当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2020年、ジョージ・フロイド事件をきっかけにBLM暴動が激化し、その煽りで奴隷制や植民地主義に貢献した、あるいは擁護したとされる歴史上の【偉人像】が数多く【ヴァンダリズム】の被害に遭っている。イギリスの海洋探検家であるジェイムズ・クック(1728〜1779)、いわゆるキャプテンクックの像も例外ではない。

 2020年6月、オーストラリアのシドニーではハイドパークにあるジェームズ・クック像が落書きされ、逮捕された。
 オーストラリアでは他にキャプテン・ジェイムズ・スターリングやジョン・ハワード元連邦首相、トニー・アボット元連邦首相などの銅像も落書き被害を受けている。

参考リンク・資料:
銅像破壊・損傷 国内でも多発

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます