当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 アメリカの人気白人女優。
 ルパート・サンダース監督の【ゴースト・イン・ザ・シェル(実写映画版)】で主演した際、士郎政宗の原作では草薙素子にあたるヒロイン「ミラ・キリアン」が白人である彼女によって演じられた。同作のストーリーのもとでは、彼女が白人、少なくとも草薙素子と同じ東洋人でないことに大きな意味があるものであったが、無理解な「ポリコレ」勢は彼女をバッシングした。しかしこのときは同作は無事公開された。
 翌2018年に彼女がふたたび主演女優として発表された映画『Rug&Tug』は、ポリコレ勢にとっての復讐戦となった。バッシングを受けたヨハンソンはジェフリー・タンバー、ジャレッド・レト、フェリシティ・ハフマンなど、非トランスジェンダー俳優がトランスジェンダー役を演じた実例を挙げて反論したが、結局は降板を余儀なくされた。しかしヨハンソンは同作のプロデューサーも兼任しており『Rug&Tug』自体の製作までもが見通しが立たなくなってしまった。
 同作は1970〜80年代に「風俗街の帝王」と呼ばれた実在の人物ジーン・マリー・ジル(男性名ダンテ・"テックス"・ジル)を描いた実話映画であり、トランスジェンダーへの理解を深めるはずの映画を、トランスジェンダーを「守る」はずのポリコレが破壊した結果となったのである。

 俳優ジョン・ロヴィッツは、本件でのヨハンソンへの批判に対して次のようにコメントしている。
「映画というものは、ビジネスなんだ。そうでなければ資金が集まらない。それに加えて、監督には作品に対してのビジョンがある。私は、慎んであなたの意見に対して異議を唱える。スカーレットは、誰のチャンスも奪っていない。彼女は8歳の頃から俳優を始め、自分でチャンス、仕事、俳優としてのキャリアを作ったんだ」


参考資料・リンク
実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』少佐はなぜ白人なのか? ‟ホワイトウォッシュ”問題を超える配役の真の意味
スカーレット・ヨハンソン、トランスジェンダーのマフィア王を熱演⁉
スカーレット・ヨハンソン、トランスジェンダーの男性役 『攻殻機動隊』の監督の新作映画で
スカーレット・ヨハンソン、トランスジェンダー役への批判に反論 
スカーレット・ヨハンソン主役降板 LGBT映画で猛反発
トランスジェンダー役を、そうでない俳優が演じてはダメな理由
スカーレット・ヨハンソン降板映画、製作中止の可能性 ― トランスジェンダー描く実話作品『Rub & Tug』

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます