当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2020年11月4日、「ハイサワー」「ハイッピー」など、アルコールの割り材となる飲料を製造販売する博水社がAmazonで販売開始したカレンダー。
 この「美尻カレンダー」シリーズは毎年販売されているが、この2021年版はツイッター広告がフェミニスト集団の目に留まり攻撃を受けた。

 例によって「不買」を宣言するフェミニストが続々と現れた(その一人は悪名高い【献血ボイコット】の主唱者である)が、そもそもフェミニストが最初から買いもしない商品をさも自分が上客であるかのように詐称して「不買宣言」するのはいつものことである。

 そもそも、これまでフェミニスト達が様々な創作物につけてきたクレームを考えてみよう。
 本商品はAmazonで個人販売されているものであり「【公共の場】にあるものでもなければ、役所のような【公共性が高い】団体でもない民間企業の博水社が販売している。そして買いたい人だけが買うものである。
 また実写なので【宇崎ちゃん献血ポスター事件】で言い訳されたような「現実の女性なら参加できるがイラストには主体性がない」という噴飯ものの言い訳も当てはまらない。さらに販売している博水社の田中秀子社長は女性である。
 このように幾つもの前例と矛盾するのである。
 
 フェミニズム活動家の勝部元気にとってこの社長が女性である事実は気に入らず、過去のインタビューを探し出して「社員の家族を奥さんと呼んでいる!ジェンダーバイアスがある証拠だ!」、男女フェアな企業ならありえない!と喧伝した。

 が、実際にはこの発言は現社長自身のオリジナルの言葉ではない
 インタビューの中で、先代社長(現社長の父親)の言葉として伝えたもので、世代を考えればこの発言は不思議なものではないし、もちろん紹介しただけの現社長や現在の会社そのものが「男女フェアではない」ということにはならないのは明白である。

参考リンク・資料:
ハイサワー「美尻カレンダー」2021年版登場! - “密”に寄り添う美尻で「感謝」を表現
絶好調ハイサワー女性社長が、それでも美尻カレンダーにこだわるワケ
「ハイサワー 美尻カレンダー2021」炎上問題/まとめのまとめ
ハイサワー美尻カレンダー2021に脊髄反射で放火しにいくフェミたち
【うほっ】献血ボイコットフェミ「ハイサワー不買します」

このページへのコメント

誤:「白」水社
正:博水社
……です。

1
Posted by 名無し(ID:9A/dvPbmCQ) 2020年12月23日(水) 10:09:23 返信数(2) 返信

いちばん上だけ間違ってて他は合ってますね

1
Posted by 名無し(ID:9A/dvPbmCQ) 2020年12月23日(水) 10:10:49

ご指摘ありがとうございました。

0
Posted by  hitoshinka hitoshinka 2020年12月24日(木) 15:09:41

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます