当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 ディズニー系テーマパークのアトラクション。1946年の映画【南部の唄】をモチーフとしている。
 2020年6月の時点で、日本の東京ディズニーランドのほか、アメリカに2ヶ所(カリフォルニア州のディズニーランドとフロリダ州のディズニーワールド)存在する。
 米ウォルト・ディズニーは、このアメリカ2施設のスプラッシュ・マウンテンを改装し、別作品のアトラクションにすることを発表した。改変後のモチーフ作品は2009年の『プリンセスと魔法のキス』になる予定。同作はディズニー映画で最初に黒人女性の「プリンセス」が登場した*1
 この改装については2020年のBLM運動の激化などを受け、署名運動なども行われていたが、改装自体の検討は2019年から開始していたと米ディズニーは主張している。
 なお、東京ディズニーランドのものについては未定であるが、本国と検討中とのこと。

 但しスプラッシュ・マウンテンはもともと、使われている人形などは劇中劇である「昔話」に登場する動物型のアニメキャラクターのものであり、黒人差別問題となった人間キャラクター(実写)たちは登場しない。

参考リンク・資料:
ディズニー、人気アトラクションのテーマ設定変更−「南部の唄」から
スプラッシュ・マウンテンの題材変更、問題視された幻の映画とは?
スプラッシュマウンテンが『プリンセスと魔法のキス』のアトラクションへ!ってむしろ差別されているのは『南部の唄』じゃね?って話
ディズニー、「スプラッシュ・マウンテン」に改変を望む声 一体何が問題?

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます