当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 ある作品のなかで何らかの悪事を行ったキャラクターが○○であることは、その作品のメッセージが「こんな悪行をする奴は○○だ!」であることを意味しない――すべての道理を弁えた人類に共通する常識であるが、残念ながらフェミニストはその中に含まれなかった

 2019年9月13日、ツイッターでとある美術系の女子学生(当時)が、このようなアートを発表した。これが通称「タピオカアート」と呼ばれるものである。

 これにフェミニスト系のツイッターユーザーが「女性差別」「女叩き」と一斉に噛みついた。顔が女性に見えたというだけで。以下はそのごく一部である。




 フェミニスト達の攻撃は単に批判に留まらず、執拗な嫌がらせや、果ては作者の個人情報特定や暴露にまで及び、多くの人を引かせてハッシュタグ「#近づいてこないでフェミ」が作られる原因ともなった。
 ちなみに本件においても、個人情報暴露は流石にイメージが悪かったと慌てたフェミニスト達の中に「フェミニストがやったんじゃない!ミソジニー男だ!」と言い張る者が現れている。

(現実)
 また後には「作者に失礼なDM返信を受けた」と【嘘松】証言をしては、作者直々に「そんな記憶は全くない」と指摘されて鍵垢にしてしまったフェミニストもいた。

 そもそもタピオカそのものが主に女性の間で流行っていることは間違いなく「残して捨てる者」の割合が等しければ、当然捨てる者も女性が多くなるのは当然であり、フィクションがそれを反映するのは差別でもなんでもない。
 流行の商品が廃棄問題と結び付けられてバッシングや偏見を受けるのは、1970年代の「仮面ライダースナック」や80年代の「ビックリマンシール」、2000年代の「握手券付きCD」など男性向けの商品でも幾らでも起こってきたことであり、最近たまたまタピオカの廃棄問題が取沙汰されているからといって、女性差別として大騒ぎするには値しない。

 また歴史的に「ものを無駄にして祟られる」というタイプの物語で女性ばかりが悪役を演じるわけでもない。アンデルセンの『パンを踏んだ娘』は女性である一方、日本民話の「餅の的」では男性である。同じく日本民話「餅の白鳥」では男女両方に餅を粗末にした責任があり、報いを受けるのも両性ともである。
 現代の作品でも、漫画『キン肉マン』の怪獣テンドンの回で、騒動の原因となった海老天を捨てたのはキン肉マン(男性)である。1982年の公共広告機構のCM「もったいないおばけ」においても、好き嫌いで食べ残しをした子供達4人のうち、男子は3人・女子は1人であった。
 直近ではアニメ『ゲゲゲの鬼太郎(第6期)』71話は、このタピオカアートが発表されたわずか2週間前(9月1日)に放映されたが「男性が傘を使い捨てて、妖怪唐傘に抗議される話」である。

 ほぼ同じ時期に性別を逆転させた「無駄に捨てて祟られる作品」が存在したことで、図らずも『鬼太郎』はフェミニストがタピオカアートに示した反応の異常性についての、格好の比較対象となった。


参考リンク:
タピオカアートに必死に噛み付くフェミニスト(?)が全く理解できない3つの理由
タピオカを題材に風刺を描いた女学生が「女叩き」「名誉男性」などとネットリンチされる
タピオカミルクティーの飲み残しをアートにした作品にフェミが勝手に女叩きだと断定して作者叩きに来る
SNS映えの為に飲み干さずに捨てられたタピオカミルクティーは捨てた人間を絶対に忘れない。という作品をつくりました→女性批判だと叩かれる
【記録用】あるツイフェミ、個人情報晒しに自分がいいねをしたのは捏造と主張→魚拓を提出されなおも否定するも最後は垢消し
「タピオカアートは女性差別」だとフェミさんに炎上させられた絵師「開示請求するから」、フェミさん「許してくれないなら自○する!」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます