『Ceonsoyclopedlia』は、Censor(検閲)にまつわるEncyclopedlia(百科事典)です。旧称『表現規制用語集』。民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」である表現の自由――その規制・弾圧・バッシングにまつわる事例や用語について、あらゆる知識を保存伝達するためのサイトです。

 千葉県松戸市の防犯キャラクター。イラストレーター「七六」氏によるデザイン。
 松戸市が毎月15日と独自に定めた「犯罪ゼロの日」ポスター(2011年)に使用されたイラストが最も知られており、同市内では自動販売機のサイドなどにあしらわれたりしているのを現在でも見て取ることができる。同様に作られた防犯キャラクターとして「神戸アミ」「市城アイ」がおり、3人の苗字は「松戸市」から一字ずつ取られている。

 
 2021年9月、松戸市ご当地Vtuberの【戸定梨香】【全国フェミニスト議員連盟】のバッシングに遭った問題で、同市では従前から萌えキャラクターを防犯等に活用しており、特に問題となっていない点が指摘された。
 これに反発したのか、フェミ議連の元荒川区議が松宮アヤのポスターをもツイートでバッシング。

 それにしても「痴漢はミニスカートを履いている女が悪い」などと警察官が言う「ついこの間」とは、一体どのくらいの「ついこの間」なのだろうか。

 フェミニストは、萌えキャラクターの衣装や体格(とりわけ胸のサイズ)に難癖をつけるたび、「同様の服装や体格の女性に人前に出るなと言ってるのと同じ」と批判されてきた。そのたびに彼女らは「現実の女性には文句を言っていない!」と言い張ってきた(むろん嘘である。実写のモデルを使った広告などにもフェミニストは攻撃を仕掛けている)。
 しかし、せの喜代は今回「『冷えは万病の元』なのだから、ストップ・ざ・太もも丸出し、へそ丸出し!」と明らかに現実の話をして女性のファッションを禁圧しようとしており、フェミニスト達の言い訳がいかに嘘であるかが改めて明らかになったのである。

 なおせの喜代は、同時期のブログで戸定梨香の擁護を「小児性愛」に結びつけようとしたり、「世界の児童ポルノの7割が日本発」などのとんでもないデマも流している。

参考リンク・資料:
全国のご当地キャラクターまとめサイト イメキャラBOOK 松宮アヤ
松戸市・防犯ポスター 女の子の衣装解説

このページへのコメント

オタクとトランスの共通点
・自分達をマイノリティと思い込んでいるが中身は醜悪な差別主義者がほとんど
・お仲間の犯罪を咎める気が一切ない
・平気で嘘をつく
・内部から批判する人間を裏切り者と罵倒する
・外部から批判する人間を差別主義者と認定して被害者ヅラ
自分の行ってきた差別を自身がマイノリティであることを理由に免責を迫るだけでなく相手を差別主義者だと口汚く罵るのはオタクが昔からよくやる手口ですね。
「オタク差別」と「トランス差別」は根本的な部分が同じなんですよね。
ttps://twitter.com/Shota_824m0Xbot/status/1276392367667310592
ttps://twitter.com/Shota_824m0Xbot/status/1417071234999672834

0
Posted by 雪景色 2022年01月27日(木) 20:48:27 返信

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます