『Ceonsoyclopedlia』は、Censor(検閲)にまつわるEncyclopedlia(百科事典)です。旧称『表現規制用語集』。民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」である表現の自由――その規制・弾圧・バッシングにまつわる事例や用語について、あらゆる知識を保存伝達するためのサイトです。

 男性が女性に何かを説明することを意味する、フェミニストのスラング。
 本来は「女性がすでに知っていることを」とか「説教臭い偉そうな態度で」などの修飾が付くのであるが、判定してくるのはフェミニスト側なのでその判定は極めて緩く、かつ被害妄想的になりがちである。結局はたんに説明するだけで「マンスプレイニング」呼ばわりされることになる。

 レベッカ・ソルニットのエッセイ『説教したがる男たち(Men Explain Things to Me)』に由来するとされるが、マンスプレイングそのものは同書に載っているわけではなくネット上で発祥したものらしい。  
 なお同書には、著者ソルニットが自分が過去に書いた本について男性に「知っているかね?」と偉そうに言われたが、相手の女性がその著者本人と気付いて驚愕!ざまあみろ!!……というエピソードがあるのだが、フェミニストに人気の「スカッとジャパン」系の作り話のパターンをかなり満たしており、はっきり言って創作臭がすると言わざるを得ない。

 表現規制に関する議論においては、表現物の内容がマンスプレイニング呼ばわりされる場合と、誤りを指摘された規制派フェミニストが「マンスプレイニングだ!」と相手をなじるのに使われる場合がある。この場合、マンスプレイニグは【シーライオニング】、「トーンポリシング」などと並ぶ議論拒否のためのレッテル語となる。
 前者においてもマンスプレイニング認定はいい加減であり、甚だしきは女性キャラクターが女性キャラクターに説明しているものすら「マンスプレイニング」にされてしまった例すらある。こちらは環境省の広報用キャラクター【君野イマ・君野ミライ】についてなのだが、教える側教わる側いずれもが少女キャラクターである。

 後者の例がこちらであるが、マンスプレイニング認定をしている側が誤っており、アニメ版においてもルパン一味の盗みが成功している回など幾らでもあるし、相当数の敵も(さすがに単なるルパンの窃盗被害者ではなく、ルパン側が命を狙われる話の時ではあるが)殺している。


参考リンク・資料:
レベッカ・ソルニット著 ハーン小路恭子訳『説教したがる男たち』左右社

 

このページへのコメント

オタクとトランスの共通点
・自分達をマイノリティと思い込んでいるが中身は醜悪な差別主義者がほとんど
・お仲間の犯罪を咎める気が一切ない
・平気で嘘をつく
・内部から批判する人間を裏切り者と罵倒する
・外部から批判する人間を差別主義者と認定して被害者ヅラ
自分の行ってきた差別を自身がマイノリティであることを理由に免責を迫るだけでなく相手を差別主義者だと口汚く罵るのはオタクが昔からよくやる手口ですね。
「オタク差別」と「トランス差別」は根本的な部分が同じなんですよね。
ttps://twitter.com/Shota_824m0Xbot/status/1276392367667310592
ttps://twitter.com/Shota_824m0Xbot/status/1417071234999672834

0
Posted by 雪景色 2022年01月27日(木) 21:59:00 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます