当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 フェミニストは常に、自分たちの攻撃対象を実際より限定的であるかのように見せかけようとして嘘を吐く。たとえばこのように。


 このような嘘を吐く理由は、
1.攻撃しやすくするため、攻撃対象に助けが差し伸べられないように孤立させたい。
2.エロや萌えに対する感情的な悪意を隠し、理性的な善意に基づいているかのように偽装したい。
 といったところであると考えられる。なお類語に【エロいことが問題なのではない】がある。

 しかしフェミニストという連中は常時キャラを作っていられるほど賢くはないため、これらの嘘もその場限りであり、少し時間が経てば別のところで簡単に馬脚を現すのである。

 例を挙げよう。
 『幸色のワンルーム』『ゆらぎ荘の幽奈さん』『「キズナアイ」のノーベル賞まるわかり授業』『宇崎ちゃん献血ポスター』などを攻撃してきた、フェミニスト弁護士の【太田啓子】jはこう発言している。

 
 また、同じくフェミニスト活動家の北原みのりは、そのものズバリ『萌えキャラは性差別!』という文章をAERAdot.に発表してしまっている。内容に至ってはこんな調子だ。
 萌えキャラに対し「気持ち悪い」という反応をする人は、中高年女性に多い。だからか、萌えキャラを批判すると「今の文化についていけてないだけ」と笑われてお終い。そしてそれはある意味正しいのだと思う。ある世代以上の女たちにとって、萌えキャラは馴染みがなく、ついていけないし、ついていきたくもない。それは、萌えキャラが表現しているものが何かが、分かるからだ。それは幼さとエロさ。自分の性的魅力に無自覚で、相手の性的欲望に寛容であること。そして表象されるのは常に「女子高生」といったモノ化された女の記号。
 性差別的文化を土台にしたサブカルとしての「萌えキャラ」が、今や、国がお墨付きを与えたクールジャパンだ。今回の環境省の萌えキャラの作者は女性なのだけど、決して不思議なことじゃない。こんなの性差別!と声をあげるほうが無粋にみえるくらいに、萌えキャラは立派な権力になったのだと思う。だけど、いい大人がサブカルをありがたがるのは、この社会が文化と正気を失っている証拠だ。(太字は筆者)

 萌えキャラは「性差別的文化を土台」にした「社会が文化と正気を失っている証拠」なのだそうである。これが実際のフェミニストの偽らざる本音なのだ。

 【岩渕潤子】もすごい。萌え絵は「奇形」の表現であり「萌え絵に本能的な嫌悪感があるのは。知的障害者の女性を思い起こすから」というのである。


 萌え絵は性差別とかの前に、知的障害者に本能的嫌悪感を抱くと明言する方がよっぽど差別的な気がするのだが。

一般のフェミニストアカウントもまた、萌え絵そのものをミソジニーや「女性のモノ化」と結びつける考えも多い。




 このように「萌え絵自体が悪いわけじゃない」「萌えそのものを敵視していない」とフェミニストが言っても、それはただの嘘なのである。

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます