当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 2015年、サウジアラビアのムフティー*1であるサラ・ムハンマド・アル・ムナジド師が雪だるまの製作がハラーム(イスラム法に反する)であるという【ファトワー】を発出した。ムナジド師はかつて2008年に【ミッキーマウスは悪魔の手先】と主張するファトワーを出し、イスラム圏でも批判を受けた人物だが、懲りなかった。
 本件の雪だるま禁令では「たとえ楽しみや遊びの目的であっても、雪像を作るのは禁じられている。それが魂のない物、例えば木や船、果物や建物といった物なら、何でも好きなものを作って構わない、と神はお許しになっている。」と明記されている。

 このようなムナジド師の見解はイスラム法の解釈としても明らかに極端なものである。
 イスラム教では「偶像崇拝」として神や預言者のような宗教的崇拝対象の絵や像については禁じているが、決してあらゆる人間や動物までの絵画や彫像に適用されているわけではない。イスラム圏でも崇拝対象以外の絵画や人形はあるし、アニメーションも制作・放映されている。

(リザー・アッバースィー『宮廷の恋人たち』1630年)


(アラブ首長国連邦ドバイのCGテレビアニメ『フリージ』2005年〜)

 サウジアラビアではこのファトワーに反発し、積極的に雪だるまの画像をSNS上に投稿する動きが生じた。
 ただし極端な者はムナジド師に賛同し「(雪だるまは)異教徒の模倣であり、欲望とエロティシズムを掻き立てる」と投稿した者もいたという。


参考リンク・資料:
雪だるまは「反イスラム」/サウジの法学者が宗教見解
サウジの聖職者、「雪だるまづくりは反イスラム的」
マジですか。サウジの新しい宗教令、雪だるま作りを禁止

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます