当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 1941年のアニメ版『ダンボ』を原作とした実写ディズニー映画(2019年公開)。ティム・バートン監督。
 言わずと知れた、耳が大きすぎることでサーカスで不遇な扱いを受けていた小象のダンボが、その耳で空を飛べるようになるという物語。
 2018年に公開されたポスターの図柄が【旭日旗】模様であるとして、「全世界戦犯旗退治運動」を唱える誠信女子大学校【ソ・ギョンドク】教授をはじめとする【韓国】人達からクレームを受けた。


 上記のとおり、『ダンボ』はサーカスを舞台とする物語であり、赤と白の放射状の模様は、アメリカではサーカスのテントのデザインの定番である。また放射の中心に描かれているものも太陽や丸ではなくダンボ自身であり、ポスターの赤白の放射線が旭日ではなく、サーカスをイメージしたものであることは一目瞭然である。

(「サーカスのテント」での検索結果画像)

 一部の韓国人からはあまりに過剰反応であるという意見も起こったが、ヒステリーは収まらずディズニーは別柄のポスターを提示した。

参考リンク・資料:
今度はディズニー映画に噛みつく… 反日活動家の大学教授、映画「ダンボ」のポスターが「旭日旗連想」と主張
ディズニー映画『ダンボ』、旭日旗連想のポスターで「炎上」 韓国メディア報道
ディズニー映画「ダンボ」に旭日旗?韓国ネットでは意見分かれる
ディズニー映画をもひざまずかせた韓国『反日思想』の狂気
韓国で起きている反「旭日旗」現象の実態

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます