当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 嶋田美子作。1993年。
 昭和天皇の立ち姿を描写した版画(エッチング)作品であり、これを「焼いた」あとの作品である『焼かれるべき絵:焼いたもの』と対になっている。

 藤江民【Tami FUJIE 1986 WORK】と同様、富山県立近代美術館事件(天皇コラージュ事件)に対する抗議として生まれた。
 同事件は富山県立近代美術館で開催された「'86富山の美術」展に出展した大浦信行『遠近を抱えて』が、昭和天皇の写真も使用したコラージュ作品であったことから右翼団体が抗議し、これに応じて美術館が作品の売却・図録焼却という一方的な処分に及んだ事件である。
 当然ながら図録には『遠近を抱えて』つまり天皇の写真が含まれており、つまりは美術館は天皇の写真を焼いたことになる、天皇の写真をコラージュにしてはいけないのに、焼くのは良いのかという矛盾を突いた、抗議の意味で作られた作品である。
 嶋田は作品を作っただけでなく美術館に対し、本作を焼いた灰を同封して抗議の手紙を送った。

 あいちトリエンナーレ2019「表現の不自由展・その後」では両作品のほか、その灰と手紙、焼いていく途中経過の写真、美術館からの返信もあわせて掲示していた。

参考リンク・資料:
藤江 民さんから応援メッセージ「美術はナマモノだ」
「表現の不自由展」展示禁止一覧
嶋田美子さんから応援メッセージ「今回の検閲の核には女性蔑視」

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます