当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 フェミニストがよく使う、ポスターなどに使われている(主に女性の)図像などが気に入らないときに付ける言い掛かりのひとつ。類語に「物語に必要がない」。
 なお、本当に内容に無関係だったかどうかとは無関係に使用される。
 たとえば2019年10月の【宇崎ちゃん献血ポスター事件】においても「宇崎ちゃんは献血と関係がない!」とフェミニストは言い張った。
 これは、一部の地方公共団体などで「広報内容と無関係に女性をアイキャッチャーにしない」などのガイドラインがあることがあるためである。

 ちなみに右画像は【男女共同参画の視点からの公的広報の手引き】であるが、そもそも内閣府は「指針・規則として扱っているものではなく、これに反するから差別表現とは言えない。また発行当時(平成15年)の考え方であり、現在はHPから削除されている」ものをフェミニストが持ち出しているに過ぎないものである。
 なおフェミニストは、攻撃している当の団体や自治体にそのようなガイドラインがあるかないか、は一切考えずに他所のガイドラインを持ちこんでこれを主張するのが通例である。
 香川県民でも無い人に「ゲームを60分以上遊ぶな!香川では……」と難癖をつけているようなものである。

 実際には赤十字のポスターは漫画『宇崎ちゃんは遊びたい!』と献血事業とのコラボレーションキャンペーンを告知するものであるため、その主人公である宇崎ちゃんは関係がないどころではなかった。また、作者の丈(たけ)氏がキャンペーンに協力した理由は本人が述べており、「阪神淡路大震災の当時に救われた経験」から赤十字に協力したい気持ちがあったからだとツイッターで述べている。このような縁があってのことであった。
 
 同様の攻撃を受けた、アニメ『ラブライブ!サンシャイン』の主人公・高海千歌と静岡県沼津市の特産品「西浦みかん寿太郎」とのコラボレーションは、作品そのものがさらに関連性の濃いものであった。『ラブライブ!サンシャイン』は沼津市を舞台としており、なおかつ高海千歌は作中でもみかんが好物だと強調されている等の事情を踏まえて「西浦みかん大使」というイメージキャラクターに抜擢された。何重にも関係性があったのである。
 
 このようにフェミニストはそもそも内容など理解してからクレームをつけるわけではないため、この手の「なぜクレームをしたか」「何がいけないか」という本人達の発言は基本的に意味をなさない。

 ちなみに上記のような反論が来るとフェミニスト側は「宇崎ちゃんとコラボに関係があっても、宇崎ちゃんの巨乳や胸にぴっちりした服は献血と関係ない!」「千歌ちゃんとみかんに関係があっても、彼女の太腿やミニスカートはみかんと関係ない!」と主張することがある。
 しかしこの反論はまったく破綻している。
 なぜなら、仮に彼女らの体型が目立たないようにロングスカートや宇宙服を着せたとしても、その宇宙服やロングスカートもまた、みかんや献血とは何ら「無関係」からである。
 もしも、色気のない服装であれば無関係でもいい、と言うなら、最初から「関係」など真っ赤な嘘っぱちで、ただ単にイラストの性的魅力を敵視していただけに過ぎない事になってしまう。

 なお、フェミニズム活動家は自分たちの活動については、以下のような広報を製作している。
「ヒューマン(ならば女性に限らない)ライツ」も「特定秘密保護法案」も、これらただの女性の姿のアップとは関係のないものである。



用例:

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます