当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2017年公開の映画作品。
 士郎政宗原作、ルパート・サンダース監督、スカーレット・ヨハンソン主演。

 本作の主人公はミラ・キリアンといい、主演女優スカーレット・ヨハンソンは白人女性である。原作の草薙素子にあたる役割を彼女が演じたことが「ホワイトウォッシュ」であるとしてバッシングを受けた。
(以下、作品内容のネタバレにつき折り畳み)

 以上のようなストーリーのもとでは、主演女優が東洋人でないことには大きな意義があったのだが、「ポリコレ」勢にそのような踏み込んだ検討ができないのは通例である。

 原作者、士郎政宗は次のように述べている。
「少佐はサイボーグであり、彼女の身体は完全に仮想のものなのです。『草薙素子』という名前や今の身体は、生まれつきの名前や身体ではありません。なので、アジア人の女性が演じなければいけないという主張に根拠はないんです。例え彼女のオリジナルの身体(そんなものがあったとして)が日本人のものだったとしても、それは変わりません」

 結局同作は無事公開された。しかし、このことで「敗北」したポリコレ勢の逆恨みを買ったスカーレット・ヨハンソンは、翌2018年にトランスジェンダーを描いた実話映画『Rug&Tug』に主演を発表した際に再度バッシングを受け、降板を余儀なくされている(その後同作の製作は頓挫している)。

参考資料・リンク
実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』少佐はなぜ白人なのか? ‟ホワイトウォッシュ”問題を超える配役の真の意味
実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』に足りなかった哲学─『攻殻機動隊』『イノセンス』では描かれていたアイデンティティ論を考える

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます