当サイトは民主主義社会の根幹をなす最重要の「人権」であるところの表現の自由、およびその規制・弾圧・バッシングにまつわる用語集です。

 岡本光博氏の作品で、スーパーマーケットのシャッターのペイント画。
 交通標識の落石注意をパロディにした図柄で、在日米軍問題を風刺している。
 2017年に沖縄県うるま市の美術展「イチハナリ・アート・プロジェクト+3」に出展された作品のひとつで、同プロジェクトは1つの美術館内の展示会ではなく、市内島嶼部のさまざまな場所に点在するアートを見て回るという趣旨のもの。本作は地元「伊計島共同スーパー」のシャッターに描かれていた。

 しかし自治会から「人を呼びたいのに逆行してしまう」と反対意見が出た。自治会長(60歳男性)は「誰もが素晴らしいと感動する絵ではなく、政治的な主張をする作品」「基地問題には様々な意見がある。政治と切り離した作品がふさわしい。イベントは活性化を目指すもので、作家のためのものじゃない」と発言した。
 自治会の強い要望により、うるま市は展覧会開始前に独断でベニヤ板で作品を覆うという行動に出た。この対処について作者の岡本氏はおろか、プロジェクトのディレクターである秋友一司氏にも承諾はなかった。
 岡本氏は次のように主張している。
私は『沖縄から米軍基地をなくせ』といった政治的なアピールをしているわけではありません。米軍の兵器が上空を飛び回る島の現状をうつす鏡として、この作品を描いたのです。また地域への集客力ということでいえば、非公開でこれだけ反響を呼んだことでも分かるように、この作品が他に劣っているとは思えない。
おそらくですが、京都在住のよそ者である私が、島の問題を描いたことへの心情的な反発もあるのだと思います。しかし、『島のことは島で決める』として、沖縄以外の地域に住む人の声を排除するべきではないと思っています。

 本作はのちに、あいちトリエンナーレ2019内「表現の不自由展・その後」に出展された。


参考リンク・資料:
《落米のおそれあり》はなぜ封印されたのか? 作者・岡本光博が語るその舞台裏
「落米のおそれあり」は、なぜ封印されたのか? 作者の岡本光博さんは憤る「社会問題を切り取るのもアートだ」
封印されたアート『落米のおそれあり』が一時復活。作者の岡本光博さん「島に展示し続けたい」
「表現の不自由展」展示禁止一覧
岡本有佳・アライヒロユキ編『あいちトリエンナーレ「展示中止」事件: 表現の不自由と日本』岩波書店
米軍機墜落が題材のアート作品、覆いかけ非公開に 沖縄

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

管理人/副管理人のみ編集できます