当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 風俗嬢やAV女優などの性にまつわる職業を、仕事としてポジティブに認めようという考え方。ポルノや売買春を根絶するのではなく、そのような職業の人々が事実として遭遇しやすい問題(たとえば合意内容の遵守や正当な報酬、性感染症の危険コントロールなど)については契約や労働環境の問題として扱い、解決していこうとする。
 第2波及び【第4波フェミニズム】からは敵視されている。

 ポルノ・買春問題研究会編『キャサリン・マッキノンと語るポルノグラフィと売買春』のコラムは、次のように主張している。
 このような議論は一見もっともらしいが、よく考えるとまったく間違っている。たとえば、会社で、男性の上司が女性の部下に対して、給与のアップや昇進を約束する代わりに自分に性的に奉仕するよう要求したとしよう。これは、現在では典型的なセクシュアル・ハラスメント(代償型)とみなされ、公になれば、この上司は処罰されるだろう。しかし、性が労働とまったく同じように扱うべきだとすれば、この上司の要求は、給与アップと引き換えに部下に自分の書類の整理を頼むのとまったく同じ性質を持つことになってしまう。
 つまり、セックスワーク論が社会的に通用するようになれば、多くのセクシュアル・ハラスメントが合法化されてしまうことになる。

 明晰な人ならば、このような議論は一見たりとももっともらしくないし、少しでも考えるとまったく間違っていることが分かる。
 上司が部下に給与アップを引き換えに私的なことを要求するのは、それが性的なことでなかったとしてもハラスメントであるし不正なことである。たとえば上司が休日に遊びに出かけるにあたり、日常的に部下に車を出させることを強要していたとするなら、それは性的なことでないからといって認められるだろうか。それはセクシュアルとは付かないがハラスメントであるし、その代わりに給料を上げてやったりすれば、上司は自分の私用に対する部下への報酬を会社から横領して支払ったのと同じである。
 しかし、それが不正であるからといって、運転手という職業の存在そのものを認めない理由には全くならない。

 上司が部下に何かをやらせるのが不正であるかどうかは、それがその人の正当な仕事内容であるかどうかで決めれば良いのであって、それが性的であるかどうかに依存させる必要は全くないのである。

参考リンク・資料:
ポルノ・買春問題研究会編『キャサリン・マッキノンと語るポルノグラフィと売買春』不磨書房

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます