当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 フェミニズムの無定見ぶりを糊塗するための定番のフレーズ。
 たとえばフェミニストは公共広告に関して一方で「なくせなんて言ってない。【公共の場】に相応しくないと言ってるだけ。これは【TPO】の問題」と言い訳をしながら攻撃するのが常套手段であるが、ターゲットが完全な民間の漫画作品や、果ては民話などである場合にも攻撃を止めることはない。公共の場云々というフレーズが出て来なくなるだけである。

 また漫画やイラストを攻撃する時には【宇崎ちゃん献血ポスター事件】のように「実在の人が自分の意志で出演しているなら問題ない。イラストであることが問題」と嘯きながら、【茜さや】氏、【くまクッキング】氏など実際の巨乳女性がポスターに登場した際は口を拭って本人を罵るのである。
 早い話がフェミニスト達が「萌え絵なら、エロなら何でも叩いているわけではない。この表現のここが問題なのであって……」といって持ち出す“批判のポイント”は、すべてが単に「自分の判断に正当な基準があるかのように見せかけるためのフェイク」に過ぎず、それが無ければ別の言い掛かりをつけているだけなのである。
 それは、これまでフェミニストが叩いてきたそれらポイントが全くと言っていいほど欠落している【君野イマ・君野ミライ】に対して身長158などという新たな「ポイント」を持ち出してきたことでも分かる。

 このようなフェミニズムのご都合主義を誤魔化すために、フェミニスト達自身は「フェミニズムは一人一派」だという言葉を振りかざす。
 「一人一派」論の大きな問題点としては。まず「基本的な方針についてすら見解をまとめられないフェミニズムの学問としての信頼性の低さ、というより皆無さを露呈している点」が挙げられる。実際に一応は「学者」の肩書を持っているフェミニストは何人もいるが、分野を確認するとそれらの者の学問分野はほとんどが【社会学】に過ぎず、言っている内容もいわゆる【ツイフェミ】と何ら変わりがない。
 しかしそれ以上に大きな欺瞞がある。

 それは、フェミニズムの無定見は、各フェミニストの確たる信念や持論の相違にあるのではなく、ただ単にどのフェミニストもその場しのぎの出鱈目を言っているに過ぎない、ということである。
 実際に「公共の場であることを問題視していたフェミニスト」が「公共の場にない性表現叩きを批判する」というような事態は「一人一派」の建前からは必ず発生するはずなのだが、実際には起こらない。
 これは同一のフェミニストが場面によって「公共の場」「イラストなどが問題」などを使い分けることが幾らでもあることでも分かる。

(同一人物が「イラストが問題」を出したり引っ込めたり)

 フェミニストは「一人一派」なのではない。
 全員が、その場その場で適当なことを言っているから統一性がない、だけなのである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます