について、放送すべきではないとTwitterで発信。*52
29日:公益財団法人「西成労働福祉センター」に向けて設置された監視カメラを妨害したとして威力業務妨害に問われた裁判の判決で無罪判決が下る。*53

7月

2日:菅原一秀前衆議院議員がNHKドラマ『やさしい猫』を『不法滞在を認める、もしくは助長する』もので受信料で作成すべきではないとTwitterで発信。*54
6日:北海道警がヤジ訴訟で上告。*55
7日:杉田水脈衆議院議員がいわゆる従軍慰安婦を象徴する少女像が歴史に反し撤去すべきだとTwitterで発信。*56
21日:岐阜市でポスター展。5月から6月に大垣市で開催された「世界の女性ポスターデザイナー展」で展示から除外された反戦や反核などをテーマとする作品も展示。*57
24日:大阪府吹田市教育委員会がすべての市立小中学校の児童・生徒に対し、君が代の歌詞を暗記しているか調査していたことが報じられる。2012年から5回、自民党市議の質問をきっかけに。*58
31日:関東大震災時の朝鮮人虐殺を追悼する式典の実行委員会が、小池百合子東京都知事へ追悼文を送るように要請*59
31日:佐世保市が原爆写真店への後援を「政治的中立性が保てない」と拒否*60

8月

7日:国立科学博物館が標本の収集と保管を行う予算確保のためクラウドファンディングを実施*61
8日:ジャニーズの性被害問題で被害者を聴取した国連作業部会の指摘に、松野博一官房長官が「法的拘束力を有しない」と発言*62
14日:DJ SODAがイベント出演中に観客から性被害を受ける。21日に刑事告訴*63
18日:上山信一・大阪府特別顧問が美術作品の処分を示唆。地下駐車場に作品が放置されている問題で*64
24日:のりこえねっと対暇空茜裁判の判決。のりこえねっとの勝訴*65
27日:自民党の議員連盟「街の本屋さんを元気にして、日本の文化を守る議員連盟」(会長=塩谷立・元文科相)が図書館にベストセラーを過剰に購入しないことを求める提言*66
28日:総務省の情報公開・個人情報保護審査会が学術会議の任命拒否問題について、理由の不開示を妥当とする*67
28日:関東大震災時の朝鮮人虐殺を追悼する式典の実行委員会が会見。ヘイトスピーチ団体「そよ風」へ都が公園の使用許可を与えないよう求める*68
29日:杉田水脈衆議院議員が国立女性教育会館に関して「すでに役割を終えているのでこれらを削減して防衛費に当てられないか」「展示コーナーに並ぶ本が偏っている印象」などと発言*69
29日:大阪IRのPR動画で奈良美智らの作品を無断に使用していた問題で、IR推進局が許諾を断られながら使用していたことが明らかに*70
30日:松野博一官房長官が関東大震災時の朝鮮人虐殺について、政府内に記録が見当たらないと発言*71
31日:石嶺香織元宮古島市議が産経新聞を名誉毀損で訴えた裁判の高裁判決。名誉毀損を認定し、賠償金額を増額*72

9月

1日:関東大震災時の朝鮮人虐殺から100年*73
2日:大門実紀史前参議院議員の元公式サイトと同じURLで、氏がカジノを推奨しているかのようなサイトが作成される*74
12日:暇空茜がのりこえねっとを訴えた裁判の判決が確定*75
13日:盛山正仁衆議院議員が文部科学大臣となる。かつて灘中学校の歴史教科書採択に圧力*76
14日:はすみとしこが伊藤詩織を中傷した訴訟について、最高裁がはすみの上告を棄却。判決が確定する*77
15日:小田原市と市議会が職員と議員にベルマーレのユニフォーム着用を求める*78
19日:杉田水脈衆議院議員がアイヌ民族を侮辱した投稿について、札幌人権局が人権侵犯を認定*79
20日:日本行動嗜癖学会が香川県教育委員会に公開質問状。ゲーム障害に関する教材について*80
21日:江東区深川江戸資料館がイナリ王子・カズのイベントの受付を再開。差別的発言が問題視され受付を一時中止していた*81
22日:愛知大学が反戦デモに参加した学生3名を退学の懲戒処分*82
22日:米兵が辺野古移設反対のオブジェを破壊。米軍が補償金660円を提示*83
25日:岸田文雄首相がインボイスに反対する50万超の署名を受け取り拒否*84
27日:いわゆるオープンレター訴訟でオープンレター側が勝利的和解*85

10月

1日:いわゆるステルスマーケティングが不当表示として規制の対象に*86
1日:れいわ新撰組のやはた愛氏の政治活動用の自動車の窓が割られる被害。容疑者は13日に逮捕*87
2日:ジャニーズ事務所が性暴力加害について会見。会見に際し6名の記者をNGリストに入れたものを用意*88
4日:神奈川新聞記者の発言が名誉毀損とされた裁判の控訴審。東京高裁は名誉毀損であるとする原告の請求を棄却し、被告の逆転勝訴*89
5日:コロナ持続化給付金訴訟の第2審。性風俗業者側が敗訴*90
6日:植田真紀香川県議(立憲・市民派ネット)に対し県議会が問責決議を可決。海外視察計画を「北米観光旅行」と発言したことに対し*91
11日:群馬の森朝鮮人追悼碑について、追悼碑を守る会が撤去処分取り消しを求めて県に提訴*92
12日:神奈川県の在日コリアンに対し差別的な投稿を行ったとして損害賠償を求めた裁判の判決。「祖国に帰れ」などとする発言がヘイトスピーチ解消法の「不当な差別的言動」にあたると判断される*93
14日:岸田文雄首相による参院徳島・高知選挙区補欠選挙の街頭演説で「増税メガネ」などとヤジを飛ばした男性が排除される*94
16日:Colabo弁護団が会見を行い、暇空茜や浅野文直川崎市議ら4名を提訴したと明らかに*95
16日:Dappiによる誹謗中傷について、東京地裁が損害賠償を認める判決。投稿は会社の業務として、または社長が関与していたと認定*96
18日:杉田水脈衆議院議員が在日コリアンを侮辱した投稿について、大阪法務局が人権侵犯と認定。大阪法務局は杉田議員に啓発を実施*97
18日:ジャーナリストの有本香が「あいちトリエンナーレ2019」の芸術監督である津田大介について補助金詐欺の疑いがあるなどとした記述に対し、東京地裁が損害賠償の支払いを命じる*98
24日:内閣府が読売新聞の情報開示請求に対し、任命を拒否した日本学術会議の会員候補6名の名前を公開*99
24日:香川県議会が議員の海外派遣について「観光旅行」と批判された箇所を削除*100
26日:山田太郎参議院議員が買春報道のため文部科学政務官を辞任*101
31日:柿沢未途衆議院議員が、江東区長選における違法なネット広告を巡り法務副大臣を辞任*102
31日:国立大学法人法改正案が閣議決定。大学に新たな合議体の設置を義務付けるもの*103

11月

8日:田島陽子の講演を品川区が中止。処理水放出に関する発言を巡り*104
10日:埼玉県行政書士会が立澤貴明・越谷市議(自民党)の投稿に対し声明。クルド人差別発言をヘイトスピーチと断じる*105
14日:移民・難民フェスを巡る報道について、実行委員会が産経新聞に記事取り下げなどを求める通知書を発行*106
14日:煉獄コロアキを名乗る動画配信者が名誉毀損の疑いで逮捕される*107
17日:映画『宮本から君へ』の助成金不交付が最高裁で取り消される*108
17日:保坂展人・世田谷区長が刑事告訴。4月の区長選において、世論調査を装い虚偽の情報を流布されたとして*109
24日:新日本プロレスなどが塩村あやか参議院議員に抗議。「プロレス」という用語の使用法について。当日中に撤回*110
28日:NHKで放送予定だったインタビューの内容等を記載した資料が暇空茜を介してネットに流出*111

12月

4日:AFEEが山田太郎参議院議員を引き続き名誉顧問とする*112
7日:香川県観音寺市議会が岸上政憲市議へ辞職勧告。ヘイトスピーチ投稿のため*113
14日:上念司が音楽評論家の高橋健太郎を訴えた裁判に逆転敗訴。高橋が上念をレイシストなどと論評した投稿について*114
14日:福岡県弁護士会が、九州毎日放送が制作・放送したラジオ番組について、福岡県が太平洋戦争時の捕虜の炭鉱労働に関する発言を削除するよう求めたのは表現の自由の侵害と勧告*115
15日:猪瀬直樹参議院議員が東京新聞他を訴えた裁判に敗訴。2022年6月の街頭演説でのセクハラに関する報道について、東京地裁は報道は事実と認定*116
19日:松井一実・広島市長が会見で、教育勅語に民主主義的な発想があると主張し今後も研修で使用すると発言。教育勅語を職員研修に用いていた問題で*117
20日:田中ゆうたろう・杉並区議に対し、杉並区議会の8会派が抗議文を出す。移民や難民に対する差別、誹謗中傷などが理由*118
20日:津田大介が高須克弥に対し、名誉を毀損したとして起こした損害賠償請求訴訟の判決。東京地裁は高須に損害賠償命令*119
21日:松井一郎・元大阪市長が名誉毀損で水道橋博士を訴えた控訴審。大阪高裁は1審判決を支持*120
26日:広島地裁が安芸高田市に対し、山根温子・安芸高田市議の名誉を傷つけたとして損害賠償命令。石丸伸二・安芸高田市長が山根から恫喝を受けた受けたなどとSNSに投稿したことで*121
30日:警察がアメリカ大使館前でのイスラエル問題に関する抗議活動を排除*122

このページへのコメント

広島市立大の卒展でギャラリーストーカー出没、学生は恐怖で助け求め「警備を強化して」 - 弁護士ドットコム
ttps://www.bengo4.com/c_1009/n_15794/
坂上忍が圧力かけてきた政治家たちを実名暴露…なぜ「バイキング」は目の敵にされた?|日刊ゲンダイDIGITAL
ttps://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/319265

0
Posted by  2023年04月12日(水) 02:14:08 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます