当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2016〜2020年にかけて週刊少年ジャンプに連載された吾峠呼世晴作の漫画作品およびそのアニメ(映画含む)版。大正時代を舞台に、鬼殺隊と呼ばれる剣士たちと鬼との戦いを描く物語で、記録的大ヒットをなした。

1.韓国からの批判
 この方面からのバッシングで真っ先に問題になったのは主人公・竈門炭治郎の耳飾りが【旭日旗】に見えるとのことである。韓国系の、「ニューヨーク在住のイラストレーター」がネット上で騒ぎ出したから。なお耳飾りは、実際には花札をモデルにしている。

 この韓国系イラストレーターは自分で勝手に描き替えた画像を「鬼滅ファンはこれを使え」と要求し、失笑を買っていた。
 英語圏のネットではそれだけに終わったが、すでに旭日旗ヒステリーが蔓延している韓国ではデザインを変更して放送されているとのこと。さらに韓国では2020年12月に封切予定の劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』も同様にデザイン変更の上で公開される予定。
 
 これに対して日本のファンの間ではchang.orgを使った署名運動「鬼滅の刃・デザイン変更後の韓国公開に反対します」というカウンターの動きも出てきている。

2.フェミニズム関連
 本作については他に、フェミニストか幾つかの点でバッシングがあるが、いずれもボヤに終わっている。
 特によくネタにされるのがツイッターでのこの発言。

 ここでいう「おっぱいぶりんぶりんの柱」*1とは甘露寺蜜璃という登場人物を指すが、そもそも彼女は作中最初に登場する女性の柱ではない(胡蝶しのぶの方が先に登場する)し、また残酷なシーンも多く比較的ハードな内容の本作にあって、そんなどうでもいいことより女性が酷い目にあったシーンなんて幾らでもあるだろう、と「叩きに都合のいい所だけ見て都合よく泣いてんじゃねえ」と馬鹿にされている。
 そして何より甘露寺蜜璃はネタバレにつき折り畳むが、性役割の押し付けからの女性の解放という問題意識をこれ以上なく体現したキャラクターである。そのため彼女をフェミニストが罵るのは天に唾するようなものである。(以下ネタバレ)

 【宇崎ちゃん献血ポスター事件】【幸色のワンルーム】叩きなどで知られる【太田啓子】は、主人公が「男」や「長男」としての立場を動機に奮闘する姿を腐そうとするも「アニメ『鬼滅の刃』を、私も息子たちも楽しんで見ていますが」とうっかり前置きしてしまった。彼女は以前『ゆらぎ荘の幽奈さん』を叩いた際に「もう息子にジャンプは読ませない宣言」をしていたため「アニメなら良いのか」と失笑を買った。
 また2020年11月16日の毎日新聞は「禰豆子は基本『助けられるヒロイン』」と、明らかに作品を鑑賞せず書かれたフェミニズムネタのバッシング記事を掲載している。元サンデー毎日編集長・山田道子というこの筆者も、以前からの萌えキャラ・オタクのヘイターであり、その手の記事を色々と書いている。

参考リンク・資料:
韓国系米国人、アニメで旭日旗が使用されていると糾弾するも赤っ恥(海外の反応)
吾峠呼世晴氏の「鬼滅の刃」が最終回に 韓国で旭日旗を連想させると批判や指摘の声も
韓国で『鬼滅の刃』ファンが“売国奴”と罵られる理由〈炭治郎の“旭日旗”耳飾りは変更、12月公開へ〉
これじゃあ男もしんどくない?「鬼滅の刃」の男女観
毎日新聞がアニメ嫌いで有名な婆さんに鬼滅の刃のデタラメバッシング記事を書かせて炎上してPV美味しいです商売中

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます