当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 フェミニスト集団のやらかしが自分の不利益になると思ったフェミニストが、よく吐く嘘。
 【娘の友達】事件や【親子正麺】事件のように、フェミニストが仕掛けた炎上が失敗したときに、叩きツイートを削除して「フェミニストは炎上させていなかった、アンチフェミが捏造して勝手に噴き上がっていただけ」と言い張る場合が典型的である。
 こうした嘘に対してはもちろんスクリーンショットや、出来ればウェブ魚拓サービスを活用して証拠を残すことが有効である。が、そのチャンスを逃した場合であっても、反論リプがつていればツイート削除しても痕跡が残るので、それが間接証拠になることも多い。


 このように炎上させられたツイートへの批判リプに反論を付けていくことは、大元のツイート主にも通知が行くので励ましにもなり、またリプ欄が「批判一色」になるのを避けることもできるので消火にも有効である。 

 炎上そのものの否認以外にも、炎上の中でフェミニストがしたやらかしを後になってから否認することもある。
【宇崎ちゃん献血ポスター事件】の中で発生した【献血ボイコット】は、ツイッターにおけるフェミニストの伝説的な悪事として知られているが、これお繰り返し「捏造」「なかった」と言われ、そのたびに提唱者や賛同のスクリーンショットを貼り付けられている。


 また、炎上が一部のフェミニストにとっては都合が悪かった場合(たまたま被害作品のファンであったケースなど)、フェミニストがフェミニストを「アンチフェミのなりすまし」呼ばわりする蟲毒が発生することもある。
 これは2020年2月、アニメ『ラブライブ!サンシャイン』とコラボした静岡県沼津市の特産品「西浦みかんポスター」事件の際に観察された。

 ちなみにどこからどう見ても普通にフェミニストのお仲間にしか見えないのだが。


 このようにフェミニストは自陣(または自身)が不利になるとすぐに「アンチフェミの捏造」を持ち出す傾向にあるので、そう言い出したらフェミニスト側を「まずは疑う」姿勢が大切である。

参考リンク・資料:
赤木智弘氏、献血ボイコットはなかったと主張する
「連載中止要求はクソオタによる捏造」は誤り。実際は「即中止を」「世の中に要らん」「有害図書」等『娘の友達』に対し攻撃していたが、誰も講談社に電話していなかっただけだった。
『「マルちゃん製麺が炎上した」というのは表現の自由戦士が騒ぎ立てたせい、本当は炎上していなかった』と言い張る人たち

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます