当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 フェミニスト女性が反論に窮したとき、投稿しがちな文字列。または発しがちな鳴き声。
 言うまでもなく論争の争点から目を逸らし、被害者ぶって論敵を非難することで窮地を脱しようとする稚拙な試みである。
 実際にはそのフェミニストは発言の内容を批判されているのであり、「女だから」「モノ言う女だから」叩かれているのではないことが圧倒的に多い。

(社会民主党の集会ポスターに登場したフェミニスト女性の主張)

 このような被害妄想を抱く人は「叩かれる」以外の事象にもなんにでも抱くらしく、この石川優実というフェミニストは自分のnoteでこうも言っている。
私は先日院内集会で泣きましたが、悲しく辛かったから泣いたのに同情を誘うため、涙を武器にして、と言われました。私が悲しいから泣いた、と言う一番確率の高いものを無視され、何か他に目的があるのではないかと疑われています。これは私が女性だからでしょう。男性が会見で泣いていても男の涙に騙されるなとは言われません

 どうやら彼女は野々村竜太郎元西宮市会議員を知らないらしい。
 ちなみに彼女はこのようなツイートもしているのだが、おそらく彼女に対して「あなたがモノ言う女だから叩いています」と言った人はいないだろう。想像して決め付けるのはやめて欲しいものである。



 ところでこれを反証するのは、有る人々のおかげで極めて簡単である。
 ツイッターにはフェミニズムの主張に同調して女性人気を得ようとする「フェミ騎士」と呼ばれる男性たちが結構な数でいるからである。
 彼らのツイートも女性フェミニストと同じように普通に叩かれまくっているので、それを引き合いにだせば簡単に「モノ言う女だから」理論が破綻するのである。彼らが人の役に立つ数少ない場面と言えよう。
 
用例:



対処例:

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます