当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 【韓国】釜山市にある国連記念公園に隣接する「国連交差点」にあるオブジェ。彫刻家キム・チャンシク作。
 朝鮮戦争(1950〜1953)での国連軍犠牲者を記念するため、国連創設30周年にあたる1975年に建立された。中心にある塔のようなものから、16本の柱が放射状に周囲に伸びるデザインをしており、2019年にこれが【旭日旗】に似ていると問題となった。
 韓国では現在、放射状の線であれば見境なしに【戦犯旗】(旭日旗)認定する風潮があるが、この場合は線の数が日本の海上自衛隊が正式に用いている十六条旭日旗と呼ばれるものと一致している。

(Googleマップより)

 2019年8月12日、記念塔のある釜山市南区地域委員長は会見で「本軍国主義の象徴である旭日旗模様として造成されていたのは疑いもなく、真相がすべて解明されなければならない」と述べた。実際に記念塔から伸びる柱の数は、日本の海上自衛隊が正式に用いている十六条旭日旗と呼ばれる意匠と同じ16本であるが、これは朝鮮戦争の国連軍参加国数が16ヶ国であるためである。
 当初、民主党の南区高地域委員会は「40年以上知らなかった問題を提起して専門家と検証し社会的合意を経て撤去するか判断しなければならない」としていたが、釜山市は翌13日「撤去または移転」する計画があると公表した。

参考リンク・資料:
韓国釜山にある国連軍参戦記念塔を空から見ると旭日旗そっくりと判明 40年知られず今日発覚
「日本戦犯旗に似た国連参戦記念塔を撤去、または移転」=韓国

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます