当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 ヴィクトリア女王(1819〜1901。在位は1837〜1901)はイギリスの女王で、世界各地に植民地を持ったため「太陽の沈まぬ国」と呼ばれた大英帝国のシンボル的存在。その治世がいわゆる「ヴィクトリア朝」である。
 当時世界各地に建立された彼女の像は、植民地が独立していくとともにイギリス帝国主義を恨む現地の人々からの憎悪の対象ともなっている。

 例としてケニア・ナイロビにあったヴィクトリア女王像は2015年、何者かに首を落とされて破壊された。現在でも放置され、台座のそばに横たわったままである。
ナイロビ在住のサミュエル・オビエロ氏は、「この像を見ると、植民地主義者らのせいで先祖たちが味わった苦しみを思わずにはいられません。植民地主義者の姿を見るたび、辛い記憶が鮮明に蘇ります。そのようなものは一掃すべきです。世界中の植民地主義者の像を壊すとともに、植民地主義に苦しめられた誰もが、このような辛い記憶から解放されるようにすべきです」と言う。(植民地主義者の像の撤去、アフリカの長きにわたる戦い

 この手の「歴史の恨み」による【ヴァンダリズム】をしたり支持する連中の言うことは、アフリカでもアジア某国でも同じであるようだ。

参考リンク・資料:
植民地主義者の像の撤去、アフリカの長きにわたる戦い
 
 

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます