当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2020年、白人警察官の制圧による黒人被疑者ジョージ・フロイドの死亡事件をきっかけに勢いづいた「BLM」暴動の流れで、アメリカ各地で主に南北戦争以前の偉人像に対する破壊活動が活発化した。コロンブス像もそのひとつである。

(頭部破壊されたボストンのコロンブス像。『AFP BBNEWS』より)

 もちろんコロンブス像はアメリカ各地に存在するため、破壊されたのも複数個所にのぼる。
 破壊の具合は、
・バージニア州リッチモンド:倒した像を池に投げ込む。(6月9日)
・マサチューセッツ州ボストン:夜間の内に像の頭部が破壊される。(6月9日)
・ミネソタ州セントポール:デモ参加者が首にロープを掛けて台座から引き倒す。(6月10日)
 といったところである。
 
 なおボストンのコロンブス像は2015年にも赤ペンキを塗られ、“BLACK LIVES MATTER”の落書きをされたことがある。

 読売新聞によると
先住民のグループは、コロンブスによる米大陸発見を祝う祝日「コロンブス・デー」(10月の第2月曜)についても、過去の残忍な暴力を許容することになるとして反発している。
 とのことである。

 コロンブスのアメリカ到達は確かにその後の先住民侵略の原因となっただけではなく、コロンブス自身も大量虐殺者であったことは事実である。しかし今現在、残忍な暴力を許容しているのは暴動側であることは疑いない。

参考リンク・資料:
全米で相次いでコロンブス像が破壊される
「先住民の虐殺者」コロンブス像の破壊、米各地で相次ぐ…人種差別の象徴とも
コロンブス像の頭部破壊 米ボストン、人種問題で反発強まる

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます