当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 反ナチ活動家でルター派牧師でもあるマルティン・ニーメラー(1892〜1984)が残した警句。
 ナチスが最初共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった。
 私は共産主義者ではなかったから。
 
 社会民主主義者が牢獄に入れられたとき、私は声をあげなかった。
 私は社会民主主義者ではなかったから。
 
 彼らが労働組合員たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった。
 私は労働組合員ではなかったから。
 
 そして、彼らが私を攻撃したとき、
 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった。

 詩の形をとっているが、講演のなかでの言い回しであるという。
 ニーメラーは当初はナチス党の支持者であったが、1933年に始まった職業官吏再建法の「アーリア条項」の適用をめぐってナチスとの対立が始まり、1937年に逮捕されている。

 ニーメラーの実体験に基づくこの警句は、反表現規制にとっても重要である。
 それは現代の表現規制派がナチスと完全に同じだからだ。「自分たちの要求はこれだけだ。ほんのちょっとだ」と言っても絶対に嘘だという点で。
 彼らは「過度に【性的な】表現だけを問題視している」と言ったことがある。しかし彼らは本当に色っぽいイラストの次には、【宇崎ちゃん献血ポスター事件】で巨乳なだけの服を着た少女のイラストを攻撃し、遂には巨乳でもなんでもない【地下鉄に乗るっ】【君野イマ・君野ミライ】も攻撃された。
 【宇崎ちゃん献血ポスター事件】では、イラストであることが問題なのであって実在の巨乳女性は排除しない、と言ったこともある。その数か月後に巨乳モデルの【茜さや】さんは攻撃された。
 【公共の場】から排除するだけだ」と言うのも嘘である。彼らが攻撃した民間の書籍やアニメ、果ては昔話さえ幾らでもある。
 
 表現規制はつねに、自分たちの望む規制がほんの少しだけだと言いながら規制を進め、絶対に止まることはない。

 
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます