当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

このページへのコメント

>用例:

やりとりをさかのぼると、nowhereman134氏は「私人の性質によっては可能ですが、原理的には別の話になります」とツイートしていて、公権力だけが表現の自由を弾圧できるとは主張していないようですね。
nowhereman134/status/1124918769367674882
Shin Hori氏はツイートだけを読んでも「私人の暴行脅迫妨害」をふくめていますので、企業による労働者の人権侵害をもちだしても反論にはならないでしょう。あくまで「不評」や「営業」という、それはそれで自由な表現の行使は表現規制ではないという当然の話をしているだけで、むしろShin Hori氏こそが表現規制反対派とすらいえますね。

0
Posted by ほっけ 2020年08月11日(火) 14:00:52 返信

このページにコメントする

ログインする

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます