当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 SF・ファンタジー作品の中で、ジェンダーに対する理解に貢献する作品に対して与えられるアメリカの文学賞。センス・オブ・ジェンダー賞という日本版が存在する。
 1991年に創始された旧ジェイムズ・ティプトリー・Jr賞(ティプトリー賞と略される)から、2019年に改名されてこの賞名となった。
 由来となっていたジェイムズ・ティプトリー・Jrは『愛はさだめ、さだめは死』『たったひとつの冴えたやり方』『老いたる霊長類の星への賛歌』などの作者で、特に短編の名手である。Jrとあるように男性の体で作品を発表していたが、実際はアリス・B・シェルドンという女性である(1977年に公表された)。単に自身が女性だっただけでなく、作品内容も女性や性欲をテーマに踏み込んだものを幾つも著している。例えば『ヒューストン、ヒューストン、聞こえるか?』では女性だけの社会を描いている。

 改名の原因は、彼女が認知症の夫と心中したことである。
 彼女は認知症が悪化した夫をショットガンで射殺し、直後に自分自身をも撃って自殺した。この行為は以前からの夫婦間での「自殺契約」に基づいたものだったという。
 このことが2019年になってから問題視され、ティプトリー賞運営委員会に「改名要求」を行った者がいた。これはSF界で別の著名な賞であるキャンベル賞が、アスタウンディング賞に改名されたことを受けているという。

 そもそもティプトリー賞はティプトリーの没後に創始されたもので、その時点で彼女が心中で亡くなったことは特に伏せられていたわけでも何でもない。とっくに分かっていた「不祥事」が2019年になって急に蒸し返されたのである。
 まるで「自殺はいけないことだから」と、三島由紀夫賞や川端康成賞の名前を変更するような愚行であった。

 では、アザーワイズとは何か?
 これは「ブラック・クィア・フェミニスト・スカラーシップ」の「アザーワイズ・ポリティクス」という概念から取られたという。これは「進むべき別の方向を見つけること」を意味しているというが、つまりSFとは何の関係もない。
 ティプトリーの業績は、ジェンダーとSFの両方にまたがるものとして賞の名前になったのだが「ポリティクス」による純粋な侵略の結果、偉大な女性SF作家の名前は賞名から追放されたのである。

参考リンク・資料:
From Tiptree to Otherwise

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます