当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 レオポルド2世(1835〜1909)は第2代ベルギー国王。アフリカのコンゴを私領「コンゴ自由国」とし、天然ゴムを主産業とする利益優先の残虐な支配を行ったことで知られ、その像はベルギー、コンゴの両国で【ヴァンダリズム】のターゲットになっている。

コンゴ共和国
1967年、レオポルド2世像(1928年に建立されたもの)をモブツ・セセ・セコ大統領が取り壊し命令。2005年に再建するも、のちに市民からの抗議で取り壊し。現在では国立博物館研究所の敷地内に、デイヴィッド・リビングストン像やヘンリー・モートン像(いずれもアフリカ探検家)とともに保管。

ベルギー本国
首都ブリュッセルの像:「暗殺者」と落書き。
アントワープ市の像:放火され、赤ペンキで塗られる。その後当局が博物館に移動。
ヘント氏の像:赤ペンキで塗られ、頭部に布を掛けられる。布に書かれていた「息ができない」という言葉はBLM暴動のきっかけとなったジョージ・フロイドが警官による制圧時に発した言葉を意識しているとみられる。

参考リンク・資料:
植民地主義者の像の撤去、アフリカの長きにわたる戦い
【反人種差別デモ】 倒され、落書きされ… 標的になった各地の像

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます