当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 ミラーリングという言葉には分野によって異なる幾つかの意味があり、

・心理学では、相手の言動などを真似てみせることで好感や親近感を抱かせる心理的テクニック
・コンピュータ技術では、データの記録装置への書き込み時、同じデータを別の装置に書き込むこと(スマホ画面をTVにも表示するなど)

 などがあるが、フェミニズムのスラングとしては「女性にとって不愉快なものの男女逆転版を作る(あるいは単に要求する)ことで、男性に思い知らせてやること」を意味している。
 なお、それが「表現内容」のミラーリングである場合、実際にはほとんど常に以下の1、2いずれかによって撃退される。

1.「そんなものはもうとっくに存在する」
2.「作りたければ作ればいい。誰も止めはしない」

 第1に、エロティックな表現の「男性版」など日本のポルノグラフィ(二次元を含む)には幾らでも存在しており「とっくにある」と言われるのが落ちである。これは恥辱的・サディスティックな表現においても例外ではない。こんなエッチな表現の男性版はないだろう、とフェミニストがいくら安易に思っても、それが存在しないということはまずないのである。
 第2に、フェミニストと論戦になるような「表現の自由」を支持する人々は、単に「女性を描いた性的な表現が不快でないから」自由を支持しているのではない。不快であったとしても自由であるべきだという信念を持っているのである。仮にそのような表現の「男性版」が真実不快であったとしても、それを差し止めるべきではないのは同じだという結論にしか達しないのである。

 興味深いことに、フェミニストは女性のバスト表現の「ミラーリング」をする際、男性のバストではなく【男性器】の表現を要求する。「女性の乳房が浮き出たぴっちりした服を着せるなら、男根も浮き出た服装にさせろ!」というのである。
 これは男性のバストは慣習的に女性のバスト以上に遠慮なく露出して表現されており「女性ばかりが露出させられている!」という被害者意識にそぐわないためである。もちろん性器は両性ともに、あまりにリアルで消しも少なかったりすれば刑法175条(わいせつ物頒布等罪)でしょっぴかれる危険があるため隠して描かれる。
 そのためフェミニスト達は「女性のバスト」と「男性の性器」というずれたものを比較して、歪んだ「ミラーリング」を行うのである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます