当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2020年12月〜21年3月に高知市で開催予定の美術展で、金魚の泳ぐ水槽を美しくライトアップして見せるもの。
 2020年8月に東京・日本橋でオープンしたばかりの「アートアクアリウム美術館」の巡回展で、四国初上陸である。

 2020年10月15日の高知さんさんテレビの報道によると「女性の人権尊重を訴える5つの市民団体」が高知市役所に抗議に訪れた。
 動物愛護団体ならまだわかるが女性団体がなぜ金魚の美術展に抗議するのかというと、「花魁」という名前の作品があり、人身売買や買春を連想させるからだという。
 なおアートアクアリウム美術館には『花魁』のほか、『大奥』『超花魁』などの作品も存在する。

(『花魁』アートアクアリウム美術館公式サイトより)

 人身売買や買春であるというのでもなく、それらを助長するのでもなく、ただ連想させるだけであり、完全な言葉狩りでしかない。
 市は「きらびやかな江戸文化を表現した芸術であり人権侵害にはつながらず、県経済の回復に必要なイベント」と回答した。
 
参考リンク・資料:
アートアクアリウム公式サイト
高知市観光協会 アートアクアリウム展〜高知・金魚の海〜
「女性差別を助長させる」アクアリウム展に市民団体が訴え【高知】

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます