当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 広報キャラクター及びそれを用いたポスターなどをバッシングする際、フェミニストが好んで用いる資料。2003年3月に内閣府から出されたもの。
(全編はこちら:『男女共同参画の視点からの公的広報の手引き

 特に第6ページの「表現上の留意点4 女性をむやみに“アイキャッチャー”にしていませんか?」がフェミニスト達によって愛用される。
単に目を引くためや親しみやすさを持たせるために、内容とは関係なく女性の姿や身体の一部をポスターなどで使う場合がありますが、それでは伝えるべき内容が十分に反映された表現とは言えません。安易に女性をアイキャッチャー(※)として起用せず、訴求内容と訴求対象に合った、より効果的な表現方法を工夫しましょう。
内容と無関係に、女性の水着姿や、身体の一部などを使うと、「性的側面を強調している」と受け取られるおそれがあります。しかも、本来の伝えたい内容が不明確な広報になっています。

 上記太字部分のように「女性をアイキャッチャーとして使うこと」が本手引きで戒められるのは、あくまで【内容と無関係】である場合のみである。
 当然のことながら当該女性像が内容と合致している場合には、本手引きによっても何ら批判される筋合いのものではない【宇崎ちゃん献血ポスター事件】のように、そのキャラクターや登場作品とのコラボレーション企画を告知したポスターの場合や、【君野イマ・君野ミライ】のようにキャラクターそのものがイメージキャラクターである場合がそうである。
 しかしフェミニスト達はこの点の指摘には耳を塞ぎながら、ひたすら「アイキャッチャーだ!」と貼り付けるのみで、「コラボレーションやイメージキャラクターのどこが無関係なのか?」という問いに答えることがない。

 なお、「表現の自由界隈」で著名なネット論客・青識亜論氏が本手引きについて内閣府に問い合わせを行っており、
『公的広報の手引き』は、より豊かな広報表現のための一つの提案として発行されたものに過ぎず、政府としての指針や規則を示すものではなくこれに反するから「差別表現」だと言えるものではない。また平成15年当時の考えであり、現在はホームページからも削除されているものである
 旨、回答を得ている。



参考リンク・資料:
男女共同参画の視点からの公的広報の手引
内閣府資料『男女共同参画の視点からの公的広報の手引』の死亡診断書 〜青識亜論氏による問合せの記録

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます