当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 本来は、性犯罪の刑事手続段階において、被害者がさらに受ける苦痛のことを言う。調書の録取や証人尋問などで、被害者は強姦などの被害の状況をまざまざと思い出し、それを口に出さなければならないからである。
 当然ながら刑事罰は間違いのない真実に基づいて下されねばならない以上、被害者のこのような苦痛を完全に防ぐことは困難であるが、被告人の防御権を保証しながらセカンドレイプの苦痛を軽減するための方法が各種導入されている。

 表現規制にかんする議論においては、「性表現」や「女性差別表現」の規制・撤去を要求する側が、そのような表現によって苦痛を受けると主張する場合がある。
 もし女性に対して、多少ともセクシーなポスターや、書店で並べられているポルノグラフィなどが一般に苦痛を与えるものだとすれば、「女性の悩み相談」系のコンテンツにそのような訴えや、見ずに済む方法を尋ねる質問が日常的に届いている者と考えられる。ところがその種のコンテンツをいくら調べても「書店や街を歩いていて、エロ本やセクシーなポスターが目に入るのが辛い、なんとかならないでしょうか?」などという質問は一向に存在しない。
 「性表現が女性を傷つける」とは、それを根拠に表現物を攻撃しようとしている時にだけ主張され、日常には影も形も存在しない苦痛なのである。

 しかし「性表現で女性は傷つく!」と主張したい人びと――すなわちフェミニスト達は、しばしばそのような「実体験」を語ることがある。そしてその真偽を問われると「セカンドレイプだ!」と攻撃してくるのである。

 この画像は2020年3月、山手線の高輪ゲートウェイ駅で稼働する“AIさくらさん”の応対が「セクハラを助長する」とのフェミニストの言い掛かりを受けたときの、その根拠を問われた某フェミニストのツイートである。
 見てのとおり、「AIがセクハラ発言を受けても愛想よくする(そうでなかったら誤認識したときに何も悪くない客に愛想の悪い返しをしてしまうことになるのだが)」からセクハラを助長すると言っているが、AIさくらさんは何も昨日今日実用化されたAIではなく、何年も前から300以上の施設で稼働している(このフェミニストはそのことを知らなかったのだろう)。それなのにちょうど自分がAIさくらさんを槍玉に挙げた直後に初めて「AIさくらさんに助長されたセクハラ」に遭遇したというわけだ。
 このことを指摘されると本人は「別のSNSで別の日に書いたものを引用した」という無理のある言い訳をしていたが、それをついに一度も示すことのないままアカウントが消滅した。
 「愚痴りながらどこかへ行った」とは、身動きすら難しいだろう「満員の山手線」でずいぶん動きが軽いことである。


 こちらの画像は、【宇崎ちゃん献血ポスター事件】の時のポスターを見てパニック状態になり動けなくなったと自称するツイートである。
 このフェミニストがこんな話をするのはこのツイートが初めてである。この大変な体験をなぜ「献血に行った日」当日に書かなかったのだろう。同ポスターは1か月のキャンペーン期間のうち2週間が経過してからフェミニストに騒がれ始めたという代物であるが、その前の話なら「こんな酷いポスターがあった!」とこの人が騒動の起点にならなかったのはおかしいし、その後の話であれば、こんなポスターがあると知っていて自分から献血に行ったことになる。

 当然これらの疑義は、フェミニストによってセカンドレイプ認定されたのである。

用例:



対処例:


参考リンク・資料:
AIさくらさんが出来ること

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます